かげねこTCG書庫

主に遊戯王とヴァンガードのカードゲームブログ。気まぐれ更新。

雑談・カード考察 の記事一覧

[遊戯王] リミットレギュレーションと今後の予定

2017.12.19 (Tue)
◇リミットレギュレーションについて
今更ながらリミットレギュレーションについて触れていくと……

まぁ、妥当なんじゃないかな……と

今後リンク召喚を推していくうえで間違いなく弊害になるであろうFWDが制限になったり、その前にグランソイルのエラッタとかもあったりでループとかも規制してるだろうし
あとフィールド魔法関連かつ展開する効果で先攻で蓋するタイプのデッキでも使われるエンシェントフェアリーが禁止になったり。

テラフォーミングが制限で盆回しが準制限ってところとか、トーチゴーレムがその前に再録されたせいなのか準制限止まりだったりとかよくわからないところもいくつかありますが、悪くない規制だったんじゃないかなーと。



とはいえこないだのリンクヴレインズパックでハリファイバーを初めとした展開パーツが出まくった関係で(一部規制されたとはいえ)なにかとなにかでどんなことでもできる(実用性があるかは別として)気がするしあまり関係ないんじゃないかなーとも思えたり。




◇ストラクチャーデッキ「パワーコード・リンク」
3箱購入済み。
まぁ、他でも言われていた通りデッキ3つ合わせたとしても使うことのできない盆回しとか、今更収録された汎用バニラリンクモンスターとかいろいろと思うことはありましたが
サイバースの息切れする問題とかサーチの問題とかが少しは解消されていたのでなんとか年内にデッキ作りたいなーとは思っています。記事書く余裕は……ないかも。
ファイアウォール・ドラゴンが規制されるのでせっかくだから「コード・トーカー」中心に組みたいなーとは思っています。

続きを読む »

[VG] 2月の新弾の話とか

2017.12.14 (Thu)
「The AWAKENING ZOO」の開封結果はこちら
たぶん開封結果記事は今後もあっちのブログでやるつもり。Twitterで十分だしね。


◆ブースター14弾「竜神烈伝」
先週の発表会で公開された情報ですね。
Gシリーズのアニメがクライマックスということで未発表だったユナイテッドサンクチュアリとダークゾーンのゼロスドラゴンに加えて、破壊の竜神 ギーゼの収録が決定。
ついに登場って言ってたけど、あの時点で発売していたゼロスドラゴンって3週間前に出たドラクマとメギドだけだったんだよなー

ギーゼの説明が不穏なこと書いてあったり、同時におそらくシークレットパック的なもので「ギーゼパック」というギーゼ+6種というパックがあることを考慮すると、ギーゼは各ゼロスドラゴンをなにかしらで使うってことですかね?
あとZRが出やすくなるとかいう噂もあった気がしますが、単純に3種類になってるからーってオチじゃないですかね(^_^;)


アニメに関して言えば、
ディフライドしたグレドーラみたいなキャラはなかなか今後も似たようなキャラは出せなさそう(というか普通の人間であの口調や振る舞いだとただ痛…(略))な気がするので駆け足でやるのはもったいないなーと思いましたね。
まぁ、たしかに各キャラの将来とかわりともう描ききっているといえばそうなんですけど、それでもまともに2話しか出番なかったのがなー。クランの強化的にも……


脱線したけど、その他に収録というかそもそも収録クランが
・ギアクロニクル
・シャドウパラディン
・ロイヤルパラディン
・ジェネシス
・ぬばたま
・ダークイレギュラーズ
・クレイエレメンタル

その中でもダクイレには使徒の一人であるガスティールが収録。
既存名称だと発表されているものだとアルトマイル・ミネルヴァ・シラヌイが強化が決定。

あとはあくまで予想だけどわりとアニメに最近登場しているアイチとかレンのカードとかあってもおかしくないだろうね。こないだ「オーバーロード」の強化があったわけだし。要するに「ブラスター」とか「Diablo」とか。
それ以外だと春にやや中途半端に強化されていた「アマルーダ」とか。

ギアクロはなにが入るんかね?「クロノジェット」の3種類目はあるとしても、切り札G4だとギアネクストが今年既に出てるわけだし。


まぁ、2月の新弾に関してはそんなところ?続報に期待ってやつ。

続きを読む »

[VG] 「The AWAKENING ZOO」収録のカードについて

2017.12.06 (Wed)
今週末発売ですしそろそろまとめようかと

◆ゼロスドラゴン

死苑のゼロスドラゴン ゾーア
やっとスキルが判明しましたね。
他のゼロスドラゴンと同様に登場時のCB2で1ドローし、手札から1枚選んでコール。
コールされたユニットは以下の2つのスキルを得る
・永:カード効果で選ばれず、常にパワーが99999になる
・自:相手のヴァンガードにダメージを与えた時に相手は敗北する

といった感じ。


単体でのパンプなら過去最高ですし、ヒット時効果も最上級。
とはいえ完ガはもちろん、99999なら今のヴァンガードだとギリギリ守れないこともないってのが調整としてはいいんじゃないかな?
選ばれない効果がフェアフィールドみたいに相手だけでなく自分もだから、スタンドトリガーはもちろん、グレネイのクレヨンタイガーなどでもスタンドさせることができないから一度止めたらいいわけだし
今のところズーのクランでG1以上のガード制限をリアガードの効果だけで付与できるものはないですし、自己スタンド効果持ちのもその場面で使えるものはいないみたいなので、出したら100%勝ちってことにもならないし。

もちろんGガーディアンでまともな数値出せないデッキはつらいですけどね(^_^;)




◆メガコロニー
○ダークフェイス

百害女王 ダークフェイス・グレドーラ
G3 メガコロニー - インセクト パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【ターン1回】:[【CB1】] このユニットが(V)に登場した時か、あなたのGユニットが【超越】した時、コストを払ってよい。払ったら、縦列を1つ選び、次のターン中、相手はその縦列の(R)にカードをコールできない。(スペリオルコールもできない)
【自】【(V)】【GB1】:[【SB1】] あなたのライドフェイズ開始時、コストを払ってよい。払ったら、相手は自分のダメージゾーンから表のカードを1枚選び、裏にし、あなたは【CC1】。


威圧怪王 ダークフェイス・アルキデス
G3 メガコロニー - インセクト パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】:[【CB1】,【SB1】] このユニットが(V)か(R)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、相手の縦列を1つ選び、その縦列の相手のリアガードすべてを【レスト】し、それらは次の相手のスタンドフェイズに【スタンド】できない。
【永】【(V)/(R)】【GB2】 暗躍(同じ縦列に相手の【スタンド】しているユニットが0枚なら有効):このユニットがヴァンガードにアタックしたバトル中、このユニットのパワー+10000し、相手はインターセプトできない。


毒鎌怪神 オーバーウェルム
G4 メガコロニー - インセクト パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】:[【CB1】,あなたのGゾーンから裏のカードを1枚選び、表にする] 相手の【レスト】しているリアガードと同じ枚数まで引き、相手の【レスト】しているリアガードが1枚以下なら、そのターン中、このユニットのクリティカル+/ドライブ+1。
【永】【(V)】【GB3】 暗躍:相手のダメージゾーンの裏のカード1枚につき、あなたのユニットすべてのパワー+2000。



旧ダークフェイスはギガパラライズ(スタンド封じ+デメリットスキル付与)とGB2の登場時にレストされるスキル(遊戯王でいうところの「つまづき」)で戦うデッキでしたが、今回のグレドーラは前回GRで収録されていたオブティランドスの簡易版のようなコール封じスキルとあたかも相手のCBを吸収するようなスキル、この2つを軸に戦う感じですね。

ギガパラライズの弱点としては上書きコールが弱点だったので今のヴァンガードだとどちらかというとグレドーラのそもそもコールさせないスキルの方が有効な気がします(一部それでも出せるとかVだけで完結しているデッキとかもありますが)
個人的には【グレドーラ】と【旧ダークフェイス】の2つに分けることだできると考えています。またどちらもサブVには今回収録のアルキデスがいいのではないかとも考えています。


全体的に火力が上がっている印象(昔、奇術軸のペイルムーンが出た時にも言ったような気もしますが)
リアガードで単騎21000になるやつとか、一度切りにはなりますが10000ブースターになれるものなど、これまで決定力不足だったのでその点を少し補えるかもしれません。

とはいえ他のズーのクランと比べると火力は控えめ……というかそこで勝ってしまうと妨害もできるわけだししょうがないわけで……



○マシニング

弾圧怪神 マシニング・デスポット
G4 メガコロニー - インセクト パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】:[【CB1】,あなたのGゾーンから裏のカードを1枚選び、表にする] あなたの「マシニング」を含むハーツカードがあるなら、あなたのユニットを、Gゾーンの表の「マシニング」を含むカードと同じ枚数選び、【スタンド】する。【スタンド】したユニット1枚につき、相手は自分の【レスト】しているユニットを2枚選び、それらは次の相手のスタンドフェイズに【スタンド】できない。


マシニング・ビートアトラス
G3 メガコロニー - インセクト パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】:[【CB1】] あなたの「マシニング」を元々含むGユニットが【超越】した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのソウルから「マシニング」を含むグレード1以上のカードを2枚まで選び、別々の(R)に【レスト】でコールする。
【自】【(V)】【GB2】:あなたのターンの終了時、あなたの、(R)と手札から「マシニング」を含むカードを合計2枚まで選び、ソウルに置く。1枚以上置いたら、1枚引き、2枚置いたら、【CC1】。



「マシニング」も大幅に強化!
新Gユニットだけでなく専用超越ボーナスまで収録。それ以外にも(使うかわからないですが)名称完ガとか、他にも究極超越から収録されている効果つき治トリガーも「マシニング」名称がついていたりでコスト回復とかも狙えるようになりました。
特にGユニットと超越ボーナスの能力のかみ合いが良く、さらにGユニットに関してはある意味抵抗持ちをメタるスキルを持っています。



○全般
やっとリアガードのアタックでも使えるシールド25000のGガーディアンが登場しました。もちろんタイミングによっては条件を満たせませんけど。


続きを読む »

[VG] ZOOパックのメガコロニーとトレード品など

2017.11.25 (Sat)
発売日まであまり日がないせいか高レアリティの情報公開が早い印象。

◆ダークフェイス・グレドーラ関連

百害女王 ダークフェイス・グレドーラ
G3 メガコロニー - インセクト パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【ターン1回】:[【CB1】] このユニットが(V)に登場した時か、あなたのGユニットが【超越】した時、コストを払ってよい。払ったら、縦列を1つ選び、次のターン中、相手はその縦列の(R)にカードをコールできない。(スペリオルコールもできない)
【自】【(V)】【GB1】:[【SB1】] あなたのライドフェイズ開始時、コストを払ってよい。払ったら、相手は自分のダメージゾーンから表のカードを1枚選び、裏にし、あなたは【CC1】。



以前も一度考察したグレドーラですが特徴としては
・ここ最近の流行りのライド時にも使える超越ボーナス効果持ちで相手の縦列1列をコール封じ
・GB解放後はSB1でCC1しつつ相手の使えるCBを減らすスキル

こんな感じで、前者について前回触れなかった点としては「ダークフェイス」サポートのバニッシュ・スタッグのギガパラライズの対象にしたカードがいる縦列を指定することで上書きコールによる回避を防ぐことも可能ですね。まぁ、それだけだとコストとかで退けることはできますけど。
ちなみに似たようなスキルのオブティランドスと違いこちらは"次のターン中"なのでGガーディアン等でのバトル中のコールはされてしまうという弱点はあります。とはいえあちらはCB2と手札コスト1枚のGユニットですし十分でしょう。

また後者に関しては相手のダメージを無理やり裏向きにできるのでそういう方向の妨害戦術もできるようになりました。実際新規にそれを活かせるカードもありますね。



というわけで順番に考察していくと……


毒鎌怪神 オーバーウェルム
G4 メガコロニー - インセクト パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】:[【CB1】,あなたのGゾーンから裏のカードを1枚選び、表にする] 相手の【レスト】しているリアガードと同じ枚数まで引き、相手の【レスト】しているリアガードが1枚以下なら、そのターン中、このユニットのクリティカル+/ドライブ+1。
【永】【(V)】【GB3】 暗躍:相手のダメージゾーンの裏のカード1枚につき、あなたのユニットすべてのパワー+2000。



まずは今回のGR。CB1・任意のGゾーンのカードを表にして相手のレストしているリアガード分ドローし、1枚以下だった場合はクリティカルとドライブが上がるスキル。
これ初回超越から使えてGB2満たせるんですね。しかもクリティカルやドライブも上がる可能性がありますし。
メガコロ側としても困るのはリアガードが2枚の時でしょうか?ドロー枚数が1番少なく、なおかつ追加スキルが発動しませんし。
今後メガコロニー相手にするときはリアガードを2枚で調整する必要があるかもしれないですね。

またGB3で暗躍で相手のダメージの裏の数だけ全体強化も可能。

後半のスキルはグレドーラと相性がいいものの、前半のスキルはグレドーラのスキルでコールを封じてしまうのでやや相性が悪いかもしれません。



威圧怪王 ダークフェイス・アルキデス
G3 メガコロニー - インセクト パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】:[【CB1】,【SB1】] このユニットが(V)か(R)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、相手の縦列を1つ選び、その縦列の相手のリアガードすべてを【レスト】し、それらは次の相手のスタンドフェイズに【スタンド】できない。
【永】【(V)/(R)】【GB2】 暗躍(同じ縦列に相手の【スタンド】しているユニットが0枚なら有効):このユニットがヴァンガードにアタックしたバトル中、このユニットのパワー+10000し、相手はインターセプトできない。



ディフライドしているやつ。超越ボーナスこそないものの登場時に縦列をパラライズ。
グレドーラがパラライズスキルを持たないですし、なおかつこのカード自体がメガコロでは珍しく火力が出るのでサブとして採用できそうですね。「ダークフェイス」のG3が重要になるカードもありますし。
旧ダークフェイスとの相性はそれなりにといった印象。



光角怪人 デンジャラスホーン
G2 メガコロニー - インセクト パワー10000 / シールド5000 / ☆1
【自】:あなたのユニットが(V)か(R)に登場した時、あなたの手札から1枚選び、公開してよい。公開されたカードか、あなたのヴァンガードが「ダークフェイス」を含むカードでないなら、そのターン中、このユニットのパワー-5000。
【永】【(R)】:あなたの「ダークフェイス」を含むグレード4のヴァンガードがいて、相手の【スタンド】しているリアガードが1枚以下なら、このユニットのパワー+6000。



究極超越から一部の名称で出ている登場時にデメリットスキルを持つパワー10000のG2。
こちらはG4「ダークフェイス」がいるときに相手のスタンドしているリアガードが1枚以下なら単騎16000になるスキル。上昇値は固定とはいえ確実に要求値は上がる分はあるので十分なのはもちろん、バニラ同様乗れれば序盤のダメージを抑えられる可能性も高い。
グレドーラはもちろん、これに関しては旧ダークフェイスの方が相性がいい可能性も。



黒槍怪人 ボルグワスプ
G2 メガコロニー - インセクト パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【GB1】 暗躍(同じ縦列に相手の【スタンド】しているリアガードが0枚なら有効):このユニットが(R)に登場した時、そのターン中、このユニットのパワー+2000し、さらに、相手のダメージゾーンの裏のカードが2枚以上なら、相手のユニットすべてを【レスト】し、このユニットのパワー+5000。



GB1の登場時スキルですが暗躍で確定でパワー11000、さらに相手のダメージゾーンの裏のカード2枚以上パワー16000まで上がりついでに相手のユニット全てをレスト。抵抗でパラライズできないカードとかもレストして各種暗躍スキルの条件を満たせます。


とはいえパワー自体は他のクランほどは出ないのでその辺りはやはりズーのゼロスドラゴンですかね?ゾーアかー



◆マシニング
アニメでいくつかトリガーが出ること自体は判明していますがそちらはまだスキルが判明していないのでとりあえず判明した分だけ。


弾圧怪神 マシニング・デスポット
G4 メガコロニー - インセクト パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】:[【CB1】,あなたのGゾーンから裏のカードを1枚選び、表にする] あなたの「マシニング」を含むハーツカードがあるなら、あなたのユニットを、Gゾーンの表の「マシニング」を含むカードと同じ枚数選び、【スタンド】する。【スタンド】したユニット1枚につき、相手は自分の【レスト】しているユニットを2枚選び、それらは次の相手のスタンドフェイズに【スタンド】できない。



デストロイヤーと違って序盤や盤面次第ではピンポイントでVを狙うことは難しいですが、自身のリアガードをスタンドさせつつその倍の数だけ相手が選んでレストしているユニットをパラライズ。
除去対策の抵抗持ちが仇になるパターンですね。
またGゾーンの任意のカードを表にできるのもいいですね。

相性のいいG3としては既存だとライド時にソウルからレストで「マシニング」をスペリオルコールできるG3、特にノーコストのマシニング・スターグビートルでしょうか。



マシニング・ビートアトラス
G3 メガコロニー - インセクト パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】:[【CB1】] あなたの「マシニング」を元々含むGユニットが【超越】した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのソウルから「マシニング」を含むグレード1以上のカードを2枚まで選び、別々の(R)に【レスト】でコールする。
【自】【(V)】【GB2】:あなたのターンの終了時、あなたの、(R)と手札から「マシニング」を含むカードを合計2枚まで選び、ソウルに置く。1枚以上置いたら、1枚引き、2枚置いたら、【CC1】。



同時に専用超越ボーナスも収録。
超越時にCB1でG1以上限定ですがソウルから「マシニング」を2枚までレストコール。
さらにGB2でRと手札からソウルへ「マシニング」を2枚まで入れることができ、1枚で1ドロー、2枚ならCC1するスキルを持つ。

単純に超越する度にレストしているユニットを用意できるのでデスポットでスタンドさせるユニットを用意できますし、GB2スキルが解放されれば返しのターン再度スキルを発動しやすくなりますし、単純に除去もされづらくなりますね。登場時スキルの再使用も当然狙えます。
続きを読む »

[VG] 「究極超越」開封結果!

2017.11.21 (Tue)
発売してから数日経つし、さっさとまとめちゃいましょう。


GR
・覇天皇竜 ドラゴニック・オーバーロード “The Purge”

RRR
・愛黒熾天使 ガウリール・エデン
・暁天剣聖 グルグウィント・ヘリオス
・蒼波帥竜 フラッドハザード・ドラゴン

RR
・根治の守護天使 ラビエル
・閃牙の解放者 ガルモール・エクセル
・ドラゴンダンサー ターラ
・忍妖 タマユキ
・巨星 ライジング・グレイトスター



今更ですがこちらにも画像載せて置きます。

よくよく考えるとレアリティのバランス悪いパックですね。アクフォ大幅強化でRR枠がほとんどないクランやスパイクに関してはRRRもないとか。それでいてGRにもアクフォありますし。
そもそもRRの治トリガー7種に関してはFCで問題ないと思うのですが……

ちなみにパック自体はいつもよりも売れているそうですね。ゼロスドラゴン狙うならカートン買い・大量買いが必要ですし、影猫Sは組んでいないですがかげろうとアクフォは人気クランですし需要はその辺りを狙っているなら複数買いで問題ないって感じですかね。
続きを読む »

[VG] 発売直前!究極超越で気になったものいくつか

2017.11.14 (Tue)
公式ではないのかもしれないけどRRの残りの枠に効果つき治トリガーだったりが判明したようで、今週末発売ですしそろそろまとめてみますかね。

◆究極超越とゼロスドラゴン
まぁ、まずはなにはともあれこれですね。今回から登場する新システムで通常の超越と違いVと同名のカードをコストにし、決めきれないとGゾーンが除外されてしまうというデメリットがある諸刃の剣。


獄炎のゼロスドラゴン ドラクマ
Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ドラゴンエンパイア - ゼロスドラゴン パワー25000+ / シールドなし / ☆1
【究極超越】(あなたの表のGゾーン3枚以上で解放!Gゾーンに戻る際、Gゾーンを除外!) - ストライドステップ - [あなたのヴァンガードと同名のカードを手札から1枚選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】:[【CB2】] このユニットが(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、相手のユニットすべてを退却させ、表でバインドし、相手は自分の手札から3枚選び、2枚を捨て、1枚を(V)に【スタンド】でライドする。(ヴァンガードも退却し、手札がないならソウルからライドする。どれもできないなら敗北)


絶海のゼロスドラゴン メギド
Gユニット 〈4〉 メガラニカ - ゼロスドラゴン パワー25000+ / シールドなし / ☆1
【究極超越】(あなたの表のGゾーン3枚以上で解放!Gゾーンに戻る際、Gゾーンを除外!) - ストライドステップ - [あなたのヴァンガードと同名のカードを手札から1枚選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】:[【CB2】] このユニットが(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの、手札とドロップゾーンから合計5枚まで選び、別々の(R)にコールし、そのターン中、パワー+5000し、『【自】【(R)】:このユニットがアタックしたバトルの終了時、あなたの他のリアガードを1枚選び、このユニットと位置を交換してよい。』を与える。



ドラクマについては触れていませんでしたが、除去に関してはデッキ次第で、手札3枚削れるってのはなかなか厄介で、乗った札次第では最悪ドラクマで決めきれなかったとしても返しのターン凌いでそのまま勝ちに行ける可能性も。逆に相手が究極超越ってことも可能ですし。
相手としては赤のクランを相手にするなら常にこれを警戒するプレイングは必要ですね。見えていなくても圧力かけられるカードというか。
G3抱えられているとメギドと比べたら要求値は少ないはず。とはいえハンデスで強制再ライドでワンチャンそのままエクストラウィンの可能性も考えると良調整かと。

なんだかんだでどちらも登場時にCB2のスキルですからメイン中のコスト回復とかでは間に合いませんし(そのための新治トリガー……といっても多くて2回ですし)、スキル的にも即ゲームエンドかというとそうでもなく、凌がれた場合はGゾーン除外のデメリットもありますし。
なんというか見た目ほどテキトーに乗っても強いぶっ壊れカードってわけではないと。打つべきところで使ってこそのカードかと。



んで、問題なのは封入率。
噂では1カートン(20パック)に1枚ずつしか入っていないそうで……

既存ユーザーはともかく新規ユーザーはもう全く取り入れない方向なんですかね?
いや、たしかに新しくヴァンガード始めましたってのはあまり聞かないですが公式がそういう方向にするかどうかはまた別問題で、今いるユーザーがついて来れなくなったら終了ってことになるわけですが……
たしかに絶対に必要なカードではないのですが、選択肢としてはかなり強めで持っていたいカードで、アニメでも活躍させているカードなのでアニメ見て始める人にはハードル高すぎるというか……。
この封入率はどうあがいてもそういうふうになると思うのですが。

今後救済処置とかあるんですかね?早めの再録とか、キャンペーンとか。 


ちなみに影猫Sは今回は1箱しか買わない予定ないので1/20でドラクマを当てれれば使います。そうでない場合はとりあえず様子見で。さすがに10000円越えしそうですし。




◆ゴールドパラディン
「解放者」に良さげなサポートがいくつか。


解放者 インプルーブ・ファルコン
G1 ゴールドパラディン - ハイビースト パワー6000 / シールド0 / ☆1
【永】:守護者
【自】:[あなたの手札から1枚選び、捨てる] このユニットが手札から(G)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのユニットを1枚選び、そのバトル中、ヒットされない。
【起】【ドロップゾーン】:[あなたのドロップゾーンからこのカードと同名の他のカードを1枚選び、表でバインドする] (V)以外のあなたのサークルのカードを2枚まで選び、山札の下に好きな順番で置き、1枚以上置いたら、山札の上から3枚見て、1枚を(R)にコールし、2枚を山札の下に好きな順番で置く。



まずは今日のカードでも紹介されていた新守護者。
昨月の強化で流行りのリンクジョーカーメタのカードでもあって、ドロップゾーンにあるときに他の同名カードをドロップゾーンからバインドし、サークルのカード2枚までを戻すことで、1枚でも戻したらデッキトップ3枚から1枚をスペリオルコール。
サークル指定の入れ替えスキルなので一応呪縛されたカードも戻せますね。
単純にCB・SBなどがかからない入れ替えスキルもちを守護者を普通に使っていれば満たせるのが強いかと。要するに「青き炎」ですね。
複数枚欲しいですね。



また他にも解呪スキルと超越コスト軽減(というか変更?)のスキルを持つカードだったり、RRにはコスト回復の治が解放者名称持っていたりと既存の「青き炎」などにも入れることができるカードがいくつかありますね。


ちなみに「ガルモール」に関しては新G3が超越ボーナスで出たんですが、それを活かせるGユニットがいない印象。新ガルモール自体が展開スキルで、ホーリーフレイムも煌牙ガルモールはどちらも展開系ですし。加えて「解放者」指定がさらに厳しくなっているけどそこまで強いのがいないわけで。ハイビーストかつ「解放者」って縛りすぎなんだよなー
どちらかというと今まで作っていた型なら非「解放者」で組んだ方がって感じだったので今回の強化でまたわからなくなりました(^_^;)


《追記》
Rに解放者Gユニット出ました。ホーリーフレイムとは相互互換といったところ。
あいかわらず「ガルモール」はどう戦えばいいのかわからん……



◆名称サポート

グロウヒーター・ドラゴン
G2 かげろう - フレイムドラゴン パワー10000 / シールド5000 / ☆1
【自】:このユニットが(V)か(R)に登場した時、あなたの手札から1枚まで選び、公開し、そのカードか、あなたのヴァンガードが「オーバーロード」を含むカードでないなら、そのターン中、このユニットのパワー-5000。
【永】【(R)】:あなたの「オーバーロード」を元々含むグレード4のヴァンガードがいるなら、相手のダメージゾーン1枚につき、このユニットのパワー+2000。


蒼嵐兵 エルダモス
G2 アクアフォース - アクアロイド パワー10000 / シールド5000 / ☆1
【自】:このユニットが(V)か(R)に登場した時、あなたの手札から1枚まで選び、公開し、そのカードか、あなたのヴァンガードが「メイルストローム」を含むカードでないなら、そのターン中、このユニットのパワー-5000。
【起】【(R)】【ターン1回】:[【CB1】,あなたのドロップゾーンから「メイルストローム」を含むカードを1枚選び、ソウルに置く] そのターン中、このユニットは後列からアタックでき、パワー+4000。


光波竜 カスモルクス
G2 たちかぜ - ディノドラゴン パワー10000 / シールド5000 / ☆1
【自】:このユニットが(V)か(R)に登場した時、あなたの手札から1枚まで選び、公開し、そのカードか、あなたのヴァンガードが「ガイア」を含むカードでないなら、そのターン中、このユニットのパワー-5000。
【永】【(R)】:あなたの「ガイア」を含むグレード4のヴァンガードがいるなら、あなたのGゾーンの表の暴喰能力を持つカード1枚につき、このユニットのパワー+3000。



全部ではないのかもしれませんがいくつかの名称に出ている効果つきG2パワー10000のカード。
共通している点はV・Rどちらでも登場時にヴァンガードかあるいは手札に指定の名称のカードがないとパワーダウンすること。
とはいえ既存のデメリットスキルもちのG2と比べると永続能力ではなく登場時のスキルなのでライドした場合でも相手ターンにはパワーが戻るのはいいですね。
加えてもう1つのスキルで超越後はさらに火力が上がり、元々のパワーが10000なので殴り返しに強い火力持ちにもなるのはわりと強いかと。
序盤から終盤まで仕事のある札って印象。

アニメ見た感じそれっぽいのが「ダークフェイス」にも入ってそうなんですよね~(さすがにパワー10000のサブのG3ってことはないだろうし)
続きを読む »

[VG] 3種目のG4グルグウィントとガルモール (究極超越)

2017.11.03 (Fri)
ゴルパラが公開され始めたので考察。

◆グルグウィント - 結束(ユナイト) -

暁天剣聖 グルグウィント・ヘリオス
Gユニット 〈4〉 ゴールドパラディン - ヒューマン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】結束(このターンにあなたがユニットを2枚以上コールしていれば有効):[あなたのGゾーンからこのユニットと同名の裏のカードを1枚選び、表にする] このユニットのドライブ+1。
【永】【(V)】【GB3】:あなたのリアガード1枚につき、このユニットのパワー+5000し、このユニットがアタックしたバトルでは、相手は自分の手札からグレード1以上のカードを(G)にコールできない。



3種目のG4グルグウィント!
結束・Gペルソナでドライブ+1。加えてGB3でG1以上のガード制限と旭光剣爛に似た大幅パンプスキルもあります。

コストさえあれば何度も使える自身と全体の強化の"旭光剣爛"
Gゾーンの「グルグウィント」の数だけ全体強化しつつアタック時に追加コールスキルを持つ"天道聖剣"、
今回の"暁天剣聖"は一点突破ってわけですね。

このカード自体は特にコストがかからないのでやや重めな黄金の聖剣の超越ボーナスで結束を満たし、他のカードでさらに展開とかは可能ですね。
また天道聖剣と同じで初回からGゾーンの「グルグウィント」を増やせるので、次のターンの天道聖剣の火力を上げることもできます。

単純に初回超越からクアドラプルドライブ!!!!はもちろんのこと、下のスキルに関してはGB3達成していれば有効なのでリンクジョーカーの呪縛とかメガコロニーのコール封じだとかで結束を満たせないときでも使えるのが重要。今までゴルパラのGユニットってその辺りがかなりきつかったですし(^_^;)



陽日の騎士 サロニウス
G2 ゴールドパラディン - ヒューマン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【永】【(R)】結束(このターンにあなたがユニットを2枚以上コールしていれば有効):あなたの「グルグウィント」を含むグレード4のヴァンガードがいるなら、あなたのユニットすべてのパワー+2000。
【自】【(R)】:あなたの「グルグウィント」を含むヴァンガードがアタックされたバトルのガードステップ開始時、このユニットをソウルに置いてよい。置いたら、あなたの山札の上から2枚を(G)にコールする。


日射の騎士 カリヌス
G1 ゴールドパラディン - ヒューマン パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【永】【(R)】:あなたの結束能力を持つヴァンガードがいるなら、このユニットは『【永】【(R)】:抵抗』を得る。
【起】【(R)】【GB1】 結束(このターンにあなたがユニットを2枚以上コールしていれば有効):[このユニットを【レスト】する] あなたのユニットを1枚選び、そのターン中、パワー+4000。あなたの「グルグウィント」を含むヴァンガードがいるなら、このユニットと別名のあなたのリアガードを1枚選び、山札の下に置いてよい。置いたら、1枚引き、【CC1】。



またその他にも結束関連のカードが追加。
サロニウスはG4の「グルグウィント」がVの時に結束で全体強化。もう1つは「グルグウィント」がアタックされたときにソウルに入ることでデッキトップ2枚をガーディアンとしてコール。
前半のスキルはG4のグルグウィントを指定しているので実質GBつきみたいなもの。また後半のスキルでこのカードだけで結束の条件を満たせます。
難点はパンプスキルが永続スキルなのでプイスで上書きコールするとなくなってしまうこと。あえて後列に出すのもありかもね。

もう1枚はカリヌス。Vが結束持ちなら抵抗を得られる。もう1つのスキルはGB1・結束かつ自身をレストすることでユニット1体をパワー+4000し、Vが「グルグウィント」なら同名カード以外のリアガードをデッキボトムに送ることで1ドローとCC1。
後半のスキルは黄金の聖剣でレスト状態で出たものを戻すのが無難?

また両者のスキルを全て使おうと思うと、条件を満たせるのは黄金の聖剣グルグウィントだけなんですね。
旭光の騎士だと相手ターンに結束がないからカリヌスの抵抗が消えますし、それ以外の結束もちG3だとサロニウスのガード時のスキルが使えない。


アニメ見た感じFVとか守護者とかそのままで他に新規はなかった気がするし、今回は追加カード少なめ?




◆ガルモール

閃牙の解放者 ガルモール・エクセル
G3 ゴールドパラディン - ヒューマン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】:[【CB1】] あなたの、「解放者」か「ガルモール」元々含むGユニットが【超越】した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札の上から3枚見て、「解放者」を含むカードを2枚まで別々の(R)にコールし、残りのカードを山札の下に好きな順番で置く。
【自】【(V)】【GB1】:[あなたの「解放者」を含むリアガードを2枚選び、山札の下に好きな順番で置く] あなたのターンの終了時、コストを払ってよい。払ったら、1枚引く。



名称指定の超越ボーナス持ちの新しい「ガルモール」。
「解放者」か「ガルモール」のGユニットに超越することでスキルが使えて、CB1でデッキトップ3枚から「解放者」2枚をコール。
またGB1で自分のターン終了時に「解放者」のリアガードを2枚をデッキボトムに戻すことで1ドロー。

今のところ対応するGユニットは煌牙の黄金騎士ガルモールと青き炎の真・解放者ホーリーフレイムの2枚。
ただどちらも展開系のGユニットなので正直あまり相性がいいわけじゃない。

加えて今回出ているサポートカードは「解放者」かつハイビーストだけど、煌牙の黄金騎士ガルモールが「解放者」じゃない関係で一部対応していないのが残念だったり。
新規でGユニットが出ないとまた中途半端なデッキになりそう。

続きを読む »

[VG] ゼロスドラゴンと究極超越とか

2017.10.23 (Mon)
というわけで究極超越の情報が出たので触れていきます。

◆究極超越について
・Gゾーン表のカードが3枚以上で解放(実質GB4)
・Vと同名カードで行う
・Gゾーンに戻るときにGゾーンのカードを(表裏問わず)全てを除外(除外されたカードは公開領域)


基本的にはこのような感じで。細かなことに触れていくと……


・ルアードなどの超越コストを変更するカードで究極超越することはできない
・超越と究極超越は別の行動ではあるけど、最終的には超越するので超越ボーナス(ストライダー)能力は発動できる
・バインドゾーンと除外は別物
・Vが双闘しているならレギオンメイトをコストにすることも可能


などなど、あとは国家とかクランとかの兼ね合いとかもあったけどこんな感じで。

とりあえず言えるのは表裏問わずGゾーンが除外されるってことはたぶんGBも満たせなくなるんだろうね。もちろんこれで決めきればいいんだけど、6点治とかもあるのがヴァンガードですし。諸刃の剣ってことですね。
その分GB8並に強力なスキルを持っているとは思いますが。

超越コスト肩代わりのスキルこそ使えませんが、逆に言えばそれらのユニットは自身と同名カードを温存しやすいともいえるので相性はそこまで悪くないでしょうね。

またレギオンメイトがコストにできるのはわりと面白そう。個人的にいいなって思ってるのが「鋼闘機」。超鋼闘機 ギルトディガーがGゾーン表にしつつ双闘できるGユニットなのでわりとアリなんじゃないかなと思ったり。
「鋼闘機」作ろうかなー




んで、アニメにも出ていたメガラニカのゼロスドラゴンのメギドが公開されましたね。


絶海のゼロスドラゴン メギド
Gユニット 〈4〉 メガラニカ - ゼロスドラゴン パワー25000+ / シールドなし / ☆1
【究極超越】(あなたの表のGゾーン3枚以上で解放!Gゾーンに戻る際、Gゾーンを除外!) - ストライドステップ - [あなたのヴァンガードと同名のカードを手札から1枚選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】:[【CB2】] このユニットが(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの、手札とドロップゾーンから合計5枚まで選び、別々の(R)にコールし、そのターン中、パワー+5000し、
『【自】【(R)】:このユニットがアタックしたバトルの終了時、あなたの他のリアガードを1枚選び、このユニットと位置を交換してよい。』を与える。



登場時CB2で手札とドロップゾーンから5枚までコールしてそれぞれパワー+5000、加えてそれらのユニットにはバトル終了時に位置交換のスキルも付与。
ほぼ間違いなく6回のアタック回数が確保されて、V自体も通常のGユニットと違ってパワー36000と要求値高め。

特にアクアフォース辺りだと終盤追い詰められてアタッカーが確保できない場合でも究極超越さえできれば(あとCB2あれば)アタッカーを確保できるので最後の切り札としてはいいと思います。クランの特性上わりとリアガード単騎でも戦えるものが多いですし。
グランブルーとかバミューダ△とかは……どうなんでしょうね?


バミューダ△でもあるので使えるんですが、人魚からこれに超越か……
とりあえず後回しにしようかなと思ってるんですけどね。同時に出るドラクマの方が該当するデッキが多いですし、いくつかは必要なデッキがありそうですし。



所持デッキが全国家対応しているのがなー、つらい(^_^;)

続きを読む »

[VG] 既に情報が出ていたカードたち

2017.10.21 (Sat)
ぶっちゃけるとほとんどグレドーラしか書いていなかったり(^_^;)

◆「再誕の救世竜」と「混沌と救世の輪舞曲」
「メサイア」と「カオス」、加えて「根絶者」や「グレンディオス」などが大幅強化!

一応各テーマで気になったものを挙げておくと

メサイア
・創世竜 ハーモニクス・ネオ・メサイア
・オルターエゴ・ネオ・メサイア
・定常宇宙の祈り子

カオス
・滅星輝兵 カオスブレイカー・デリュージ
・星輝兵 ストレンジ・ドラゴン
・星輝兵 ペンローズゲート


この辺りかな。
まず「メサイア」だけど、新しい切り札のハーモニクス・ネオ・メサイア。今回はガード制限でしたね。
発動すると全ユニットを解呪してしまうのがある意味でメリットですが、似たようなカードのエクセリクスと比べて自己強化の数値も自身のユニットのパンプ値も上。

その他にも初回超越に使えるGユニットが他にも追加されたり、あとメインVも2種目のオルターエゴ・ネオ・メサイアが追加されましたね。
以前と違ってメサイアのGユニットが超越したとき限定ですが、手札から1枚まで出せたうえでお互いのリアガードを呪縛。コストがかからなくなったうえに自分側は何もない状態からでも使えるようになりました。
またGB2のスキルは以前は解呪されるたびにSB1で1ドローだったのが、自分のターン終了時限定でターン中に解呪していたらSB1で1ドローになりました。発動タイミングが限定されて複数回使用することができなくなりましたが、その分1度の発動でドローできる枚数が多くなり、また前述のハーモニクス・ネオ・メサイアなどのターン中にすべて解呪してしまうようなユニットとも相性が良くなっています。
メサイア縛りがどの程度影響するかが気になるところ。

最後に定常宇宙の祈り子。ドロップゾーンからバインドし、自身のリアガード2枚を呪縛することで1ドロー。
攻撃回数が減ってしまいますが、最近はバトル中の除去もあるからそういう意味では確実に呪縛カードの枚数を確保できるとも考えられるし、解呪できることも考えるとコストとは?って思いましたね(笑)



次にカオス。
まず切り札のデリュージ。GB3と発動が遅いうえにSB1などのコストもかかりますが、相手の手札2枚を呪縛カードとして出させたうえで相手のダメージが4以下なら呪縛カードのうち1枚をダメージに裏のまま置かせることが可能。
手札2枚減らしたうえでダメージ1ってのは終盤かなりきついでしょうね。加えてダメージに置かせるカードはこちらが選ぶので前列を呪縛状態のままにもできるだろうから仮に倒せなかったとしても相手としてはきついだろうね。

カオスブレイカーの2種目も出ていたし、当然のように「カオス」のサポートカードも収録。
特にストレンジ・ドラゴンは登場時したターン限定とはいえノーコストで呪縛スキルが使えて、そうでなくも自己強化で要求値が取れる。加えて条件を満たせばブースト要員にもなるとか。

もう1つはペンローズゲート。「星輝兵」専用シシルス。
あと超越コストで切られたらSB1でデッキトップ7枚から「カオス」をサーチ。普通に「星輝兵」縛りで良かった気もするけどなー



まぁ、この辺りにしておこうか。既に発売してるし、他の専門の人たちが考察してるだろうし。

そういえばSGR今回で最後なんですよねー。わりとSGRは当てていただけにちょっと残念。
逆に考えると今度のZRを引ける可能性……




◆「The AWAKENING ZOO」
タイトル通りというか収録カードで分かってたけどズーのクランのみを集めたパック。
当然ズーのゼロスドラゴンも入るとかで、ヴァンガード史上最高パワーだとか。
まぁ、そもそもまだ究極超越がどういうものかわかってないんですけどね(^_^;)



それで3種目のアーシャ(ラナンキュラス)が収録されることが決まったわけですが、同時に敵側のグレドーラのテキストが公開されました。


百害女王 ダークフェイス・グレドーラ
G3 メガコロニー - インセクト パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【ターン1回】:[【CB1】] このユニットが(V)に登場した時か、あなたのGユニットが【超越】した時、コストを払ってよい。払ったら、縦列を1つ選び、次のターン中、相手はその縦列の(R)にカードをコールできない。(スペリオルコールもできない)
【自】【(V)】【GB1】:[【SB1】] あなたのライドフェイズ開始時、コストを払ってよい。払ったら、相手は自分のダメージゾーンから表のカードを1枚選び、裏にし、あなたは【CC1】。



まさか「ダークフェイス」名称だったとは……
オプティランドスから追加されたいた新しいクラン特性のコール(スペリオルコール)させない超越ボーナスおよび登場時スキルを持つ。
またGB1スキルでライドフェイズ開始時にSB1でCC1しつつ相手のCBを1つ減らすスキルを持つ。

以前のダークフェイスと比べると既に出ているリアガードには干渉できないですが、その分呪縛並に盤面を使いづらくするコール封じを持ち、加えて不足しがちなCBもSB1で調達しつつしかも相手のCB使用を妨害できるスキルを持っています。
これまでは上書きで逃げることができたので今のヴァンガードだと上書きして連パンとかまであったので正直止まらなかったわけで。ダークフェイスのGB2のコール時のレストスキルもSB2と重めでそこまで連発できるものでもなかったですし。

んでコール封じなら上書きの連パンとかは封じることができますね。片側を封じることができるのでパンチ数はそれなりに抑えることができそう。


それで問題は何のGユニットと合わせるのかってところですけど、その辺りは新規に期待ですかね?


あと気になるのはアニメのOPでダークフェイスも出ているんですが色とか違うからもう1枚別で出てもおかしくないですね。
出てもジェネシスやスパイクみたいに超越ボーナス意外とかかもしれませんけどね。とはいえグレドーラと既存のダークフェイスがかなり別の効果なので別デッキにするのもありかもしれないですね。


続きを読む »

[遊戯王] 新「水晶機巧」と新「コード・トーカー」カード

2017.10.17 (Tue)
「LINK VRAINS PACK」と「STRUCTURE DECK -パワーコード・リンク-」のカード考察 part……
みたいなタイトルにするとpart2もやらないととか思えてしまうからもっと直球な感じで(笑)


◇LINK VRAINS PACK
いくつか収録されるテーマは判明していたわけだけど、実際にカードが公開されて確定したのが
・剣闘獣
・ライトロード
・聖刻 New
・クリフォート
・彼岸
・水晶機巧(クリストロン) New


んで影猫Sがこの中で使っているのは「水晶機巧(クリストロン)」ですね。公開されたカードというのが……


水晶機巧-ハリファイバー
リンク・効果モンスター
リンク2/水属性/機械族/攻1500
【リンクマーカー:左下/右下】
チューナー1体以上を含むモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。
(2):相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィ―ルドのこのカードを除外して発動できる。
EXデッキからSモンスターのチューナー1体をS召喚扱いで特殊召喚する。



「水晶機巧」縛りかと思いきやチューナー1体以上を含むモンスターということで召喚する方法としてはS召喚と同じ条件あるいはチューナー同士でってことになりますね。それどころかレベルを持たないモンスターも使えますね。

1の効果で手札・デッキから☆3以下のチューナーを特殊召喚できるので、非チューナーさえ用意できればこのカードのリンク先にシンクロモンスターを展開することができますね。

また2の効果は相手ターンのメインフェイズかバトルフェイズに自身を除外することでシンクロ・チューナーをS召喚扱いで特殊召喚。いくつかのシンクロ・チューナーは相手ターンでもシンクロできるものがあるのでそこからさらにS召喚することも可能ですね。
S召喚扱いなので蘇生制限も問題ないですし、S召喚時の効果(フォーミュラ・シンクロンとか)も使えますね(使うタイミングを間違えなければ)。
あと、気を付けないといけないのは「水晶機巧」以外のシンクロ・チューナーはだいたいがメインフェイズにしかシンクロ召喚できる効果が対応していないことでしょうか?

他にも遊戯王Wikiに既に書かれていますが新しいシンクロ召喚のルートも既に見つかっているようで、これはS召喚主軸のデッキには絶対に入れたいカードになりそうですね。



ちなみに「水晶機巧」デッキではどうかというと、2の効果で自身が除外されるのでクリストロン・インパクトで再利用可能ですね。リンクマーカーの向き的に再度出したとしてもリンクモンスターとしての役割は果たせないですが、自身の効果を各「水晶機巧」チューナーにチェーンして発動することで新ルールならではの動きができると思うのでこれはいろいろ研究してみたいところ。(詳しくはWikiのエクストラモンスターゾーンのルールを参照)

あと単純にハリファイバーの効果でチューナーを出せるので、そちらの効果でアメトリクスとかの☆5のSモンスター出して、ハリファイバーの効果でクオンダムを出し、その効果で新ルールでやや出しづらくなってしまったフェニキシオンを出せるってのはいいですね。




それにしてもリンク召喚の条件が普通にシンクロ召喚するときに近く、実質レベル指定なしでチューナー同士やレベルをもたないモンスターとかも使用できるシンクロモンスターみたいな感じですかね。
そのうえでアドが取れるってのがいいですね。実質シンクロ・チューナーですし。そのうえで左下・右下ですし。


シンクロ救済の良いカード……で終わろうと思っていたんですが

正直これボウテンコウ並にヤバい気がします(^_^;)

召喚条件的にレベル指定のないシンクロ召喚のようなもの、しかもチューナー同士やレベルをもたないエクシーズやリンクモンスターまでも使えて、
それでいて自身のリンク召喚時に(そのターン効果を使えないとはいえ)チューナーを特殊召喚できるのでさらにS召喚を狙え、自身のリンクマーカーも左下・右下と後続も出しやすく、
それに加えて自身は相手ターン限定とはいえシンクロ・チューナーと入れ替わることができる(しかもS召喚扱い)。

相手ターン経由するとはいえ簡単にコズミック・ブレイザーとかも出せるわけですし、当然既に元々できていたデッキはそれ以上のこともできるわけで……
S召喚扱いだからフォーミュラ・シンクロンとか武力の軍奏とかの効果も使えるんですよね(^_^;)


難点としては他にリンクモンスターを出していなければシンクロ・チューナーはエクストラモンスターゾーンに出ることになるので、たいていその後に出る高レベルシンクロモンスターもエクストラモンスターゾーンを埋めてしまうので返しのターンに後続を展開しにくいことでしょうか?
あくまで他にリンクモンスターを出していないうえに、コズミックブレイザーなどは自身の効果でそれも解決できますけどね。

あと壊獣には耐性ないですね。コズミックブレイザーでも防げませんし。

まとめると性能としては第2のボウテンコウといった感じ。下手するとそれ以上。
とにかく出すための条件が軽すぎて、よくよく考えるとそのままリンク3のモンスターを出すことも可能ですからね。
しかも今の遊戯王は手札誘発ガン積みしないといけない環境で、うららやうさぎとかチューナーでもありますからね。ほぼどんなデッキにでも入れられるカードってことになるのでは?

となるとまぁ言いたくないですが「ぶっ壊れ」ですね。発売前エラッタかからんかな……。
どんなデッキでも高レベルシンクロモンスターを難なく出せるってのはどうなんでしょう?
このまま出たとたら影猫Sはジャンドと水晶機巧辺りでしか使わないかもなー




だいぶハリファイバーだけでいろいろと書いてしまいましたが
それ以外のテーマのリンクモンスターもそのテーマでしか使えないものもあれば、種族縛りやレベルでの制限での左下・右下リンク2とか出ていて、地・水・炎属性以外が主軸のデッキや、あるいはそれらの属性リンクを活用しづらかったデッキでも新ルールに対応できるかもしれませんね。


そういえばこのパック、強化されるテーマが20種で、再録込みで合計100種類ということでリンクモンスター以外の新規はあるんですかね?
あるのであれば「水晶機巧」であればまだ出ていないプラシレータ(玄武)のSモンスターとか、サーチはできるのに1枚も出ていない「水晶機巧」魔法カードとかも出てほしいですね。「水晶機巧」に関しては再録しないといけないカードもほぼないと思いますし。


案外1箱買うのもありかもしれない……

続きを読む »
« Prev  | HOME |  Next »