かげねこTCG書庫

主に遊戯王とヴァンガードのカードゲームブログ。気まぐれ更新。

“青き炎”双闘解放者 vol.2.1

2014.10.08 (Wed)
imgVG_誓いの解放者アグロヴァル&青き炎の解放者パーシヴァル
なんだかんだで青き炎シリーズは最初のパーシヴァルが1番好き。
竜と人の双闘っても嫌いではないですが、やっぱパラディンだと人型の方がいいってのがあったり。あと竜は他クランにかなり出てますし


というわけで影猫Sが今現在使用してる青き炎(プロミネンスグレア)軸の解放者デッキのレシピ公開!

imgMBT1_定めの解放者アグロヴァルimgMBT1_青き炎の解放者プロミネンスグレア
◆デッキレシピ【vol.2.0】
FV
情火の解放者 グウィード
グレード3
4:青き炎の解放者 プロミネンスグレア
4:青き炎の解放者 パーシヴァル
グレード2
4:誓いの解放者 アグロヴァル
4:定めの解放者 アグロヴァル
2:歴史の解放者 メロン
2:解放者 ローフル・トランぺッター
グレード1
4:疾駆の解放者 ヨセフス
3:五月雨の解放者 ブルーノ
2:理力の解放者 ゾロン
4:光陣の解放者 エルドル
グレード0
4:フレイム・オブ・ビクトリー
4:剛刃の解放者 アルウィラ
2:大願の解放者 エーサス
2:解放者 ラッキー・チャーミー
4:聖木の解放者 エルキア
グレード構成
G3:G2:G1:G0=8:12:13:17
トリガー構成
☆:引:醒:治=10:2:0:4

◆デッキレシピ 【vol.2.1】
FV
情火の解放者 グウィード
グレード3
4:青き炎の解放者 プロミネンスグレア
4:青き炎の解放者 パーシヴァル
グレード2
4:誓いの解放者 アグロヴァル
4:定めの解放者 アグロヴァル
2:歴史の解放者 メロン
2:解放者 ローフル・トランぺッター
グレード1
4:疾駆の解放者 ヨセフス
3:五月雨の解放者 ブルーノ
2:理力の解放者 ゾロン
3:光陣の解放者 エルドル
1:剣陣の解放者 イグレーヌ

グレード0
4:フレイム・オブ・ビクトリー
4:剛刃の解放者 アルウィラ
1:大願の解放者 エーサス
3:きゃっちがる・解放者

4:聖木の解放者 エルキア
グレード構成
G3:G2:G1:G0=8:12:13:17
トリガー構成
☆:引:醒:治=9:0:3:4

なんでレシピが2つあるかって?
単純に記事書いてる間にレシピがかなり変わったからです^_^;


◆パーシヴァル型のメリットとコンセプト
imgTD16_誓いの解放者アグロヴァルimgTD16_青き炎の解放者パーシヴァル
・パーシヴァルの双闘能力はCBコストかからないので、グレアのためにコストを残しやすい
・パーシヴァル自体が双闘すると単体22000

とまぁ、そういうわけでコアだとブルーノとかが使いやすく爆発力はあり、最悪コアにライドしたでも(同名カード等が捲れれば)勝てるって点はあるけど、
「グレアで勝つ」ってデッキならこっちの方がいいんじゃないかなと思う。
入れ替えコールにCBコストがかかるのはもちろん、コアの双闘能力でリアガードにコアを出したりもするのと、定めが微妙に使いづらい


ただグレアの能力はCBコスト回復できるユニットやノーコストで展開できるユニットがいないと使えて3回、盤面・手札次第では2回しか使えないのでそれで決めれないと苦しい。
単純に相手がトリガー2枚持ってるだけでもガードできるようなパワーラインだったりするので、速攻で決めたい。

というわけで今回のは相手3点からでも決められるように☆多め、そのタイミングで双闘能力を使えるようにCBコストのかからないG3サーチを増量といった感じ。
またG2ライドターンに誓いの解放者アグロヴァルの能力を確実に使うためにG2を増やしたって感じ。


◆各カードの採用理由
G3は省略。以前も解説してるし、コンセプトとも被るから。

img15_歴史の解放者メロン img15_理力の解放者ゾロン img17_きゃっちがる解放者
・歴史の解放者 メロン
山札から登場時にデッキトップ5枚からG3サーチ。定めの解放者アグロヴァルと違ってノーコストだが、素引き・能力発動後はバニラになる。
定めアグロがメイトなので枚数が減るので同様の能力持ちを増量といった感じ。

単純にグレアと青き炎を引かないといけないのでそれをサーチできるカードを増やしたって感じ。パーシヴァルの双闘能力で捲れれば、グレア来なくて…みたいなことも少しは減るし。


・解放者 ローフル・トランぺッター
双闘時にノーコストの誓いアグロ能力。能力が被るのでパーシヴァルとはあまり相性がよくない。
といってもパーシヴァルはサブで、基本はグレアに素乗りして速攻で決めるのがコンセプトなのでユニットの展開が足りないこともあり、1度目の双闘能力発動するのにこれが起爆剤になるとCBコスト温存できたりするので採用。


メロンとローフルの枚数はまだ調整中。
メロンは素引き・登場後はバニラだし、ローフルは双闘時以外は同じくバニラなので。



・疾駆の解放者 ヨセフス
今期誓いアグロ等が出たことで大幅に強化されたことで株が急上昇したカード。
コストが定めアグロ同様SB1なので、序盤捲ってシークメイトのコストを稼ぎたい。
ドロップゾーン全然増えないので^_^;


・五月雨の解放者 ブルーノ
入れ替えコールや低コストの展開能力が増えたのでヨセフス同様評価が上がったカード。
コア型と比べて発動回数を増やしづらいが後述のゾロンときゃっちがるの能力を使えば2度の発動は狙えるので、V裏に置いてグレアで33000…狙えるなら36000ラインを作りたい。


・理力の解放者 ゾロン
・きゃっちがる・解放者
ランダムコールの回数を増やせるユニット。
序盤は定め・メロン・ヨセフスを捲るチャンスを増やし、終盤はブルーノの発動回数を増やす。
きゃっちがると違いソウルインなのでデッキのトリガー率を上げつつ、定めやヨセフスのSBコストになる。
G1が若干少ないため、ゾロンはたまに使わずに場に残す場合もある。

きゃっちがるは醒トリガーだが、グレアの能力発動時は相手のインターセプトを封じるためにRからアタックする場合も多いため相性自体は悪くない。


コンセプト的に☆トリガーが9枚は欲しいのでゾロン2枚きゃっちがる3枚の5枚体制に。


・剣陣の解放者 イグレーヌ
守りというより攻めのQW。
主にパーシヴァルライド時に双闘コストを稼ぐために利用。最速双闘で定め等を出し、グレアをサーチしたい。

定めやヨセフスが捲れていてシークメイトができるなら使わない場合もある。
シークメイト自体はトリガーでなくても定めやヨセフス戻してもそれほど問題ないのでトリガー戻せなくてもそこまで気にしなくていいと思う。最速双闘すること優先みたいな感じ。


・情火の解放者 グウィード
新FV。ノーコストの入れ替えコール能力。
V裏にブルーノを置いた状態で展開能力を使いたいので基本的にR裏に配置。

そのため先攻はともかく、後攻なら守護者ライドだとたまにつらいこともあるので注意。
※ただし相手が煉獄の場合はV裏


・フレイム・オブ・ビクトリー
唯一の非名称。
ソウルを稼ぐというより詰めにパンプ能力を使う場合がある。
対星輝兵でグレアの能力で倒しきれずにV裏呪縛されてしまった場合に単体23000にできる。

ちなみにヨセフスはESB1なのでこのカードをソウルに入れてもコストにできないので注意。



◆対星輝兵
天敵^_^;
グレアの能力発動まではV裏は空けておきたい(パーシヴァルライドなら特に、V裏なしでも双闘時に単体22000出せるので)

1度目のグレアで詰め切れずV裏呪縛されてしまった場合はビクトリーがないと単体20000になってしまうのでなるべく1度で倒したい。



◆採用されなかったカード

・小さな解放者 マロン
名称ケイ互換。前列後列どちらもやれる速攻の要。

……なのだがこのデッキは誓いアグロをG2ライドターンに使えるように1枚G1枠をG2に割いている。要するに中盤以降ブースターが貴重になることがたまにある。

あとは単純に他のカードの方が優先度が高かったという話。



・王道の解放者 ファロン
名称バニホ互換。

相手がG1・G2なら強い。ただそれ以降は定めと然程変わらない。
クロスライドに対してもどのみち詰めるのはグレアなので、リアガードのラインが安定しても使われなかった守護者を切られる可能性が高い。そもそもクロスライドがビッグバンナックルぐらいしか環境にいない。




◆コア・グレア型について
img17LR_誓いの解放者アグロヴァルimg17LR_青き炎の解放者プロミネンスコア
一応試したからまとめておくと…
パーシヴァル型と比べてサブのコアで詰め切れることもある。双闘しなくても入れ替えコール能力が使えるので被スペリオルコール能力やブルーノなどの能力が発動できる。
逆に入れ替えコールにCBを使ったり、プロミネンスコアを場に出すので、再ライドしてもグレアのコストが稼ぎづらいときも少なくない。

G2枠の残り1つはローフルかブラブレがいいと思う。コアもグレアもユニットが増やせる能力ではないので焼きクラン相手だと辛くなるのでローフルで稼ぎたい。ブラブレはベイランも入れて単純に使えるCBコストを増やす。
G1はブルーノ4枚は確定。ゾロンかきゃっちがる、あるいは両方も欲しい。
守護者は完ガでいいと思う。コア・グレアの能力でドロップゾーンは増やせるので。


コアライド時に同名カードを捲れる右手力が必要!
影猫Sにはなかった(--;)




◆まとめ
グレアでコストは軽くないですが☆+1&ガード制限でさらに速攻に磨きがかかった解放者。
ただ同系統の能力と比べて最大値が低いので、Vスタンド等でトリガーカードを複数確保されるだけで辛かったりする。
とにかく序盤から展開して双闘前に3点以上入れておいて、グレアの双闘能力で詰めたい。
長期戦向きではない。
G2止め自体は誓いアグロやグレアの入れ替えコールで登場時能力使ってアド稼げるのでそこまで気にならない。

殺傷力もあり手札交換もできるVスタンドは天敵!




3期4期と強化されてきた「解放者」。だけど5期は名称推しではなさそうな雰囲気。
昨日の今日のカードは煉獄だったけど、それ以外のカードがあまり名称っぽくないので。となると解放者もこれ以上は出ないのかな?煉獄みたいに少しは出るかもしれないけど。

超越ユニット次第では強化されそうな気もしますが、CB・SB共に利用したうえに手札コスト……
というかG3は双闘能力で使うし、守護者が手札で使いきれずに残ってるだろうから相性は悪い部類になるんじゃないかなと思う。

【掲載内容】当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。 (C)bushiroad All Rights Reserved.
関連記事

コメント

Re
15弾解放者は実は優秀なものが多い(笑)
結局パーシヴァルで止まっても、グレアで青き炎なくても困るので、展開・入れ換えコールしてついでにノーコストでG3サーチできるから便利です。
まぁ、素引きしたらライド安定ですけど(笑)
ゾロンは2枚だけど、類似能力のきゃっちがるがいるので実質5枚体制だったり。
☆多めにしたいからこれ以上きゃっちがるは積みたくないのと、G1枠もこれ以上とれないのでこの枚数。
ゾロンはソウルに入るので定めやヨセフスのコストも稼げますよ。
候補はマロンですが、G1が若干少ないのでそこまで活かせる時がなかったり(--;)
Re
何となくそこ質問が来ると思ってた(笑)
んじゃ、月読氏にプレゼント↓
(2014-06-19)
Q. 「探索者 セイクリッド・ういんがる」が双闘した時、能力で「弩弓の探索者 ギルダス」を山札からコールしました。この時、コールした「弩弓の探索者 ギルダス」の「あなたのヴァンガードが【双闘】した時」の能力を使えますか?
A. いいえ、使えません。双闘した時に誘発する能力は、双闘した瞬間に定められた領域に存在しなければ誘発しません。双闘した時にリアガードサークルに存在していなかった「弩弓の探索者 ギルダス」の能力は使用することができません。
というわけでできないです(^_^;)
というか出来たらパーシヴァル以上に聖犬がヤバい。ノーコストでギルダス呼んで、なおかつCB1でもう1枚好きな探索者呼べるし。
どちらにせよユニットのいないサークルだと解放者の展開能力的にたまに空いてないこともあるので……
星輝兵が相手とかだったら埋めすぎも良くないですし。
前から疑問だったんだけど、パーシヴァルの双闘時スキルのスペコでローフルトランペッターを出せば、そのままローフルトランペッターのスペコスキルは発動出来るタイミングなのかな?
もし可能ならパーシヴァルとは相性悪い所か、抜群に良いユニットだと思うんだけどなー_(._.)_
No title
メロンなんてカード久しぶりに名前を見ました
2枚ゾロン入れるなら別のカードかなとも思いました
でも変わりはマロンぐらいしかいないよなぁ
定めでもヨセフスでもソウル使うし……
ドロトリないのはヨセフスが回ってくれると気にならないですかね?

管理者のみに表示

トラックバック