かげねこTCG書庫

主に遊戯王とヴァンガードのカードゲームブログ。気まぐれ更新。

あらためて"青き炎"軸の解放者デッキについて

2014.09.09 (Tue)
シングアビス規制と、シングセイバー自体が微妙に弱体化。
それでもシングセイバー自体はそこそこ強いと思うけどね。シズク互換も来るし。

これについては次の記事で。




というわけでタイトル通り~。

imgMBT1_青き炎の解放者プロミネンスグレア
青き炎の解放者 プロミネンスグレア
G3 ゴールドパラディン - コスモドラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】:【双闘20000】「定めの解放者 アグロヴァル」(相手ヴァンガードがグレード3以上なら、このユニットは1度だけドロップゾーンから4枚山札に戻し、山札から指定カードを探し、双闘できる)
【自】【(V)】:[【CB1】,あなたの手札からカード名に「青き炎」を含むカードを1枚選び、捨てる] あなたのユニットが山札から(R)に登場した時、このユニットが【双闘】しているなら、コストを払ってよい。払ったら、そのターン中、このユニットのクリティカル+1し、『【永】【(V)】:このユニットがアタックしたバトル中、相手はグレード1以上のユニットを手札から(G)にコールできない。』を得る
【起】【(V)】:[【CB1】,あなたのリアガードを1枚選び、退却させる] あなたの山札の上から4枚見て、カード名に「解放者」を含むカードを1枚まで探し、(R)にコールし、残りのカードを山札の下に好きな順番で置く。そのターン中、この能力は使えなくなる。


アニメで使ってたからあらためて解説するまでもない気がするけど
山札からの展開に反応して、"青き炎"とCBをコストにクリティカル値が上昇しガード制限もつく。

ただ双闘能力の発動には、FVのグウィードかローフルトランペッターを使わなければ
実質"CB2"


これを重く見るか軽く見るか。


序盤に誓いの解放者アグロヴァル等で展開するときにもCBコストはかかるから、使えても2回ぐらいかなって感じ。
同様のガード制限能力を持つユグドラシルやシンバスターと比べるとちょっと重め。


手札コストで青き炎を使用するのでグレアからの再ライド・双闘はあまりしない方がいいと思う。
その辺はビッグバンナックルと一緒(まだ記事未完成だけど)

以前ちょろっと書いた(気がする)けど、プロミネンスコアでドロップゾーンにたまったトリガーを戻すのにライドするのはパーシヴァルよりもこちらの方が良さそう。
青き炎で唯一詰め性能を持っているわけだし。



◆相方の"青き炎"ユニットについて
グレアのコストは「青き炎」なのでこれまで出たパーシヴァルやプロミネンスコアと組むことになる。

ただプロミネンスコアの能力的に3種積むのは難しそう。コアを使うなら基本的に4枚、最低でも3枚は積みたい。

やるとしてグレア3コア3パーシヴァル2みたいな感じ。
ただグレアとメイトが違うからそもそも自由枠が狭まってるのにG3が3種だと構築難しいと思う
同じ青き炎でも微妙に相性いいカードが違うし。

あるいはグレア4コア4パーシヴァル2みたいなG3多めの構築。ただ速攻寄りの解放者でG3多く積むのはどうだろう?


そもそもSBはRの登場時能力しかないのに、パーシヴァルとコアで優秀なメイトを取り合うのはどうだろうか?



というわけで今回は基本的にG3は2種になるとしてパーシヴァル型とプロミネンスコア型で考えてみるわけで



・パーシヴァル型
imgTD16_誓いの解放者アグロヴァルimgTD16_青き炎の解放者パーシヴァル
青き炎の解放者 パーシヴァル
G3 ゴールドパラディン - ヒューマン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】:【双闘20000】「誓いの解放者 アグロヴァル」(相手ヴァンガードがグレード3以上なら、このユニットは1度だけドロップゾーンから4枚山札に戻し、山札から指定カードを探し、双闘できる)
【自】【(V)】:このユニットが【双闘】した時、あなたの山札の上から4枚見て、カード名に「解放者」を含むカードを1枚まで探し、ユニットのいない(R)にコールし、残りのカードを山札の下に好きな順番で置く。
【自】【(V)】:このユニットがヴァンガードにアタックした時、そのバトル中、このユニットのパワー+2000。


双闘能力にCBコストを用いないのでグレアや誓いアグロのためにコストを温存しやすい。
シズク互換のクロンやQWのイグレーヌ辺りも入れてもいいかもしれない。

あと青き炎で唯一単体パワー22000になるので若干だけどV裏呪縛にも耐性がある?

単純にパーシヴァル→グレアで再双闘すれば、パーシヴァルで盤面埋めた状態で繋げられる。
除去・呪縛は考えない場合だが


難点は双闘時能力のみで基本はほぼバニラなところ。
あと使った感じ、何度か再双闘してトリガー戻すとデッキトップがトリガーだらけになることもしばしば。自身やR能力では盤面整理ができないのも厳しい。
その辺りがロイパラとの違いですね

逆に他の2体と比べると双闘が多少しづらいのと、G2止めされると動きづらい。


・プロミネンスコア型
img17LR_誓いの解放者アグロヴァルimg17LR_青き炎の解放者プロミネンスコア
青き炎の解放者 プロミネンスコア
G3 ゴールドパラディン - コスモドラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】:【双闘20000】「誓いの解放者 アグロヴァル」(相手ヴァンガードがグレード3以上なら、このユニットは1度だけドロップゾーンから4枚山札に戻し、山札から指定カードを探し、双闘できる)
【自】【(V)】:あなたの(V)にいるユニットと同名のあなたのユニットが山札から(R)に登場した時、このユニットが【双闘】しているなら、そのターン中、このユニットのパワー+3000/クリティカル+1。
【起】【(V)】:[【CB1】,あなたのリアガードを1枚選び、退却させる] あなたの山札の上から4枚見て、カード名に「解放者」を含むカードを1枚まで探し、(R)にコールし、残りのカードを山札の下に好きな順番で置く。そのターン中、この能力は使えなくなる。


グレアと同様の盤面整理の能力を持っているため、ブルーノのパンプ、ヨセフス等の登場時能力を使いやすい。
グレアとコアで組むとどちらにライドしてもそれが可能→どちらにのっても戦える?

難点は盤面整理とはいえCB1かかること。
あとは自身の双闘能力がやや扱いづらいこと。
◆各ユニットとの相性
・誓いの解放者 アグロヴァル
-パーシヴァル ○
-プロミネンスコア ○
-プロミネンスグレア ○

CB1でユニット増やせるので、どれとも相性が良すぎるわけでも悪いわけでもない。
というか単純に単体性能が高い。


・定めの解放者 アグロヴァル
imgMBT1_定めの解放者アグロヴァル
-パーシヴァル ◎
-プロミネンスコア △
-プロミネンスグレア ◎

パーシヴァルは再双闘用の同名カード、あるいは詰めのグレアをサーチできる。SBも再双闘した分を利用できる。

コアは微妙に相性が悪い。
双闘能力的にライド事故回避以外ではコアを加えるメリットがないから。
一応グレアを加えられるかもしれないが……。

グレアは双闘能力で青き炎ユニットをコストにするため間違いなく相性いい。

コアと相性が悪いとは言ったが…
G3ライド後はファロン同様ラインが組みやすい。ブルーノで要求値が上げやすく、また単体でもアタックできるのでぶっちゃけそこまで悪すぎるというわけでもない。


そもそも2体のアグロヴァルはそれぞれのメイトで、そこまで癖があるわけでもないし思考停止4積みでもそれほど問題ないかな(笑)



・解放者 ローフルトランペッター
-パーシヴァル △
-プロミネンスコア ○
-プロミネンスグレア ○

パーシヴァルは単純に双闘能力と被ってるから必須ではないってだけ。
焼き相手なら問題ないが、自分の場で展開する(銀の茨)や星輝兵とかが相手だとそもそもRが空いてない可能性も……

コアとグレアは再双闘を繰り返すタイプではないが、盤面増やす能力はないのであって困る能力ではない。ノーコストの誓いアグロとして考えればいいわけだし。

ちなみにコアは非名称のメリアグランスを使えば、CBコスト回復とトリガー回収しつつ再双闘は選択肢になると思う。


・五月雨の解放者 ブルーノ
・ころながる・解放者
img12_五月雨の解放者ブルーノ
-パーシヴァル ○
-プロミネンスコア ◎
-プロミネンスグレア ◎

コアはデッキを回すので単純に発動回数が多い。
2回以上発動することも多いので、ブルーノは要求値が上げやすい。
ころながるは一度の発動で双闘能力が発動すればその時点で31000ラインが作れる。

グレアは自身の能力的にライン強化したいので必要。自身の能力で発動条件は満たせるし。

パーシヴァルは双闘時能力なのでそこまで有効活用できないかも。ブルーノはともかくころながるだとウォルティメールと変わらない可能性も高いし。


・きゃっちがる・解放者
・理力の解放者 ゾロン
img17_きゃっちがる解放者 img15_理力の解放者ゾロン
-パーシヴァル ○
-プロミネンスコア ◎
-プロミネンスグレア ○

単純にコアの双闘能力は同名が捲れないと話にならないから、少しでも捲れる枚数を増やしたいので。

パーシヴァルやグレアもブルーノの能力を複数回発動するために採用するのもアリ。ゾロンの場合はソウルも増えるし。


・その他山札から出たときに能力が発動するユニット(ヨセフスなど)
-パーシヴァル ○
-プロミネンスコア ◎
-プロミネンスグレア ○

単純にコアはきゃっちがる等で捲る枚数・回数が多いため。
パーシヴァルは双闘能力、グレアは展開を起爆剤にしてメインの双闘能力を発動するわけでそこまで回数捲らないから。





あれ、サンプルレシピは?

ホントはいつも通りこのまま書くつもりだったんですが……
当たり前のことをズラズラ書いていったら予想以上に記事が長くなったので次の記事で。

0時頃投稿予定(^‐x‐^)


【掲載内容】当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。 (C)bushiroad All Rights Reserved.
関連記事

コメント

Re
ビッグバンナックルが同じ条件ですからね。むしろこっちは対象のユニットが1種多いから構築の自由度があったりして(笑)
神器とはまた別問題でしょうね。
ミランダ(?)互換の定めアグロヴァルやその他の解放者でRは安定しますし。
シンバスターやユグドラシルがVで戦うのに対して、解放者はいつも通りRと連携して戦うってところが変わってないのがいい感じ。
青き炎はどれも一長一短有るんだな~(-_-)
せめてメイトのアグロヴァルのどっちかが「青き炎」名称入ってれば…これは壊れ過ぎ?w(^_^;)
まあ神器がガチガチ名称やってるんだからアリだとは思ったけどねー。青き炎のアグロヴァルw(^_^;)

管理者のみに表示

トラックバック