かげねこTCG書庫 -遊戯王&ヴァンガード-

主に遊戯王とヴァンガードのカードゲームブログ。気まぐれ更新。

[VG] 歌姫の祝祭 カード考察 part1

2018.03.02 (Fri)
今月末に発売の歌姫の祝祭関連のカードについて触れていこうかと。
とはいえバミューダ△初心者なので自分の使いたい「Chouchou」と「シズク」がメインで、あとは汎用と気になるものがあればってことで。


とりあえずパックの内容について触れておくと

全50種類で再録が1枚。再録には絶海のゼロスドラゴン メギド。
特別再録は1種でとびきりの新入生 シズク。

イラスト違いのメギドはどんな感じなんですかね?
あと特別再録にG1シズクはいい感じ。「♪♪」軸はもちろんのこと「シズク」が本格的にテーマになりそうですし。
パッケージのはG4ですかね?


今のところ公開されているカードとしては既存のカードのリメイクが割と多めな印象。
元々テーマが多いバミューダ△ですが初期バニラのアクアやセドナ、登場時SC1だったファルーカ、その他にもミルトアやシャンディーなどもリメイクされていますね。他にもいろいろありますし、まだまだ追加されそうですが省略。



大まかにはこのぐらいですかね




◆シズク
・華ある新鋭 シラツユ
登場時SB1でソウルから「シズク」を1枚回収。それがG0ならCC1・SC1され、パワー+5000。
GB縛りのないスキルなので序盤から使用できます。
自身の効果でソウルに入ったバミューダ△候補生 シズクを回収対象にすれば、CC1・SC1できるので実質ノーコストで回収できるわけですね。しかもシラツユ自体は14000アタッカーに。

G3シズクのスキルでこのカードもサーチ対象になるのでG0シズクを再利用してデッキ圧縮も可能。

欲をいえば「♪♪」もつけておいて欲しかったかなー。セドナにもついてないから「シズク」は多少「♪♪」にも触れる程度なのかもしれないけど。



・アバンダントピンク セドナ
2つの永続能力を持つ。
1つはVとRの「シズク」のパワーを+1000。
もう1つはVとRの「シズク」1枚につき自身のパワー+1000。

シンプルな効果だけど、Vが「シズク」ならバニラと同様のパワーになり、Vもパワー12000になる。どちらのターンでも有効なのはいいね。
難点としてはとびきりの新入生シズクも置かれていることが多いことでしょうかね。あと「♪♪」……(以下略)




◆Chouchou
・Chouchou 元気印 イリア
SB1・リアガードの「Chouchou」5枚をデッキボトムに戻すことで3枚ドローして、パワー+20000/☆+1。
ドローがあるので実質ソウル1枚と2枚戻すことで大幅パンプとクリティカル値も上昇。

とはいえトリガーなどを戻せばある程度はいいとしても手札2枚減るのか……。
デッキボトムに戻った時に発動するスキル持ちが増えたりするといいんですが……。少なくとも盤面のはすべて戻りますし。



・Chouchou リルン
GB1の永続能力持ち。Vが「Chouchou」ならパワー+2000、さらにG2以上の「Chouchou」に抵抗とブーストを付与。
シンプルなスキルだけど単純に妨害を受けにくくなるのと、Chouchou 超主役 ラプリアとかのドローしたカードで盤面を再展開するものとかでラインが組みやすくなる。

「Chouchou」なのに特にコストがかからないってのはわりと珍しい?



・Chouchou ソニア
登場時手札からG3を捨てることでデッキトップ7枚からG2以上の「Chouchou」をサーチ。
さらにVがChouchou 初舞台 ティルアならRや手札からこのカードをドロップゾーンに送ることで超越コストを支払うことが可能。

とりあえずこのカードが出たことで新規のG3「ティルア」が出ないのか、あるいは同名扱いが出るってことが予想できるとして
Vが「ティルア」ならこのカードの登場時効果使った後に場から超越コストにすることも可能。またこのカード自体「Chouchou」なのでシャンディーと違って名称指定のスキルにも対応しています。

あとはG3切ってまで手札交換して欲しいカードが出るかどうかですね~



・Chouchou メルジュ
効果つきの醒トリガー。
GB1・「Chouchou」のヴァンガードがアタックした時にデッキボトムに送ることでリアガードのパワー+10000しつつ1ドロー。アド損なしでデッキに戻せて、なおかつ大幅パンプ。難点は今のところ「Chouchou」の切り札はラプリアなので醒トリガーとの相性が微妙なことでしょうね。

またVが「Chouchou」であれば使えるのでラプリア辺りを入れておけば他のデッキでも使用できます



◆Duo
メーア中心の強化なのかなって思ったら一応汎用っぽいのも来ているのでそちらには触れましょうか。


・Duo 忘れえぬ日々 シェリル
デメリットスキルもちのパワー10000のG2。
登場時に自身と同名か、あるいは他に同名「Duo」2枚以上を公開しないとターン中ヴァンガードへアタックできないデメリットスキル。
もう1つは手札に戻った時にCB1で1ドローのスキル。

元々はG1でバウンスされたときにSC1・1ドローのカードでしたね。今回はG2になりバウンスされたときのSC1がなくなったもののパワーが大幅に上がっています。まぁ、その分デメリットスキルもついてますけどね。
元のはG1のピースが比較対象にされていましたが、今回のはその辺りともライン組んでも16000ラインになれるのはメリットですかね。



〈追記〉
よく見たら新G4メーアも汎用系だった。

・Duo 驚天動地の妹 メーア
SB1・任意のGゾーンを表に向けるのがコスト。
Gゾーン表の同名カード1枚につきリアガードを1枚選び、その(それらの)同名カードをすべてバウンス、戻した枚数2枚につきパワー+5000/☆+1。2枚でパワー31000/☆2、4枚でパワー36000/☆3になります。

同名カード握っていれば初回超越からでもクリティカル値が上げられます。ハーツが「Duo」であればどの軸でも使用できます。
火力も出て確実にバウンススキルが使えるのはなかなかいいですね。

コストは……どうでしょうね。SCできるカードがあればクーラのコスト確保できるのですがイマイチ使いづらいものが多いですし



とりあえず第1回はこんなもんで。いつも以上にリメイクが多いイメージ。
パッケージにも写っているティルアとシズクが気になりますね~
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック