かげねこTCG書庫 -遊戯王&ヴァンガード-

主に遊戯王とヴァンガードのカードゲームブログ。気まぐれ更新。

[VG] 十二支刻獣と勇敢関連で触れていなかったものとか(竜神烈伝)

2018.01.31 (Wed)
タイトル通り、前回の続き。

◆十二支刻獣関連
○クロノ・ドラン・Z
新しいクロノ・ドラン!
G2以上の十二支刻獣がVに登場したときに自身をバインドすることでデッキトップ5枚からG3かG1を1枚サーチ。
もう1つはGB1でバインドゾーンにあるときに手札1枚を捨てることで自身を回収できる効果。

さてさてクロノジェット・ドラゴン・Zが時翔スキルを持たないのでバインドできず初期のクロノドランが使いづらくなっていたわけですが、今回は全く別のタイプできました。これまでと違ってGB縛りのないスキルもあり、しかもそれが範囲は狭いですがサーチ効果なので安定性もあげることができます。
バインドから回収できる効果は……どう使うんでしょう?(勉強不足)




○刻獣守護 イリシュ
十二支刻獣のGガーディアン。
バインドゾーンが1枚以上あるときにSB1でシールド+5000。さらにバインドゾーン5枚以上でさらにシールド+15000。
銃士のアンテロ同様条件を満たせば単体でシールド35000になるGガーディアンです。

まずスキルについてですが時翔で戻ってこなかった場合や、各種バインドをコストや効果で行うものがギアクロにはいくつかあり、またおそらく同時に収録されるであろう効果つき治トリガーを先に処理すれば実質3枚で満たせます。
十二支刻獣・クロノジェットならクロノジェット・ドラゴン・Zやスチームテイマーアルカ辺りでしょうか?
ただコストのSB1はなんだかんだで被るものが多いので注意ですね。

それでこのカード自身が十二支刻獣なので先日公開されたクロノバイザー・ヘリテージのコストにできるんですよね。

とはいえそれでもヘリテージを2度目の超越で使うとしたら
・Gガーディアンを使ったうえでクロノドラゴン・GGに超越し、GB2のスキルを空撃ちしてGB3でさらに1枚表にして+5000する
・治トリガー2枚握ってイリシュを2度使用する

この2つになるわけですが、さすがに前者はこれをやるなら他の動きをした方が強い気がします。
後者もクルージング・ドラゴンなどを使用しすぎるとアタックできる回数が減ってしまい、ヘリテージに超越しても決めきれない可能性も。

結局のところ3回目の超越で使った方が強いんじゃないかなーと思っていたり。
しいていうならこのカードのおかげでスプリット・ペガサスを裏に向けずに済むのはメリットな気がしますね。




◆勇敢関連
○神聖竜 ディフェンドホールド・ドラゴン
相手のヴァンガードのアタック時限定のGガーディアン。
勇敢能力で勇敢能力持ちをヒットさせなくする。要するに完全ガード能力ですね。

このカード自体が勇敢能力もちなので残りの手札は3枚なのでそれで守れるかというと……。
アレクトスを使えばフリーになりますが、そもそも除去される可能性がありますし(^_^;)

1枚入れておいて使えるチャンスがあればってところでしょうね。

今回はこれだけですね。
そういえば2枚のゼロスドラゴンどころかこないだのスタークすら記事にしていないですね。
ギーゼが公開されたらまた書くかなー
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック