FC2ブログ

かげねこTCG書庫 -遊戯王&ヴァンガード-

主に遊戯王とヴァンガードのカードゲームブログ。気まぐれ更新。

【結束】 グルグウィント vol.3.5

2017.12.29 (Fri)
◆デッキレシピ
グレード3
4:黄金の聖剣 グルグウィント
3:ミリタントアクト・ドラゴン
グレード2
4:春光の騎士 ベリーモール
3:昼光の騎士 キナリウス
3:秋光の騎士 レガン
2:陽日の騎士 サロニウス
グレード1
4:曙光の騎士 ゴルボドゥク
3:朝明の騎士 ホルサ
3:日射の騎士 カリヌス
4:解放者 インプルーブ・ファルコン
グレード0
1:早天の騎士 コエル (FV
4:スカーフェイス・ライオン
4:フレイム・オブ・ビクトリー
1:閃耀のグリントナイト
1:速撃のラストレスナイト
2:ギガンテック・リンガー
4:解放者 シャギー・ラビット
Gゾーン
4:暁天剣聖 グルグウィント・ヘリオス
4:天道聖剣 グルグウィント
2:黄金竜 グロリアスレイニング・ドラゴン
1:エアーエレメント シブリーズ
2:癒しの真・解放者 エルリーゼ
2:黄金獣 すれいみー・フレア
1:聖天祈祷師 レイア
グレード構成
G3:G2:G1:G0=7:12:14:17
トリガー構成
☆:引:醒:治=10:0:2:4



◆基本的な戦い方
初回超越で手札やコストを温存できる3種目の「グルグウィント」の暁天剣聖グルグウィント・ヘリオスが追加されたので改良
(といっても前回記事書いていないんですけど)

基本的には初回超越はヘリオスで、2度目の超越でヘリオスか天道聖剣、あるいはグロリアスレイニングを選択といった感じ。
特に2度目の超越時は天道聖剣とリンガーを使用していきたいところ。
あとやりたいこととしては呪縛対策のインプルーブファルコンでレストして仕事を終えたカリヌスで入れ替えたり、ホルサやリンガーのスキルを誘発させたりといったことがしたかったのでこういう構築だったり。



◆各カード解説 :採用 :不採用)
候補カードがいくつかあったので今回は採用しなかったカードについても触れようと思います。

グレード3
黄金の聖剣 グルグウィント
結束持ちのG3グルグウィント。
超越コストがCB1に加えてSB1がかかるようになった代わりに結束持ちをスペリオルコールすれば追加でデッキトップ1枚をレストコール。
さらにGB2・結束で後列ユニットがインターセプト可能になる。

旭光の騎士にない利点としては自身の超越ボーナスだけで結束を満たせること。
またGガーディアンのエルリーゼとの相性はこちらの方が良い。

加えてサロニウスやカリヌスの条件を1枚で満たそうと思うとこれ以外のG3では満たせないので。
まぁ、環境的にはGB2が使える場面は少ないのかもしれませんが、それでもエルリーゼで出たやつが無駄になりにくいのがメリット。


ミリタントアクト・ドラゴン
対リンクジョーカー用G3。V・Rで超越時にCB1で自身の場のカード全てをデッキボトムに戻し、1枚以上戻せばデッキトップ3枚から2枚までスペリオルコール。
呪縛されたカードも戻せるので「カオス」とか相手ならこちらに乗った方が戦いやすいですね。Gユニットも「グルグウィント」にしか基本的には乗らないので問題なし。


旭光の騎士 グルグウィント
終盤に単独で結束を満たせないのと、コンセプトの関係で守護者もスペリオルコールで使えないインプルーブなので今回は不採用。上記の通り、Gユニットに「グルグウィント」が多いので名称の問題もそこまで気にならないですし。




グレード2
春光の騎士 ベリーモール
黄金軸だと株価が上がった1枚。新規で出たカリヌスのおかげで縦列コールに失敗したとしてもコスト的に帳消しにできます。
結束スキルが+2000なのでカリヌスだけでは微妙に足らないのはネックですが、G2のタイミングでリアガードで満たせる可能性がるのは一応利点か?


昼光の騎士 キナリウス
結束でVが「グルグウィント」なら+4000と微妙に火力が足らないですが、相手ターンでも13000になるので若干アタックされづらくなるかもしれない。
あと各種パンプスキルで簡単にラインが上がったりもします。例としてはカリヌスのスキルを付与し、スカーフェイスでブーストすると21000ラインとか。

手札を捨てることでデッキトップ3枚からスペリオルコールできますが、メインフェイズに使う場合は手札から出せるものがないときで、どちらかというと天道聖剣で出したときに使うことが多め。


秋光の騎士 レガン
抵抗持ちで、結束でVがG4なので単騎12000。
醒トリガーとかの対象や、あるいはヘリオスでトリガーを乗せる先としても優秀です。


陽日の騎士 サロニウス
こちらも新規。
結束でVがG4の「グルグウィント」ならユニット全てがパワー+2000。
これだけだと自身はそこまで大幅に火力が上がるわけではないのですが、他に採用しているG2がパワー11000以上のアタッカーなので7000のブースターで21000以上のラインを組むことができます。自身はホルサ辺りでパンプしたいところ。

もう1つのスキルはVの「グルグウィント」がアタックされたときにソウルに入れることでデッキトップ2枚をガーディアンとしてコール。
ランダムコールなのとデッキ構築的に過信はできませんが、1枚で相手ターンに結束を満たすことができ、ソウルも1枚増やせるのがメリット。またGB達成前から実は使えたりします。

あえて前列には置かずに全体強化要員として後ろに置くこともあります。


残陽の騎士 ヘンリネス
GB1で登場時CB1・SB1でデッキトップ3枚から1枚スペリオルコールし、自身と出たユニットにパワー+3000。
スキル的にはかなり強いのですが、結束を持っていないことと、なにより黄金の聖剣の超越ボーナスとコストが競合するので今回は不採用です。
足らないパワーはサロニウス・ホルサ・リンガーで補うということで。




グレード1
日射の騎士 カリヌス
新規。
Vが結束持ちなら抵抗を得て、さらに自身も結束時のスキルがあり、自身をレストし同名以外のカードをデッキボトムに戻すことでユニット1枚にパワー+4000し、さらにVが「グルグウィント」なら1ドローとCC1。

主に黄金の聖剣でレストで出たカードやベリーモールなどで出たカードを戻します。ネックだったメインフェイズ中に天道聖剣などのコストが用意できない(ヘリーはバトル中)問題を解決してくれました。

自身と同名のカードは戻せないので2枚目とかでレスト状態のカリヌスを戻すことはできないものの、インプルーブファルコンなどを使用したり、単純に抵抗持ちなので他よりは維持しやすかったり、暁天剣聖なら場にいるだけで意味があったりと


朝明の騎士 ホルサ
火力アップ要員。
自身と、同じ縦列のユニットを強化するので相手によってはV裏に置く場合も。


解放者 インプルーブ・ファルコン
新守護者。
以前に考察済みですがサークル指定で2枚までデッキボトムに戻せて、1枚以上戻した場合はデッキトップ3枚から1枚スペリオルコール。
呪縛対策だけでなく、黄金の聖剣でレストコールされたユニットやスキル使用後のカリヌス、あるいはトリガーを戻しつつホルサ等を誘発させるために使用します。


日華の騎士 ジェフリー
ヘンリネスを採用する場合は候補。
ただその場合カリヌスかホルサの枚数を減らす、あるいは不採用にしなければならないので今回は不採用
ライブラリアウトも怖いですし。




グレード0
早天の騎士 コエル
安定のFV。
ヘンリネスを抜いたことで黄金の聖剣以外にソウルを使うものがなく、あえてソウルに入れずに置いておくことも視野。
焼きデッキならそもそも先に除去されているだろうし


ギガンテック・リンガー
今回のコンセプト。
天道聖剣のアタック時のタイミングで戻したい。




グレード4
暁天剣聖 グルグウィント・ヘリオス
初回超越要員であり、フィニッシャーでもある。要するにメインウェポン。
またGB3のガード制限とパンプのスキルには結束がついていないのでコール封じとかされても使うことができます。
なのでメガコロニー相手は厳しいですが、2セット目は前半のスキルを使わずに対抗するのがベターかと。


天道聖剣 グルグウィント
メインウェポンその2。
2月に登場したときは他に初回からGゾーンに表の「グルグウィント」を用意できるものがなく、自身がCB1に加えて手札1枚をコストに要求していたため使いづらかったが、初回ヘリオスで次にこれに乗ることで解決。全体にパワー+6000はなかなか脅威。しかも自身のスキルでアタック数増やせるし。

加えてやりたいこととしてはヘリオスでデッキ減らして、自身のスキルで直前にスペリオルコールをし、リンガーを戻して醒トリガーでもう片方もアタック可能にしたい。



旭光剣爛 グルグウィント
ヘンリネスと同様にソウルがカツカツなので今回は不採用で。



ゼロスドラゴン来たら構築変わるのかなー
関連記事