かげねこTCG書庫

主に遊戯王とヴァンガードのカードゲームブログ。気まぐれ更新。

銀の茨 vol.3.0

2017.07.06 (Thu)
なんだかんだでもうそんなに経つのか……


◆デッキレシピ
グレード3
4:銀の茨の竜使い ルキエ (G-CHB03)
2:銀の茨の竜女皇 ヴィーナス・ルキエ
2:銀の茨 マッシャー・ドラゴン
グレード2
4:銀の茨 アップライト・ライオン
3:銀の茨の奇術師 クレメンス
4:銀の茨の獣使い マリチカ
グレード1
3:銀の茨のお手伝い イリナ
4:銀の茨のお手伝い ゼルマ
3:銀の茨の道化師 セルネ
3:銀の茨の催眠術師 リディア (完ガ)
グレード0
1:銀の茨の獣使い エミール (FV
1:銀の茨の獣使い ロロット
4:銀の茨 バーキング・ドラゴン
4:銀の茨のお手伝い ディクシー
4:銀の茨の操り人形 なたーしゃ
4:銀の茨のお手玉師 ナディア
Gゾーン
2:銀の茨の神竜使い ミスティック・ルキエ
4:銀の茨の神竜使い ヴィーナス・ルキエ
2:道化魔竜 ルナテック・ドラゴン
2:夢踊る彩翼 ミルワード
1:異界の大奇術 フェアフィールド
1:仮面の神竜使い ハリー
1:鎖鋸の大奇術 ファーニバル
1:道化魔竜 ワンダリング・ドラゴン
1:愛満ちる幻道化 マーヤ
1:念動の大奇術 クルサード
グレード構成
G3:G2:G1:G0=8:11:13:18
トリガー構成
☆:引:醒:治=8:4:0:4

メインデッキの「銀の茨」率100%!



◆デッキ構築について
いろいろと試した結果、手札を増やす手段がドロートリガー以外にないのでだったら完ガもやや減らし気味で速攻寄りにするのがいいんじゃないかって感じでこういう型に。


FVをロロットにするのもアリかと思ったのですが、そもそもエミールでソウルにG3入れないと回収効果が安定しないのと、なんだかんだで多いFV除去で処理されては元も子もないということでFVは変わらずエミールで。

ただロロットはエミールではサーチできないのでその辺りはG1のイリナとG3のマッシャー・ドラゴンに任せる方向性で。どちらも入れられるのは「銀の茨」のみなのでデッキ内は全て「銀の茨」名称で。
その関係で超越コストも抜けてロロットでG3回収&CC1するのが理想ではあるんですが、ロロットの回収タイミングが今のヴァンガードではやや妨害を受けやすいのであくまで使えたらってぐらいなのと、そもそも長期戦狙いのデッキではないので1度ぐらいは複数枚コストでの超越でもそこまで問題ないかなーといった感じで。





◆各カードの配分について
G3はV用が6枚。新ルキエはそのスキルの関係で半分リアガード要員。
ヴィーナスを主軸にするならLB4解除が欲しいのと、G3のルキエにさえ乗れればセルネやクレメンスが使えること、後々のこと考えるとあまり盤面を埋めすぎると逆に動きづらくなる気がしたので
マッシャー・ドラゴンはライドすると困るがアップライトには劣るものの火力がそこそこ出るのと、ロロットをソウルに入れる要員でなおかつロロットで回収するカードでもある。


G2は序盤強くライドしたいマリチカは4枚。
火力の上がるメインのアタッカーのアップライトが4枚で、詰めの詰めの段階でかなり厄介なノーコストでのガード強要ができるクレメンスは3枚。


G1は最低でも1枚はソウルに入れたいセルネと、序盤に1枚は使いたいイリナがそれぞれ3枚。各登場時スキルを使いまわしたり、連続攻撃に繋げられるゼルマは手札にもソウルにも欲しいので4枚。
残った枠に完ガが3枚。


FVはエミールで変更せず。
ロロットはライドを安定させたり超越コストを確保したりできるんですが、そのためにはある程度ソウルを増やせるものが必要なわけで、そうなるとエミールがないと安定しないなーってことで。
ただロロットはエミールではソウルに入れることができないので、素引きするか、あるいはマッシャー・ドラゴンやイリナで入れるしかないわけで……要するに序盤にこの辺りとゼルマが引けるかがわりと重要。


トリガーはG4ヴィーナスルキエ等のスキルと醒トリガーがかみ合わないので素直に「銀の茨」のみで☆8引4治4。セルネのVのバトル終了時スキルに手札コストがかかるので引トリガーも無駄になりにくいのが利点。


余談ですが、冒頭の一言がなにかっていうと
影猫Sが【銀の茨】を組むきっかけになった銀の茨の竜女帝 ルキエ “Я”(様)が収録された黒輪縛鎖が発売したのがちょうど4年前なんですね。
だからなんだって話なんですが、まぁ書くタイミング逃して書くきっかけ探していたのである意味ちょうど良かったというか……
あの当時パック買うたびにルキエ“Я”(様)を引きまくったなーとか思っただけです。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック