かげねこTCG書庫

主に遊戯王とヴァンガードのカードゲームブログ。気まぐれ更新。

アルフレッド・アーリー軸 vol.2.2

2017.04.23 (Sun)
まだ今年2つ目のデッキレシピの記事。しかも前回もアーリー軸だったようで……
公開していない【勇敢・アルトマイル】とか書くのもアリですね。【結束・グルグウィント】や【奇術・ハリー】とかはまだ未完成ですし。


◆デッキレシピ
グレード3
3:アルフレッド・アーリー (メインV)
2:王佐の騎士 ガルハール
2:孤高の騎士 ガンスロッド
グレード2
4:ブラスター・ブレード
2:スターホープ・トランペッター
4:気鋭の騎士 ロムス
2:救国の賢者 べノン
グレード1
1:小さな軍師 マロン
2:光の剣士 ユーノス
4:尖鋭の騎士 パリス
1:烈風の騎士 フディブラス
2:秘められし賢者 ミロン (リシャールでも可)
4:天祐の運び手 エポナ (完ガG)
グレード0
1:道標の賢者 エルロン (FV
4:フローラルパラディン ふろうがる
4:サイオン・ライダー
1:サンダーエレメンタル ゴロロ
1:ぴろろ
2:まぁるがる
4:世界樹の巫女 エレイン
Gゾーン
2:光輝の剣 フィデス
2:聖騎士王 アルフレッド・ホーリーセイバー
1:神聖竜 レジットソード・ドラゴン
2:転生竜 ホーリースクワイヤ・ドラゴン
1:撞着の大賢者 ジーロン
2:飛天の聖騎士 アルトマイル
1:神聖竜 ミリアド・ソウルセイバー → スノーエレメント バランチャー
1:レインエレメント マデュー
1:大いなる閃光 イゾルデ
1:神聖竜 レーザーガード・ドラゴン
1:ライトエレメント アグリーム
1:ダークエレメント ディズメル (or 神聖獣 ディバイン・ますくがる
グレード構成
G3:G2:G1:G0=7:12:14:17
トリガー構成
☆:引:醒:治=10:2:0:4



オース主軸のアルフレッドと比べて「光の剣士」や「ブラスター」名称にあまり依存しない構築ができるのが利点。
加えてエクシヴ等と比べるとブラスター・ブレードにライドする必要があるが、ノーコストでアタッカーを揃えられるので速攻向きな印象。

加えてアルフレッド・アーリー自体は他の「アルフレッド」と違い、リアガードには依存しないのが利点。
ほぼ先攻G3ライドターン限定ですが、サポートカードのサイオン・ライダーが使いやすい。そのタイミングでエルロンやベノンを使ってCBを消費して、そのコストを即座に回復することも可能。




では一部のカードは個別に解説。ただ一部はここ最近の考察記事でも書いたことがありますが……


・気鋭の騎士 ロムス
・尖鋭の騎士 パリス

パリスが「アルフレッド」専用の超越コストのカードでG1ながらグレード2分のコストになり、場にロムスがあればパワー+3000した状態でスペリオルコールし1ドローの効果も発動。超越コストの分を取り返せるわけですね。
グレード2分なので1枚では超越コストとしては足らないですが、その辺りは引いてしまったミロン辺りをコストにするか、あるいは2枚同時に使って超越するというのがいいかと。


難点としては「アルフレッド」のサポートカードでは超越するタイミングで盤面に出す手段がほぼないこと。
なので他のロイパラのカードを使うわけですが、GB2以上なら飛天の聖騎士 アルトマイルを使えば容易に達成できます。

問題はGB1のタイミング。キーになるのは撞着の大賢者 ジーロン。
既に公式で超越時のタイミングに発動する青天の騎士 アルトマイルでロムスを出せば満たせると書かれていたので、同様の効果を持つジーロンなら当然満たせるわけで。
加えてスターホープ・トランペッターと小さな軍師 マロンが出たことでロムス自体を手札に持っていなくてもいいのはもちろん、ロムスのデッキからの登場時のスキルも満たせる。




・光の剣士 ユーノス
カード効果でパワー12000になるG1。カード効果ならデッキ以外でも、ソウルや手札やドロップゾーンからでも可。
要するにアーリーやジーロン、パリス辺りでも満たせます。




・烈風の騎士 フディブラス
パワー6000で盤面に出ていても手札コスト1枚で15000ガードになれるG1。
ミロンと違って手札が増えるわけではないですが、盤面を空けられるのがメリット。
また素引きでも使える点も○



Gゾーンに関してはまだ調整中。
正直アーリー自体がパワー10000なのでそれと相性のいい飛天の聖騎士 アルトマイルは2セット入れたい。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック