かげねこTCG書庫

主に遊戯王とヴァンガードのカードゲームブログ。気まぐれ更新。

[VG] 「The Blaster “Aichi Sendou”」のカード考察と関連名称

2017.04.02 (Sun)
先導アイチ登場記念!

いつも通りレジェンドデッキなので過去の懐かしのユニットたちがリメイクされています。
そんなわけで各カード考察と、今回強化された名称の「ブラスター」と「アルフレッド」についてまとめてみたり。


・ブラスター・ブレード・エクシード
V/R登場時にCB1でG1以上を退却。場所指定もないので範囲も広く、これだけ見ても強化版ブラスターブレードといった印象。
もう1つのスキルは「セイバー」Gユニットに超越したときにCB1で「ブラスター・ブレード」名称のカードをサーチ。次の超越コストや、後述のアルフレッド・セイバーのサポートをしたりいろいろ応用はききそう。サーチなので次の超越コストにもできたり普通にリアガードとして使えたりで選択肢が増えるものの、反面スペリオルコールではないので超越時のレリジャス・ソウルセイバーのパンプ先に選べなかったり、ブラスターブレードスピリットの登場時スキルは使えないので相性が悪い。

全体的に正統進化といった感じ。
超越ボーナス持ちなのでメインVとしても使えて、「ブラスター」や「ブラスター・ブレード」サポートでサーチでき、Rでも使える登場時スキル持ちのサブVとしても使えるので汎用性は高い。
どちらのスキルもCB1がかかるのでメインVとして使うならCCできるカードがあった方がいいと思います。




・聖騎士王 アルフレッド・ホーリーセイバー
GB2でCB1・手札1枚がコストでハーツが「アルフレッド」か「ブラスター」ならリアガードの「ブラスター・ブレード」名称のカードを+3000してツインドライブ!!を付与。
G2でもツインドライブができ、なおかつそのユニットの最初のアタックなのでアタック順がV→Rでも発動できる。

まぁ、あのGユニットと比較されるんだろうけどね。
とはいえあちらはGB2さえ達成すればむらくものどのデッキでも使えるわけで…。なおかつデッキにカードを戻せるし、Vを選べば先に特定のユニットを用意しなくても使えるしー……


いずれにしても目玉のGユニットとしては十分な能力だと思います。
強化する「ブラスター・ブレード」名称のカードとしてはやはりG2の元祖ブラスター・ブレードが無難かと。フローラル・パラディンふろうがるなどのサポートカードも使えますし。
これ自体には対象とする「ブラスター・ブレード」名称をサーチ・スペリオルコールする能力を持っていないですが、前述のブラスター・ブレード・エクシードの超越ボーナス等を使えば持ってこれるのでロイパラでこの条件を満たすのはそれほど難しくないですね。




・神聖竜 ミリアド・ソウルセイバー
ハーツが「アルフレッド」か「ブラスター」でアタック時にSB3でリアガード全てをパワー+5000。
無難なスキルではあるけど初回超越からワンチャン決めに行ける点は○
永続スキルではないので連パンや醒トリガーとの相性はイマイチ。(そもそもレジェンドデッキには醒トリガー入ってない)

ソウル自体はベディヴィアかういんがる・ゆーすなどを利用することで確保できる。




・大いなる閃光 イゾルデ
「アルフレッド」と「ブラスター」専用のGガーディアン。
CB1でリアガード1枚につきシールド+5000。最大で+25000されシールド40000まで上がる。

レジェンドデッキ全体としてはCB1はやや重め。
なおかつ現時点でロイパラはアルトマイル専用のイグレインを除きリアガードを参照するものしかないので除去があるデッキが相手だと機能しづらいのが難点。
あと今のヴァンガードだと除去は少なくないので2~3体でシールド25000~30000出せればといったところ。




・猛火の双剣 バロミデス
素のパワーが11000で上昇値も+10000と上がっているが、条件が自身以外にG3以上のユニットが必要となり厳しくなっていて、なおかつGB縛りがあるのが難点。使うとしたら元祖アルフレッド・エゼルの双闘辺りが相性が良さそう。




・沈黙の勇士 ギャラティン
素のパワー10000で効果つきなので場に「ブラスター」がいないとパワーダウンするデメリットがあるが、GB1でシールド+5000の能力を持つ。

勇敢のエスコートイーグルと同様インターセプト以外でも対応するのが優秀。
あちらは勇敢かつ抵抗持ちなのでサポートとか耐性面で十分差別化できている

ところでゴードンは……




・仁義の騎士 ベディヴィア
・仁義の騎士 ケイ
GB1でVかRに「ブラスター」か「アルフレッド」があるとアタック時にパワー+3000。
さらに登場時スキルもあり、同じ縦列にベディヴィアはケイがいればそれを+2000しSC1、ケイはベディヴィアがいればそれを+2000しCC1。こちらは序盤でも発動可能。

GB1のスキルは序盤発動できなくなった代わりに条件がRにも範囲が広がった。
さらに登場時スキルも合わせることで21000ラインを組むことが可能。加えて各種コストを補充することを可能。

レジェンドデッキ全体で考えると明らかにCBが不足するので、できればケイのCC1を発動したいがその場合前列のベディヴィアではなく後列に置くであろうケイを入れ替えたりとかしないといけないので複数回使用するのが難しいのが調整されてるなーって印象。




・スターホープ・トランペッター
・小さな軍師 マロン
GB1でCB1・手札から登場時したときに任意のユニットを山札からスペリオルコールしパワー+3000。
条件が遅めかつ手札からのコール時限定なので厳しめではあるが、その分呼べるユニットに制限がないのが強み。

このデッキの場合、ベディヴィア&ケイを揃えたり、アルフレッド・ホーリーセイバーで強化するブラスターブレードをパンプした状態で出して合計+6000したりするのが良さそう。また後述の「アルフレッド」関連のカードを使うのであればキーカードになる場合も。




・ういんがる・ゆーす
アタックかブーストしてヒットしていたらデッキトップ7枚を確認して「ブラスター・ブレード」名称持ちがあれば手札に加えてソウルイン。加えなければノーコストってのも悪くない。

これを使うとしたらFVがういんがる・ぶれいぶ以外かつデッキ内に「ブラスター」名称をあまり入れていない場合に使うってことになりそう。




・天祐の運び手 エポナ
ホーリーナイト・ガーディアンの同型再販。要するに完ガG。
こないだあちらは再録されてたし、今までのレジェンドデッキの手札交換の守護者は強制故に終盤は逆にキツかったりで使いづらかったのでこれはいい再販。
「エポナでガード!」とかも言えますね(笑)




・ブルースカッド ばーくがる
レジェンドデッキ恒例のタイプのFV。ただ他と違ってサーチできる名称が「アルフレッド」と「ブラスター」の2種類とやや広め。




トリガーは新イラスト再録のまぁるがるを除きバニラで☆2種と治1種。


これに加えてフレームレス仕様のブラスターブレードが1枚付属。
わりとサポートが多かったりで往年のレアカードって感じはしてたし、なによりアイチデッキで1枚だけ収録ってのがいいね。
ちなみに加工はフレームレスなこと以外は第1弾のSP加工に近いように見える?



◆関連名称
○ブラスター
FVのういんがる・ぶれいぶが使えるのが最大の強み。その分「ブラスター」名称が一定量必要になるのでややデッキ構成は縛られる。
逆にその分サーチ対象が増えるとも言えるし、付属の神聖竜レリジャス・ソウルセイバーのクリティカル値上昇のスキルも狙うならこの名称が重要になる。

レジェンドデッキのカードはGB縛りがあり全体的にやや遅いから、それを補えなおかつメインVをサーチできるのでわりとこのタイプが主流になりそう?サーチがある関係でG3を最低限の枚数で組めるし。




○アルフレッド
「ブラスター」だけでなく「アルフレッド」にも対応しているものが多いのが今回のレジェンドデッキ。
ヴァンガードGになってから登場したG3アルフレッドは光昭の騎士王アルフレッド・オースだけどあれは登場時スキルがソウルに「ブラスター」か「光の剣士」がいないと使うことができないので「ブラスター」同様構築が縛られる。
オースの登場時スキルの対象にエクシードを選べるのでアタッカー2体を揃えるとかも選択肢に入る。


その他だと超越サポートの気鋭の騎士ロムスと尖鋭の騎士パリスがある。
他クランに似たようなスキルを持つカードがあるのだがこれらはロムスが場にあると超越コストとして捨てられたパリスがスペリオルコール可能とやや厄介な条件を持つ。その分パンプもあるのでそういう条件が付いているのだろうが、肝心のロムスに「光の剣士」や「ブラスター」などの名称がないからなのだが……

超越時の登場時スキル等でロムスが場に出せればパリスをコールできるという裁定が出ているので、今までだとGB2の段階で飛天の聖騎士アルトマイルを使えば狙えたわけだけど、今回のマロンやトランペッターのおかげでこれらも強化されています。
ロイパラには撞着の大賢者ジーロンというGユニットがあります。これは超越時に手札からユニットをコールしユニット1体をパンプできるわけだけど、そこでマロン等のスキルを出してロムスをコールすれば条件を満たせるというわけ。今までだと初回超越タイミングでは手札にロムスを握っていないといけなかったのが大幅に改善されるということですね。
ただこれをやるとG1・G2に非名称のユニットが多くなってしまうので光昭の騎士王アルフレッド・オースをメインVにするとやや使いづらいのが難点。



メインのブラブレとアルフレッド、あとサポートのマロンやトランぺッターがかなり優秀。ういんがるとかも使えるデッキはありそう。


とりあえず影猫Sは
・ブラスター・ブレード・エクシード
・ブラスター・ブレード (フレームレス版)
・スターホープ・トランペッター
・小さな軍師 マロン
・天祐の運び手 エポナ
・世界樹の伝承 エレイン

この辺りを追加で2枚購入してRRRを4枚ずつ確保しようかなとか思ったり。レジェンドデッキ自体は2箱予約したし。



それでまぁ作るとしたら
・セイバー軸(レジェンドデッキ改造)
・ブラスター軸(ブラスターシング?)
・アルフレッド軸(未定)

まず作るのはブラスターシングですかね。一部のカードを入れ替えるだけなので。
セイバー軸は6月のリューとガンスロッドが出てから構築する予定。サブVになにを使うかで変わってきそうですし。
アルフレッド軸もセイバー軸次第といったところ。オースが余れば【光の剣士】、余らなければアルフレッド・アーリーとかもワンチャンあり?



ガンスロッド・セイバー(仮)はどんな能力になるんでしょうね。


今までのガンスロッドは

・孤高の騎士 ガンスロッド
ブラスターブレードのサーチと自己強化&☆+1。

・孤高の解放者 ガンスロッド
ブレイクライドでリアガード3体までを+5000。

・絆の解放者 ガンスロッド・ゼニス
LB4でアタック時にG2以下のリアガードをデッキボトムに送り、デッキトップのカードを+10000しつつコール。


うん。予想つかないですね(笑)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック