かげねこTCG書庫

主に遊戯王とヴァンガードのカードゲームブログ。気まぐれ更新。

借り物デッキ(遊戯王)

2016.01.26 (Tue)
デッキレシピ記事だけど[作者:影猫S]ってわけじゃないから、ちょっといつもとは違った感じで。

◆ローレベル・獣族

元ネタは簡易ユーゴさんの動画及びブログ記事。


No.64 古狸三太夫
エクシーズ・効果モンスター
ランク2/地属性/獣族/攻1000/守1000
獣族レベル2モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
自分フィールド上に「影武者狸トークン」(獣族・地・星1・攻?/守0)1体を特殊召喚する。
このトークンの攻撃力は、このトークンの特殊召喚時にフィールド上に存在する攻撃力が一番高いモンスターと同じ攻撃力になる。
自分フィールド上にこのカード以外の獣族モンスターが存在する限り、このカードは戦闘及びカードの効果では破壊されない。


ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン
融合・効果モンスター
星8/地属性/ドラゴン族/攻3000/守2000
ドラゴン族・闇属性モンスター+獣族モンスター
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●自分フィールドの上記カードをリリースした場合にエクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):このカードが戦闘でモンスターを破壊した場合に発動する。
このカードの融合素材とした獣族モンスター1体の元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。


「No.64 古狸三太夫」はフィールドで最も攻撃力の高いモンスターと同じ攻撃力を持つ「影武者狸トークン」を呼び出せるモンスター

んで獣族から出せる高打点のモンスターとして入ってるのが「ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」でその条件の闇属性・ドラゴン族は「簡易融合」で呼び出すわけだね。



ちなみにちょっと前はオッPと星読み・時読みセット入れたデッキで使ってたけどね。
それはそれで別で元ネタがあるんだけど……



◆【カオス・ソルジャー】 → 【竜騎士ガイア(オッドアイズ型)】

儀式軸カオス・ソルジャーデッキあらため「天翔の竜騎士ガイア」デッキ。

元ネタは雪透さんの動画から。
ちなみに雪透さんは他にもいろいろなデッキのADS動画をあげてますね。ネタデッキ中心でしかもちゃんと勝てるやつ。
ある意味、影猫Sの理想形かもね


天翔の竜騎士ガイア
融合・効果モンスター
星7/風属性/ドラゴン族/攻2600/守2100
「暗黒騎士ガイア」モンスター+ドラゴン族モンスター
(1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、カード名を「竜騎士ガイア」として扱う。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「螺旋槍殺」1枚を選んで手札に加える。
(3):このカードが相手モンスターに攻撃宣言した時に発動できる。
その相手モンスターの表示形式を変更する。


螺旋槍殺
永続魔法
(1):自分の「暗黒騎士ガイア」「疾風の暗黒騎士ガイア」「竜騎士ガイア」が守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
(2):このカードの(1)の効果の適用によって「竜騎士ガイア」が相手に戦闘ダメージを与えた場合に発動する。
自分はデッキから2枚ドローし、その後手札を1枚選んで捨てる。



「天翔の竜騎士ガイア」はこないだの「MILLENNIUM PACK」に収録されてたカードですね。
というかこのパックの新カード一切触れてないね。完全に忘れてた^_^;

効果は「竜騎士ガイア」として扱う効果、特殊召喚時に「螺旋槍殺」をサーチorサルベージする効果、そして攻撃時に相手モンスターの表示形式を変更できる効果の3つ。
地味に2つ目のサーチ・サルベージの効果は融合以外の特殊召喚にも対応しているのが強いところ。


んで肝心の「螺旋槍殺」は……GX初期のカードやな。ちょうどGXが始まった頃のネフティスのパックのやつ。

「竜騎士ガイア」に対しては貫通付与に加えて、天使の施し……というかアニメ5D'sの「エンジェル・バトン」かな。

もちろん「竜騎士ガイア」として扱う「天翔の竜騎士ガイア」もこの効果を使えるわけだね。
難点は過去のカードゆえに……というかここ最近追加された「暗黒騎士ガイア」モンスターたちが「暗黒騎士ガイア」として扱う効果がないからサポートを受けられないことかな。

とはいえ基本的に疾走と覚醒は繋ぎで使うからそこまで気にならないだろうけど。



んで使ってはいなかったけど、そもそも疾走ガイアは「オッドアイズ・セイバー・ドラゴン」と相性いいんだよね。


疾走の暗黒騎士ガイア
効果モンスター
星7/光属性/戦士族/攻2300/守2100
「疾走の暗黒騎士ガイア」の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードはリリースなしで召喚できる。
(2):リリースなしで召喚したこのカードの元々の攻撃力は1900になる。
(3):このカードがリリースされた場合に発動できる。
デッキから「カオス・ソルジャー」モンスター1体を手札に加える。


オッドアイズ・セイバー・ドラゴン
効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2800/守2000
(1):このカードが手札にある場合、自分メインフェイズに自分フィールドの光属性モンスター1体をリリースして発動できる。
自分の手札・デッキ・フィールドから「オッドアイズ・ドラゴン」1体を墓地へ送り、このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが戦闘でモンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊する。



1.疾走ガイアを妥協召喚。
2.疾走ガイアをリリースしてオッドアイズ・ドラゴンを墓地に送りつつオッドアイズ・セイバー・ドラゴンを特殊召喚。
3.疾走ガイアのリリースされたときの効果で「カオス・ソルジャー開闢の使者」をサーチ

んでサーチした開闢はオッドアイズ・セイバー・ドラゴンを出すためのコストにした2枚がちょうど光属性と闇属性だからそのままの流れで出せるわけだね。

これまでも使えたコンボではあったんだけど手札事故がね^_^;
今までだと手札にオッドアイズ・ドラゴンが来ると厳しかったり、そもそも聖戦士軸として作ると事故率が……
「トレード・イン」と「七星の宝刀」の両方投入とかになるし。


んで今回「天翔の竜騎士ガイア」が入ったことで手札に来たときに融合素材にするって選択肢ができたし
融合特有の手札消費の荒さもドラゴン族の融合モンスターだからこれが使えるしね↓


オッドアイズ・フュージョン
通常魔法
「オッドアイズ・フュージョン」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・フィールドから、ドラゴン族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
相手フィールドにモンスターが2体以上存在し、自分フィールドにモンスターが存在しない場合、自分のエクストラデッキの「オッドアイズ」モンスターも2体まで融合素材とする事ができる。



わざわざ説明するまでもないと思うけど、条件を満たせばエクストラデッキの「オッドアイズ」モンスターを融合素材にできるドラゴン族専用融合カード。
しかもこれも「オッドアイズ」カード。「天空の虹彩」でオッドアイズセイバー共々サーチ可能。

それ以外にも「龍の鏡」もあるし、蘇生カードの「再融合」も使えたり、
そもそも「螺旋槍殺」の手札補充効果があるから、効果で貫通ダメージさえ与えられればわりと手札はなくならない方だったり。



ただなぜかトレードインが2枚行方不明という^_^;

売ったのかな?
まぁ、今度再録あるし安いのあったらそれだけ買わないと…


たまには今あるものでデッキ組まないとね。
遊戯王はともかくヴァンガードの方がしばらく欲しいものが出まくるっぽいからね(^_^;)
たぶん今持ってるものでも十分楽しめるし。SRやRRがけっこう強化されたからね。

とりま封印してたカオスソルジャーデッキのパーツでデッキ作れたから、その流れでハーピィとかも作り直したいね。
あとそれ以外のカオスソルジャーのパーツが魔装と合わせると(月読氏にはネタバレしたけど)わりと面白そうなことできるんだけど……、肝心のそのパーツが入ってるパックはなぜか箱買いしてないんだよね。


「ブレーカーズオブシャドウ」……
魔術師組んで、(まだ使ってないけど)破壊剣パーツも集めて、通告買ったりして……
加えて今回使いたいあの辺のカード。

ZEXAL時代の忍者も地味に高めだし……

ホントになんで箱買いしなかったんだろうね(^_^;)?

コメント


管理者のみに表示

トラックバック