かげねこTCG書庫

主に遊戯王とヴァンガードのカードゲームブログ。気まぐれ更新。

真・儀式4軸カオスソルジャー ~明宵儀式の型~

2015.09.21 (Mon)
今回から新リミットレギュレーション対応で。


imgYGa_カオス・ソルジャー

※メインデッキのカードは専用ギミック→汎用の順で記述。

◇デッキレシピ
◆メイン [41]
モンスター [26]
3:超戦士カオス・ソルジャー
1:カオス・ソルジャー
1:カオス・ソルジャー -開闢の使者-
1:疾走の暗黒騎士ガイア
3:開闢の騎士
3:宵闇の騎士
3:輝白竜 ワイバースター
3:暗黒竜 コラプサーペント
3:マンジュ・ゴット
1:ライトロード・アサシン ライデン
1:極夜の騎士 ガイア
1:終末の騎士
1:儀式魔人プレサイダー
1:真魔獣 ガーゼット
魔法 [10]
3:超戦士の儀式
2:混沌の場
1:死者蘇生
1:ハーピィの羽根帚
1:増援
1:おろかな埋葬
1:シャッフル・リボーン
罠 [5]
2:明と宵の逆転
1:超戦士の盾
1:聖なるバリア -ミラーフォース-
1:破壊輪

◆エクストラ [15]
シンクロ [5]
〈LEVEL8〉
1:ゼラの天使
1:閃こう竜 スターダスト
1:えん魔竜 レッド・デーモン
1:レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト
1:スクラップ・ドラゴン

エクシーズ [10]
〈RANK4〉
1:ズババジェネラル
1:ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン
1:ダイガスタ・エメラル
1:鳥銃士カステル
1:No.39 希望皇ホープ
1:ラヴァルバル・チェイン
1:励輝士 ヴェルズビュート
〈RANK5〉
1:SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング
〈RANK8〉
1:神龍騎士 フェルグラント
1:No.107 銀河眼の時空竜

コンボを決めるために組んだファンデッキ!そのため大会環境とかは全く考えていません

マンジュゴット強っ!(当たり前)

特化ではないけどカオスソルジャーはそれなりに出せる。
ある程度の手札事故はどうしようにもならないので諦めました(笑)
儀式で事故らないのって影霊衣ぐらいじゃね?
◆変更点

シャッフル・リボーン
通常魔法
「シャッフル・リボーン」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに除外される。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主のデッキに戻してシャッフルし、その後自分はデッキから1枚ドローする。
このターンのエンドフェイズに、自分の手札を1枚除外する。


DOCSで追加されていたカード。アニメで使われたカードだけどいつかは使おうと思ってたやつ。
自分の場にモンスターがいないときに効果無効で蘇生と、墓地から除外して自分フィールドのカード1枚をデッキに戻して1枚ドロー。どちらもターン終わりに蘇生したモンスターを除外したり、手札1枚を除外したいするけどそこまで影響はないね。

1の効果は語るまでもないね。効果無効とはいえなんでも(わりと特殊召喚制限あるやついるから厳密には違うけど)蘇生できるのは間違いなく強い。開闢の騎士や宵闇の騎士なら儀式に使えば効果付与自体はできるし問題ない。

重要なのは2の効果。自分の場のカードを1枚デッキに戻して1枚ドロー。
このデッキの場合は終盤に混沌の場と明と宵の逆転がわりと腐る。それを別のカードに入れ替えれるってのが重要。アド取りづらくて、手札1枚が勝負を左右するってことも少なくないデッキなので。
その関係で手札1枚除外されるデメリットはそこまで気にならない。


極夜の騎士ガイア
効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1600/守1200
「極夜の騎士ガイア」の以下の効果はそれぞれ1ターンに1度ずつ使用できる。
●このカード以外の自分フィールド上の闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから戦士族・光属性・レベル4モンスター1体を手札に加え、その後手札を1枚墓地へ送る。
●自分の墓地の光属性モンスター1体を除外し、自分フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターの攻撃力は、相手のエンドフェイズ時まで500ポイントアップする。


最初のデッキレシピのときにも入ってたやつ。

1つ目の効果はあまり使わない。一応開闢の騎士を除外して出したコラプサーペントをリリースして開闢の騎士とかをサーチとかはできるけど、この効果自体がアド損なんだよね^_^;

2の効果が中心。光属性モンスターを除外してパンプ。

単純に儀式関連のサーチカードが
・儀式モンスター(4枚)……マンジュ,宵闇の騎士,混沌の場
・儀式魔法    (3枚)……マンジュ,開闢の騎士,混沌の場(条件つき)

儀式モンスターの方が枚数が多いのは超戦士の儀式の効果の関係でってのはあるけど、単純に儀式魔法の方が若干サーチしづらいんだよね(^_^;)
んでその発動条件の除外ができるのが極夜なわけ。

しかもこのカード、白黒竜と違って「明と宵の逆転」対応してるんだよね。サーチしやすい。
あとゼラの天使を出せてるならそれを除外するのもいいし。カオスソルジャーで対応できない3000以上の打点にこれで打点上げて対抗ってのも悪くない。

白夜の騎士も悪くない(むしろあっちなら疾走をリリースできる)んだけど、枠がないのと相手がいないと意味がない効果なので今回はなし。
疾走の暗黒騎士ガイアと並ぶこともないしね^_^;



◆その他解説が必要そうなカードたち

疾走の暗黒騎士ガイア
効果モンスター
星7/光属性/戦士族/攻2300/守2100
「疾走の暗黒騎士ガイア」の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードはリリースなしで召喚できる。
(2):リリースなしで召喚したこのカードの元々の攻撃力は1900になる。
(3):このカードがリリースされた場合に発動できる。
デッキから「カオス・ソルジャー」モンスター1体を手札に加える。


真魔獣 ガーゼット
特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドのモンスターを全てリリースした場合のみ特殊召喚できる。
(1):このカードの攻撃力は、このカードを特殊召喚するためにリリースしたモンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。


混沌の場
フィールド魔法
「混沌の場」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから「カオス・ソルジャー」儀式モンスターまたは「暗黒騎士ガイア」モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、お互いの手札・フィールドからモンスターが墓地へ送られる度に、1体につき1つこのカードに魔力カウンターを置く(最大6つまで)。
(3):1ターンに1度、このカードの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。
自分はデッキから儀式魔法カード1枚を手札に加える。


超戦士の盾
カウンター罠
(1):自分フィールドに「カオス・ソルジャー」モンスターが存在し、フィールドのモンスターを対象とするモンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの魔力カウンターを1つ取り除いて発動できる。
墓地のこのカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。


おおよそこの辺り?

疾走の暗黒騎士ガイアはこのデッキだとリリースする手段がほとんどない(というかガーゼットしかない)けど、超戦士カオスソルジャーの効果で出せるのと、単純に素引きしても妥協召喚してアタッカーになれるのが重要。
儀式モンスターサーチの「混沌の場」でもサーチができるのがわりと重要で、結構このデッキは初手から儀式モンスター・魔法しか引かないとか白黒竜とかしかいないとかで場になにも出せないってこと少なくないわけ。その状態で「混沌の場」引いたときにあまり得しない儀式(具体的にはカオスソルジャーリリースして超戦士出すとか)する以外の選択肢ができるのが重要。
「覚醒の暗黒騎士ガイア」だと場のモンスターの枚数に左右されるからたまに困る。

真魔獣は一応疾走をリリースして効果使えるけど、レベルが8なのと、墓地にモンスターを送れるのも重要。
カオスソルジャーを回収する手段があまりないのでできればカオスソルジャーをリリースして儀式とかはしたくないのでこちらをリリースすることもできるし、墓地に開闢の騎士・宵闇の騎士あるいは白黒竜落として次に繋ぐことも可能。
あと一応ランク8も出せるね。

超戦士の盾は枠の少ない儀式じゃないギミックで1枚で2度使える可能性があるから採用。枠がないなら複数回使えるものの方が強いんじゃねっていう単純な発想(笑)
それ以外の汎用枠は相手にダメージ与えてカオスソルジャーのワンショット圏内に入れられる(かもしれない)破壊輪、あとから引いても盤面一掃できる聖バリって感じ。ブラックホールだと相手ターンには使えないし、激流葬だと後から引いたら困る。




とりあえずわりとこれが限界(^_^;)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック