かげねこTCG書庫

主に遊戯王とヴァンガードのカードゲームブログ。気まぐれ更新。

指定期間 の記事一覧

ブラスター(セイバー) vol.1.5

2017.06.28 (Wed)
地味に堅実に。


◆デッキレシピ
グレード3
4:ブラスター・ブレード・エクシード
2:新風のブラスター リュー
1:孤高の騎士 ガンスロッド
グレード2
4:ブラスター・ブレード
2:ブラスター・ブレード・スピリット
2→3:スターホープ・トランペッター
4→3:光と闇の愛弟子 リュー
グレード1
4:月桂の騎士 シシルス
1:光の剣士 ブラスター・レイピア ローラ
4:ブラスターフレンド ばーくがる
1:小さな軍師 マロン
4:聖泉の巫女 リアン
グレード0
1:ういんがる・ぶれいぶ (FV
4:フローラルパラディン ふろうがる
4:あろんがる
1:幸運の運び手 エポナ
1:新星の騎士 リュー
2:まぁるがる
4:ますくがる
Gゾーン
4:聖騎士王 アルフレッド・ホーリーセイバー
2:神聖騎士 ガンスロッド・ピースセイバー
1:神聖竜 ミリアド・ソウルセイバー
2:飛天の聖騎士 アルトマイル
1:集光の聖騎士 オルビウス・アヴァロン
1:エアーエレメント シブリーズ
1:大いなる閃光 イゾルデ
1:小さな大賢者 マロン
2:神聖獣 ディバイン・ますくがる
1:ライトエレメント アグリーム → ダークエレメント ディズメル
グレード構成
G3:G2:G1:G0=7:12:14:17
トリガー構成
☆:引:醒:治=10:2:0:4

続きを読む »

[遊戯王/VG] 所持デッキと今後作るデッキ

2017.06.24 (Sat)
業務連絡っぽいものもあったりして

■現在の所持デッキ
○遊戯王
リンク召喚が導入されてから約3か月。まだ調整できていないデッキはありますね。
今回のリミットレギュレーションでレスキューキャットがもう1枚積めるようになったのでまずはローレベル獣のデッキを調整したいところ。ミセスが地属性・獣族なのが素晴らしい。

あとは開闢が無制限なのでカオスソルジャーとか、カオス系のデッキに入れるかどうかってところ。
カオスソルジャーはキーカードの混沌の場がテラフォが準制限でややサーチしづらくなったのでその辺りの調整が必要かもしれないですね。


んでとりあえずジャンドとガガガ辺りの主人公系統のデッキをそろそろ使えるようにしたいところ。

ジャンドはボウテンコウからの展開方法があるんですが、覚えきれていないのと、わりと最近ボウテンコウをはじめとした竜星カードが大会でも活躍していたりするので次の規制が怖いところ。
まぁ、そうなったらそうなったで白黒ジャンドとかの構築もあるんですけど。

ガガガも横にエクシーズモンスターを並べづらくなったのでリベンジでの火力UPがやや狙いづらくなってるけど、こっちはこっちで構築パターンが多いし案外なんとかなりそう。

それとブラマジ。魔法族の里で制圧する型だったけど、7月のブースターに召喚条件的に出しやすいリンクモンスターの「アカシック・マジシャン」が収録。同種族2体で魔法使い族なのでデッキの方針変えたほうがいいかもしれないですね^_^;
バテルが欲しいんだよなー


ハーピィとかもどうするか未定。


ちなみに水晶機巧とかはエクストラモンスターゾーンの導入でアクセルシンクロとかはしづらくなったけど、逆にやれることが増えた模様。具体的にはチューナーが2体並んでるときとか、今までだと処理に困ってたジェネクス・コントローラーがリンク・スパイダーで使いやすくなったし。
そもそもなんだかんだでリンク召喚なしでも主力のシンクロモンスターとかは出せるし。

ただ気になるのは星杯との混合型。正確には星杯にジェネクスの一部が入って、それに一緒に水晶機巧からローズニクスが派遣されてるのでそれをさらに水晶機巧とかシンクロに寄せる型とか考えても面白そうだなーとか思ったり。

とはいえその構築試すのはもう少し後かな。星杯のカードも持ってないし、なにより「普通の星杯で良くね」って言われる可能性もあるし。
ただウンディーネとローズニクスとリンクスパイダーの組み合わせは使えそう。



○ヴァンガード
一部のデッキがやっとまとまってきた感じ。
そろそろデッキレシピを書いていきたいところ。

あとはちょっと前のことだけどなるかみに除去能力持ちのGガーディアンが入ったからそれを含めたプレイングとかも究めていきたいところ。


続きを読む »

[遊戯王] サイバースストラク発売!

2017.06.17 (Sat)
いつも通りリミットレギュレーション触れようと思ったけど、パス。
というのも書くのが遅れたのと、あまり今期触れてなかったからありふれたことしか書けないし。そうだったら記事としてもつまらないかなーみたいな感じで。

しいていうなら「天地開闢」で確定で開闢の使者サーチできるようになったのが気になるかなーってところ。
そうでなくても開闢が無制限で、ブラックホールが準制限ってなかなか恐ろしい時代だなーとか。

あとは所持デッキのいくつかで使ってる・使えるカードが緩和されたのがどうかなーってところ。

◆サイバースの新規が大量に収録!
というわけで早速買ってきました。

「ストラクチャーデッキ-サイバース・リンク-」3箱。


今回はデッキ名からもわかる通りサイバース族関連のストラクで、新規のカードも

・デジトロン
・ドットスケーパー
・クラインアント
・バックリンカー
・バランサーロード
・ROMクラウディア
・ブート・スタッガード
・デュアル・アセンブルム
・サイバネット・バックドア
・リコーデッド・アライブ
・エンコード・トーカー
・トライゲート・ウィザード
・バイナル・ソーサレス

とわりと多め。



一部は過去にも触れていて被る内容もあるけど、あらためて書くと…


エンコード・トーカー
リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/下/右下】
サイバース族モンスター2体以上
(1):1ターンに1度、このカードのリンク先の自分のモンスターが、そのモンスターより攻撃力が高い相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。
その自分のモンスターはその戦闘では破壊されず、その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
そのダメージ計算後、このカードまたはこのカードのリンク先の自分のモンスター1体を選び、その攻撃力をターン終了時まで、その戦闘を行った相手モンスターの攻撃力分アップする。



今回の目玉カードの1つ。CMでもCGで描かれていますね。
効果としては少々まわりくどいですが、まずリンク先のモンスターが自身よりも攻撃力が高い場合に戦闘破壊耐性を付与しつつダメージも0に。その後戦闘した相手モンスターの攻撃力を自身かリンク先のモンスターに付与するというもの。よくある戦闘サポートとオネストが合わさったような効果。
リンク先であれば最初に攻撃するモンスターは攻撃力が相手より低ければなんでもいいのでトークンなどで攻撃するのが良さそうですね。サイバースはわりとトークン生成する効果持ちが多いですし。

またこのカードはデコード・トーカーと違ってサイバース・ガジェットからリンクモンスター1体経由で召喚可能。
デコード・トーカーは効果モンスター2体以上なのでトークンが使えずなにかしらリンクモンスターを経由する必要がある


難点としてはやはり単体では機能しないこととそれなりに妨害を受けやすいこととか。
そもそもデコード・トーカーがわりと完成したカードって感じですし
効果自体はアニメでやったら映えそうな効果だと思うのですが、アニメで出たりするんですかね?一応デコード・トーカーと対になっているわけだし、出そうな気もするんですが……。
ARC-V期のストラクだと最初の魔術師やオッドアイズ関連はスルーで、次のDDはわりと使われて、最後の魔術師のストラクはアストログラフだけだったりで正直読めない




トライゲート・ウィザード
リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/サイバース族/攻2200
【リンクマーカー:左/上/右】
トークン以外のモンスター2体以上
(1):このカードと相互リンクしているモンスターの数によって以下の効果を得る。
●1体以上:このカードと相互リンクしているモンスターが相手モンスターと戦闘を行う場合、そのモンスターが相手に与える戦闘ダメージは倍になる。
●2体以上:1ターンに1度、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
●3体:1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし除外する。



もう1つの目玉カード。
ファイアウォール・ドラゴン同様相互リンクを条件とするリンクモンスターで今回はその数が特に重要なるモンスター。
効果自体は1体でリンク先にオッPの効果、2体で1ターンに1度のフィールドのカードを除外、3体で効果の発動を無効にしつつ除外するといったもの。
使うのであれば最低でも2体は満たしたいところ。
1体の戦闘補助の効果はぜひ前述のエンコード・トーカーと合わせて使いたいところ。
3体のときの効果無効は最終的に除外するので、ここ最近増えまくっている破壊時や墓地から除外することで発動するような効果も防ぐことができますね。ただ現状サイバース族単体でこれを満たすのはわりと苦しい気がします。

縛りもトークン以外なら問題ないということでファイアウォールドラゴン同様その他のデッキでもかなり使われそうな気がしますね。





その他だと待望のサーチカードも追加。


サイバネット・バックドア
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドのサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外し、そのモンスターの元々の攻撃力より低い攻撃力を持つサイバース族モンスター1体をデッキから手札に加える。
この効果で除外したモンスターは次の自分スタンバイフェイズにフィールドに戻り、そのターン直接攻撃できる。



サイバース族のモンスター1枚を除外する必要があり、またサーチできるのもその時に除外したモンスターよりも攻撃力が低くなければいけませんが、速攻魔法なので相手の除去カードを回避したりするのにも使えます。また帰還したモンスターは直接攻撃も可能。
それ以外にも一度除外し帰還させるのでエクストラモンスターゾーンのリンクモンスターをメインモンスターゾーンに移動させることもできたり、除外されたときに効果が発動するモンスターを活かしたりとかにも使えますね。

なんにせよ今後サイバース族が追加されても生き残りそうなカードな気がします。




バランサーロード
効果モンスター
星4/光属性/サイバース族/攻1700/守1200
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、1000LPを払って発動できる。
このターン自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにサイバース族モンスター1体を召喚できる。
(2):このカードが除外された場合に発動できる。
手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。



1000ライフと引き換えにサイバース族モンスター限定の召喚権追加と、除外されたときに手札から下級モンスターを特殊召喚。
サイバース族には現状わりと召喚時の効果持ちが多いので、それらを多く採用している場合にこれを維持すると1ターンに複数枚発動とかも狙えますね。このカードを何らかのカードで特殊召喚したり、あるいはバックドアで一時的に逃がしたり。
特にバックドアと合わせた場合は除外された場合の効果も使えるのがいいですね。




ROMクラウディア
効果モンスター
星4/闇属性/サイバース族/攻1800/守 0
(1):このカードが召喚に成功した時、「ROMクラウディア」以外の自分の墓地のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「ROMクラウディア」以外のレベル4以下のサイバース族モンスター1体を特殊召喚する。



召喚時にサイバースをサルベージして、戦闘・効果破壊時には自身以外のカードをリクルート可能。
攻撃力もわりと高めなのでなかなか優秀。




ドットスケーパー
効果モンスター
星1/地属性/サイバース族/攻 0/守2100
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、
いずれか1つしか使用できず、それぞれデュエル中に1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが除外された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。



どちらもデュエル中に1度ですが、墓地に送られるか除外された場合に特殊召喚できるモンスター。
おろかな埋葬や黄金櫃で特殊召喚できるといった感じですね。




リコーデッド・アライブ
通常罠
(1):自分のフィールド・墓地のリンク3のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外し、EXデッキから「コード・トーカー」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):EXモンスターゾーンに自分のモンスターが存在しない場合、墓地のこのカードを除外し、除外されている自分の「コード・トーカー」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。



「コード・トーカー」サポート!
場か墓地のリンク3・サイバースを除外することで「コード・トーカー」を特殊召喚することができ、墓地にあって自分のEXモンスターゾーンが空いていればこのカードを除外することで除外されている「コード・トーカー」を特殊召喚できる。

バトル中に追撃したり、既にリンク素材にしたリンク3・サイバース族をコストに盤面整えたりといったところ。
ただ今のところ「コード・トーカー」モンスターはメインモンスターゾーンだと使いづらいリンクマーカー持ちしかいないので後半の効果はやや使いづらいか。また前半の効果で「コード・トーカー」以外を除外した場合に後半の効果で出すモンスターを用意しづらいのがやや難点ではあったり。

わりと影猫Sがメインで使おうと思っているカードだったりして。
単純にデコード・トーカーが好きなだけです(笑)

続きを読む »

[VG] 「鬼神降臨」 開封と考察

2017.06.10 (Sat)
狙いはGR(SGR)のガンスロッドとロイパラSPクランパック!





一応言っておくか。

大爆死!




ガンスロッドもSPクランパックもないし、SPも2番目ぐらいに安いアヴリールフェニックスだし(^-^;


まぁ、月読氏に需要あったから良かったけど……



ちなみに封入率自体はRRが1枚増えてるそうだ。
んでその枠がGRやらSGRやらSPやらにもなるようで。
要するにGRやSGRとかがRRRの枠くわなくなったわけだね。複数枚必要なRRRが多いからこれはありがたいね。
続きを読む »

6月の予定的なもの(カードゲーム関連)

2017.06.06 (Tue)
今さらですが、6月になりました。
今月は既に遊戯王のデュエリストパック出てますが、今回はスルーで。


それでまぁ、全然考察記事書けていないですが今週末にはヴァンガードの新弾「鬼神降臨」が発売。
注目はやはりぬばたまの新特性の「支配」でしょうね。果たして環境入りするのかどうか……。刺さるデッキには刺さるでしょうし。
支配自体は抵抗持ちを選べないけど、おそらく喧嘩屋同様アタック対象には選べるだろうからリアガード

んで影猫Sとしてはレジェンドデッキに引き続き「ブラスター」関連のロイパラ。旧主人公補正でかなり高査定のものがありますね。
あと一応、勇敢というかアルトマイル関連も数枚あるみたいで。

ジェネシスの白魔女も今回は入ってますね。一応効果はすべて確認したんですが、実際使ってみないとなんとも(笑)
新GGとかもありましたし。


それで、ヴァンガードといえば収録状況による他との兼ね合いなわけだけど、一応ぬばたま以外は当たり?
白魔女は激戦区だから回ってこないけど。

なにはともあれ狙いはSGRガンスかGRガンス、あるいはロイパラのSPクランパックで!




その次の週は遊戯王。今度はサイバース族のストラク。
新規で一気にサイバース族が追加されるようで、加えてちょっと変わったサーチカードだったり、「コード・トーカー」専用罠とかだったりどれも面白そう。
実際デッキの完成度としてはそれなりって話らしいですが、その辺りは今後の強化次第でまだまだ化けるでしょうし。
加えて再録がかなり豪華なようで、通告とコズミックサイクロンだけで元取れているような……。加えて高くなっていた黄金櫃も入るみたいですね。なにかしら(通告辺り)が規制されそうな気もしますけど。

あと毎月恒例の遊戯王の日の景品がズルい。遊作スリーブは集めねば……




こんなところでしょうか?
来月はヴァンガードはバミューダだけなのでいつも通り買うものがないということでデッキレシピ祭になりそう。
ぶっちゃけ今年作ったデッキほとんどレシピ書けてないですし、今さらって感じのレシピもありそうですが、まあなにもしないよりいいかなーみたいな。もちろん余裕があればですけど。

遊戯王は来月も新弾。メインのリンクモンスターだったりサイバース族は回収したいところ。新テーマはパスで。
今年は秋ごろに出るであろうエクストラパックに一部欲しいものがあるのでそちらも集めないといけないですね。

なんだかんだであまりカードに触れれてはいないですがモチベ自体はかなり高い模様。
むしろ触れれていないからこそ?さっさと就職先決めたいですね

続きを読む »
 | HOME |