かげねこTCG書庫

主に遊戯王とヴァンガードのカードゲームブログ。気まぐれ更新。

[VG/遊戯王] FC2017・コレクターズパック2017発売1週間後の話

2017.05.19 (Fri)
タイトル通り発売されてからおおよそ1週間経ちました。
GB8やら新規のGガーディアンや、あるいはOCG化されていなかったあれこれ使って楽しんでますかね?

ちなみに影猫Sはリアルの事情もあってあまり触れられていない模様^_^;
友人の予定とかもありますしね。

◆ヴァンガード

トレードで手に入らないものを中心に確保。特にゴルパラとなるかみは大量に集めました(笑)
解放者名称入ってたり、どちらもCC1できる効果で、なおかつGガーディアンの能力も既存のGガーディアンでは足りていなかったスキルなのでGガーディアン自体も2枚欲しかったりでこんな感じ。



ちなみにトレードしたものも徐々に届いてたりして。



それでまぁそろそろGB8を入れたプレイングとかも試さないといけないですね。



◇遊戯王
●EM・魔術師・オッドアイズ関連
新規のEMオッドアイズが追加されたことで【オッドアイズ魔術師】とは別で【EMオッドアイズ】を製作中。
元々「EM」には融合関連はいくつかあったわけだけど、今回のEMオッドアイズシンクロンでシンクロもできるようになった。
新規ルールで辛くなったペンデュラムですが、EMには融合召喚時にエクストラデッキのカードを回収できるEMユーゴーレムなどもあるのでわりと戦えるし


【オッドアイズ魔術師】自体は新ルールでやや使いづらくなったオッドアイズペンデュラムドラゴンを抜いて新規で出たオッドアイズランサードラゴンを投入。メインデッキで使える高打点が欲しかったというのも理由の1つですね。
その関係でスリーブがオッドアイズなのにデッキに入っていないってことで……


はい、そんなわけで別のスリーブ購入しました。
海外のマスター・オブ・ペンデュラムの限定セット付属のスリーブですね。
というかこれは普通に日本でも売れただろうに




●RR(レイド・ラプターズ)
ランク4とそれ以外の偶数ランクだけでなく、奇数ランクのエクシーズも出せるようにしました。
ファイナルフォートレスファルコン(以下FFF)を出すならラストストリクスではなくアーセナルファルコン辺りから狙った方が安定したからですね。

とはいえとある動画でほぼ同じデッキがあるので、デッキレシピ書くとしてもデッキの動きじゃなく考察していなかったカードをまとめたり、あるいは新ルールで使い方が変わったものまとめたりって感じになりそうな気もします。



FFFのコレクターズレアの加工ヤバイ





●忍者
ペンデュラムの忍者が追加されましたが、個人的には今度のエクストラパックで入るであろう永続魔法の忍法を入れたいので構築考え直すのはそれが出てからですかね。
その頃にはリンクモンスターの選択肢も増えてるでしょうし
続きを読む »

「FC2017」と「コレクターズパック2017」の開封結果

2017.05.12 (Fri)
久しぶりの更新。ついでに言うともうしばらく更新は不定期になります^_^;
各クランのGB8とか、コレクターズパックの収録カードの考察とかは今さらって感じもしますし、まだ使用感等も書けないのでパス。

◆FC2017
今回は1BOX+1パック。中途半端に1パックなのでSsに3パック買っていてトータルで4000円程度だったから。
近くのショップが1000円単位でポイントつくので


というわけで……はい、ドン!




Twitterでも言ってたけど何とも言えない感じ^_^;

金額的にはリンクのGB8が当たってるから爆死ってわけじゃないし、GB8も使用クランのロイパラとゴルパラは当たってるわけだけど
複数必要なゴルパラやなるかみがほとんど当たらなかったという^_^;
ついでにいうとロイパラのGB8のアヴァロンは今のところ使う予定ないですし。

それよりも問題なのはトレードでまわって来そうなノヴァやたちかぜを自分で引いてしまってることだろうね。
メガコロやむらくもはまだしもその他のクランは被りもあってまわってこなさそうなものありますし。



というわけで他の方の当たり具合で追加購入しないと。
とりあえずゴルパラとなるかみが2~3セット……




◇「コレクターズパック2017」開封!

更新遅くなったけどこちらも購入しました。



というわけで…はい、ドン!

まぁ、やっぱり「EM五虹の魔術師」は引くよね(笑)

一応狙いだったオッドアイズ・ヴェノム・ドラゴンがコレクターズレアだったからいいけど。


発売してから出た情報としてはアニメ終盤でもつかわれていた新規の「EM」と「オッドアイズ」の複合名称カード。
ディゾルヴァーはともかく、シンクロンは「EM」か「オッドアイズ」を釣り上げる効果も持っているから、今組んである【オッドアイズ魔術師】とは別のデッキで使いたいところ。スケールも基本8までだからディゾルヴァーを再利用するのもやや難しいですし。

「忍者」も2枚だけですが新規がありました。忍者のペンデュラムモンスター自体は今回の2枚しかないのでやや使いづらいですが、ジョウゲンの特殊召喚効果はわりと使いやすそう。そのままゲツガを召喚しても言いわけですし(ただその場合ペンデュラム故に墓地に行かないのが厳しいところ)

続きを読む »

[遊戯王/VG] 今月発売したものと今後発売するものについて

2017.04.22 (Sat)
前半は遊戯王、後半はヴァンガード

◇「CODE OF DUELIST」とリンク召喚
先週リンク召喚導入後初の通常ブースターが出ましたね。

んで実際環境自体は【トリックスター】と【星杯】みたいな一部のテーマを除いてほぼルール導入後と変わらないという。
仕様変更直前に出た【真竜】とか【恐竜】みたいなエクストラデッキに依存しないものは規制されていないから当然といえば当然ですね。

加えて汎用リンク、特に下・左下・右下方向のものがあまり出ていないのも影響しているかと。
仕様変更で弱体化したデッキが地属性主体のデッキ(ミセス・レディエント)か、デコード・トーカーを最初に出しても展開できるようなものじゃないと辛いままですし。

なによりリンク導入のブースターにARC-V終盤で登場した「覇王眷竜」だとかの枠が多過ぎる気がしました。
5月にコレクターズパック、6月にデュエリストパックと続くにもかかわらずこのブースターでもわりと多めに収録。
まぁ、デュエリストパックは過去のテーマのリメイクっぽいですが(真紅眼とかフィッシャーマンとか)、そもそも1月のブースターに収録するってこともできたはずですし。
加えて一部新ルールであまり使えなくなってしまった効果も少なくないようで。原作再現といえばある意味そうなんですが、それをしづらくなった新ルールなわけで、それを新ルールになって最初のブースターに収録する理由がよくわからないです。

要するに新ルール推したいのかこれまでのルール推したいのかよくわからない収録内容だなということ。実際売り上げが落ちているのはこれも理由の一つではないのでしょうか?
せめて各属性のリンクモンスターぐらいはまとめて収録しても良かったかと。その後に種族縛りとか出していくとか…。


肝心のリンクモンスターなわけですが、
特に汎用系のファイアウォール・ドラゴンとトポロジック・ボマー・ドラゴンがどちらもターン制限ついていない効果を持っているので今後のこと考えるとかなり危ないかと。現時点でもループというかソリティアというかできるようですし。


まとめると全体的に不安要素が多い収録内容だなと感じました。
次の通常ブースターが7月でしょうし、それまでリンクモンスターがストラクが出る【サイバース族】以外はあまり出そうにないのも残念。



◇今後発売するものたち
RRファイナルフォートレスファルコンは1枚ぐらい入れてもいい気がした。アルティメットファルコンと比べてやや火力が高く連続攻撃できるので詰めの段階で使う感じでしょうか?
とりあえず【RR】は性質上「RR」縛りがついてリンクモンスターを入れづらいタイプのデッキなのでRUM型で行く予定。ちょっと前にRRレヴォリューションファルコン・エアレイドが出たのでどのRUMからでもランク3~5の「RR」エクシーズでランク6の「RR」を出せるようになったので以前よりは戦いやすいですし。
とはいえ1ターンでフォースストリクスを3枚とかはできなくなりましたけど。


【オッドアイズ】関連をどうするか未定。覇王白竜オッドアイズ・ウイング・ドラゴンが正直微妙な性能だったので「覇王眷竜」を使うかどうかといったところ。



やはり仕様変更でアニメ再現がしづらくなってしまった点がホントにつらいですね(-_-;)

続きを読む »

[VG] FC2017のGガーディアンについて 中編とオマケ

2017.03.28 (Tue)
使用クラン多いのとわりとメインで使っているクランが出ているので3つに分けました。

○なるかみ
・覇天護竜 インピード・ドラゴン
・メディテイト・ドラコキッド

待望の雷激に依存しないGガーディアン!しかも相手依存とはいえ相手のターンでの除去能力持ち。
登場時に相手が選ぶ1枚除去&バインドしたうえで自分のリアガードが相手より2枚以上少ないならさらに除去。追加の除去は相手が最大限展開していたとしても自分のリアガードは2枚以下じゃないといけないけれど、インターセプトで調整したり、そもそも展開力があまりないクランなので案外気にならないかもしれない。その辺りは実際に使用してみないと何とも言えないですね。

治トリガーは他クランにも配られているコスト回復タイプのやつ。条件的に欲しいタイミングでCCできるのであって困るスキルではないと思う。
ただSB1なのでヴァンキッシャー軸わりとギリギリだったような……




○シャドウパラディン
・罪業の魔女王 イエリッド
・異端の魔女 イエリッド

スキル的にはルードヴィークの強化版……のように見えるけど、2体用意すれば1ドローが追加されたとはいえVやRのスキルのコストに使ってしまった後あるいは除去で用意できないことの方が多い気がする。

治トリガーも正直使いづらそうな手札交換タイプなのでスルーかな。




○その他のクラン
連休挟んだので他に出たのはディメンジョンポリスとぬばたまとネオネク。

ディメポリはリアガードの枚数で強化され、3体以上いればCC1/SC1。展開力の無いクランだから用意できるかは怪しいけど、コスト回復できるってのはいいね。

ぬばたまは大抵のデッキならハガクレみたいな手札破壊。終盤の最初のアタックとか、あるいは勇敢軸でブレイブランサーが相手だと35000ガード。この辺りはTDやブースターで選択肢が増えれば使いやすくなるかも。

ネオネクはCB1かかるけど、最低限20000ガードで、手札から出したやつと同名があれば+10000されて30000まで上がる。
コストかかる分多少は融通きくわけだね。
続きを読む »

[VG] FC2017のGガーディアンについて 前編

2017.03.19 (Sun)
久々の更新。
今更遅いので「月夜のラミーラビリンス」の開封結果はパス。Twitterには画像貼ったし。

リアルの関係でデッキほとんど触れれていないのでしばらくデッキレシピの記事は書けないかも。
更新頻度も抑え目で。一応1ヶ月に一度は書きたいところだけど。


◆FC2017のGガーディアン
今回のGガーディアンの特徴としては
・GB1
・コストとしてGガーディアンを表に向ける必要がある
共通するのはこの2つ。

加えて同時に収録される治トリガーは対応するGガーディアンを出すためのコストで捨てたときに発動するスキルを持っています。

また一部のクランの治トリガーとGガーディアンは過去のカードのリメイクだったりしますね。

Gガーディアンを使える回数が減ってしまいますが、その分多くGゾーンの表のカードの枚数を増やせます。クランによってはGゾーン表のカードの枚数によってスキルを発動するものがあるので返しのターンでそれらを使う場合は有効。
GBに関してはGガーディアン自体がGB1なので、今後GB4以上のGユニットが出るんですかね?



○ジェネシス
・大成の魔女王 ローリエ
・大器の魔女 ローリエ

「大鍋の魔女 ローリエ」のリメイク。
Gガーディアンのスキルはソウルかドロップゾーンの同じグレードのノーマルユニットを2~3枚デッキにつつ、戻したカード1枚につきシールド+5000。トリガーは戻せないですが、1枚で25000~30000ガードになれるわけですね。

ジェネシスのGガーディアンは他にイーリスとハナサツキがあります。
SBされたときにスキルが発動するものと合わせるならイーリスの方が優秀。直接ソウルに入れられるので。こちらはそれ以外の完ガやシシルス互換などをデッキに戻したりもできるので使い分けはできそう。
ハナサツキに関しては場とソウルのカードが関係してきて正直使いづらかったので盤面に左右されないこちらの方が優先されそう。

専用治トリガーのスキルはコストにされたら自身をソウルに置ける。
ジェネシスは大量のSCをして、SBで大技を決めるクランなのでそのためのコストにできる点はいいですね。


このカードならではの特徴として「魔女」名称を持っています。具体的には「大鷹の魔女 フェンネル」でサーチ可能です。
ただそうなると双闘でトリガーを戻したりするので治トリガーのソウルインはたまに使いづらい場面があるかもしれないです。
まぁ、任意なのでその場合はソウルに置かなければいいんですけど




○メガコロニー
・七星怪神 レリッシュレディ
・美食戦闘員 レリッシュガール

Gガーディアンのスキルは相手のヴァンガードのアタック時限定で相手のリアガードを2体レストさせるか、しなかったときは1ドロー/CC1/SC1。
シールドこそ増えませんが、オブティランドスやダークフェイスでCBやソウルは消費するのでそれらを回復できる手段が増えたのはありがたい。

ただヴァンガードからのアタック限定なのでこのカードのシールド15000だけでは守りきれない可能性が高いです。加えてメガコロには同じくヴァンガードからのアタック時限定のGガーディアンが他にグライスフォートもいますし。
むしろ両方同時に使うとか?CBは相殺されるけど。

専用治トリガーのスキルはG1以下を捨てて手札交換。今回その他のクランもいくつかはこのスキルですね。
G1以下しか切れないのでやや使いづらそうな気がしますがそれは実際使ってみないと評価できないかもしれないです。




○むらくも
・伏魔忍鬼 シラハギノ
・秘事の忍鬼 ハギノ

GガーディアンのスキルはCB1もかかりますが、このターン中ヴァンガードにガーディアンとして出したカードを山札の下に戻せるスキルを付与して、自身はシールド25000になる。戻せるユニットはトリガーでもいいので返しのターンに同名ノーマルユニットとかをデッキから出せばトリガー率はわりと上がりそうです。

むらくもの他のGガーディアンは盤面が関係するものしかいないので、盤面が関係のないこのカードはわりとありがたい。

専用治トリガーはドロップゾーンのノーマルユニットを1枚デッキボトムに。あえて初回にGガーディアンのスキルを使わずにこのスキルを使うためだけに出すのもアリかもしれないです。



続きを読む »
 | HOME |