かげねこTCG書庫

主に遊戯王とヴァンガードのカードゲームブログ。気まぐれ更新。

[VG] アルトマイルとアルフレッド (トライスリーNEXT)

2016.12.09 (Fri)
いよいよ明日今日発売ですね。
1回記事全滅して書き直してたら日にち変わってた

今回はギアクロニクルやネオネクタールも収録ですが影猫Sはその辺りは使用していないので割愛。まぁ、その辺りは専門家にお任せってことで。
そういうわけでロイヤルパラディンの話になるわけですが、今回強化があったのは

・アルトマイル(勇敢)
・アルフレッド(光の剣士・ブラスター)


それぞれ分けてまとめると


◆アルトマイル -勇敢-
まずアルトマイルが勇敢用に「天命の騎士 アルトマイル」としてリメイク。
今までと違ってCBがかからないので各種展開スキル等に回せるのと、自身が勇敢能力持ちになったのでそれを参照する能力の対象に選べるようになったのが強み。G以降のロイパラはG2指定のスペリオルコール中心でデッキのG2が尽きることがあったが、今年から勇敢能力持ちを呼ぶものが出ているので呼ぶ対象がいないってことが減ったのがいいですね。


あと勇敢能力で組む強みとしてGRの「神聖竜 ブレイブランサー・ドラゴン」。


神聖竜 ブレイブランサー・ドラゴン
Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ロイヤルパラディン - コスモドラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】【GB3】:[【CB1】] このユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札から勇敢能力を持つカードを3枚まで探し、別々の(R)にコールし、山札をシャッフルし、コールされたユニット1枚につき、手札から1枚選び、捨てる。(手札がコールした枚数以下なら、すべて捨てる)
【自】【(V)】勇敢(あなたの手札が3枚以下で有効):あなたのユニットがアタックした時、そのバトル中、そのユニットのパワー+3000。



スペリオルコールした勇敢能力持ちの枚数分手札を捨てるデメリットがありますが、アニメでもやっていた通りそもそも手札がなければ問題がないって点がいいですね。
加えて自身の勇敢能力でアタックしているリアガードを強化できるので自身のスキルでの連続攻撃もサポートできるので【勇敢】デッキとしては待望のエースカードといったところ。


それ以外に【勇敢】の強みとしては「そにっくがる」や「ダマスカスの支援術師」などもありますね。実質ノーコストで場を空けつつCC2できるのは他のロイパラデッキにはない強み。しかもパワー7000もあるし。
ばっくがるだとパワー5000かつSB2で、なおかつG期のロイパラのカードで呼びづらいですし

以前は使いづらかった(具体的にはパワーチャージがいないとかなりきつかった)けど今回アレクトスやセルフェスが入ったのでその問題も解決しましたし。


手札が少なくても使える守護者の「要撃の騎士 レドン」や状況によってはブースターとしても使えて前列強化できる「厳戒の騎士 レギウス」、コストはかかるものの使いやすく条件を満たせばかなりのシールド値を出せる専用Gガーディアンの「神衛聖騎士 イグレイン」など強化の方向性としては間違ってない気がします。

TD収録の登場時能力持ちかつ手札に戻せる可能性のある「飛燕の騎士 クロウス」や登場時に大幅にパンプできる「ナイト・オブ・キャスト」とかも面白い。

若干ソウルがつらそうだからRRRのアルビオンがやや使いづらいかもしれない


◆アルフレッド(光の剣士・ブラスター)
イマイチ強化の方向性がわからなかったりします(・_・;)


光昭の騎士王 アルフレッド・オース
G3 ロイヤルパラディン - ヒューマン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【永】【(V)】【GB2】:あなたのターン中、あなたのリアガード1枚につき、このユニットのパワー+2000。
【自】:[【CB1】,【SB1】,あなたの手札から1枚選び、捨てる] このユニットが(V)に登場した時、あなたのソウルに、「光の剣士」か「ブラスター」を含むカードがあるなら、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札からそれぞれグレードの異なる、「光の剣士」か「ブラスター」を含むカードを2枚まで探し、別々の(R)にコールし、山札をシャッフルする。


神聖竜 レジットソード・ドラゴン
Gユニット 〈4〉 ロイヤルパラディン - コスモドラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】:[【CB1】] あなたの、「アルフレッド」か「ブラスター」を含むハーツカードがあるなら、山札から、「光の剣士」か「ブラスター」を含むグレード2以下のカードを1枚まで探し、(R)にコールし、山札をシャッフルし、そのターン中、そのユニットのパワー+2000。



新アルフレッドの「光昭の騎士王 アルフレッド・オース」は登場時能力なのでその後の超越にも繋げやすく、条件やコストがあれこれ指定されているもののデッキから2体呼べるのは悪くない。

「アルフレッド」と「ブラスター」の専用Gユニット「神聖竜 レジットソード・ドラゴン」はオースと同じで「光の剣士」か「ブラスター」ならどれでも呼べるのでわりと出せるものは多め。加えてパンプも入るのでGB1の段階で「ブラスター・ブレード」を11000の状態で出して「フローラルパラディン ふろうがる」で攻めることも可能。


ただ気になるのは今回の新規の「光の剣士」・「ブラスター」って「光の剣士 ピークス」しかいないんですよね(^_^;)
先導者と根絶者のときに出たとはいえもう少し新規が欲しかった気がします。なによりアルフレッドの超越サポートにこれらの名称が入っていないのが残念。


加えてアルフレッド専用の☆トリガー「サイオン・ライダー」


サイオン・ライダー
トリガーユニット 【☆】 〈0〉 (ブースト)
ロイヤルパラディン - シルフ パワー4000 / シールド10000 / ☆1
【自】【(R)】:[このユニットをソウルに置く] あなたの「アルフレッド」を含むグレード3のヴァンガードがアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、【CC2】。



これがいろいろと「アルフレッド」と噛み合ってない。
グレード3指定なので超越すると使えない点が今のヴァンガードに合っていないのはもちろんですが、それ以上に発動がG3の「アルフレッド」のアタック時なのが致命的。
各種アルフレッドはリアガードの枚数を参照するものが多いのにアタック時にソウルに入ってしまうので枚数が減ってしまいます。特にアルフレッドで最大火力の出せる「光源の探索者 アルフレッド・エクシヴ」はクリティカル値上昇の条件を満たせなくなってしまいます。

正直わりとどの場面で有効なのか怪しいですね(・_・;)
アルフレッドのこと知らずに作ったのではと思ってしまう


その他どちらかというとブースト不要な「騎士王アルフレッド」を意識したようなレストして効果が発動するものもいくつか。
抹消者じゃないけど「アルフレッド」のサポートとして方向性が定まっていない気がする。

続きを読む »

[VG] 新アルトマイルと新アーシャ

2016.11.19 (Sat)
ついにトライスリーのメインG3の新しい姿が揃いましたね!



天命の騎士 アルトマイル
G3 ロイヤルパラディン - ヒューマン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【GB2】 勇敢(あなたの手札が3枚以下で有効):このユニットがアタックした時、あなたのリアガードを5枚まで選び、そのターン中、パワー+4000。
【自】【(V)】:あなたのライドフェイズ開始時、手札から1枚まで選び、(R)にコールし、そのターン中、そのユニットのパワー+4000。
【自】【(V)】:あなたのターン中、あなたのGユニットが【超越】した時、手札から1枚まで選び、(R)にコールし、あなたの勇敢能力を持つユニットを1枚選び、そのターン中、パワー+4000。



クロノジェット同様こちらもキーワード能力の「勇敢」を得ましたね。
効果自体は結果だけ見れば青天の騎士と似てはいますがわりと別物。あちらが使いやすくなった「ソウルセイバードラゴン」のようなものであったのに対し、こちらは1体ずつ別々のスキルになっています。

1つ目のスキルはGB2・勇敢でアタック時にリアガードを強化。リアガードのラインは+8000されるので要求値が以前より上がるかもしれませんが、永続効果からアタック時の自動効果に変わってしまったのでバトル中のスペリオルコールによる連続アタックとはやや相性が悪いかもしれません。
ただ今現在ネクステージのようなバトル中にGゾーンに戻るタイプのGユニットがロイパラ・アルトマイルにはないので基本的には保険のスキルということになるのでそこまで気にならない気がします。

2つ目はライドフェイズ開始時に手札からユニットをコールし、そのユニットにパワー+4000。
このスキルはGBがついていないので仮に相手がG2で止めた(G2で再ライドを繰り返してシブリーズも止めた)としても使用可能。超越ボーナスもちでは珍しいですね。
難点としてはライドフェイズ開始時なのでライドしたターンは使用できない。初回超越でパワーを上げられるユニットが減ってしまいました。また出したユニットを+4000するので、以前と違って既に出ているユニットに選べる枚数が結果的に減ってしまいました。

3つ目は超越時に手札から1枚まで出したうえで勇敢持ちをパワー+4000。以前と違って選べる対象が決まっているうえ、もう1つのスキルがある関係で選べる枚数も1枚に減っていますが、その分ノーコストになっています。


他にも利点があるとすればこのユニット自身も勇敢能力を持っているので勇敢持ちを対象にした能力で選ぶことができます。
具体的にはホープソングエンジェルなどがそうですね。基本的にはG2・G1が優先されるでしょうが終盤選択肢にできるってことがスペリオルコールでデッキ圧縮する勇敢・アルトマイル軸なら重要になるかもしれません。


どちらにも良さがありますがこちらはパンプがノーコストなので他のユニットのスキルにCBを温存できる点と超越前に手札からユニットがコールできる点を活かしたいですね。



それ以外にTDで勇敢の発動をサポートするカードも出ていますね。


伝承の聖騎士 セルフェス
Gユニット 〈4〉 ロイヤルパラディン - ヒューマン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
(Gユニットはメインデッキに入れることができない)
【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
(超越した時、ハーツ1枚のパワーとカード名を得る。このユニットはターンの終わりに表で戻る)
【自】【(V)】:[【SB1】] このユニットがアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの手札から好きな枚数選び、裏でバインドし、あなたのリアガードを1枚選び、そのターン中、パワー+5000。そのターンの終了時、この効果でバインドされたカードをあなたの手札に加える。


練磨の騎士 アレクトス
G0 ロイヤルパラディン - ヒューマン パワー5000 / シールド10000 / ☆1
【自】:先駆(同じクランのユニットにライドされた時、(R)にコールできる)
【自】【(R)】【GB1】(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットがあるなら有効):[【CB1】,このユニットをソウルに置く] 各バトルフェイズの開始時、コストを払ってよい。払ったら、1枚引き、そのターン中、あなたのカードの勇敢能力は常に有効になる。
【起】【(R)】勇敢(あなたの手札が3枚以下で有効):[このユニットを【レスト】する] あなたのユニットを1枚選び、そのターン中、パワー+3000。



以前はパワーチャージ以外だと無理やり手札を減らすとかしかなく、それに加えてそのパワーチャージが勇敢能力持ちではなかったのでサーチするのにベノンとかが必要になりやや構築が歪んでしまっていたのですが今回はGユニットとFVなので使いやすい。FVのアレクトスに関しては自身も勇敢能力を持っているのでサーチもしやすいです。


セルフェスはアタック時に手札を任意の枚数バインド。全てバインドすればトリプルドライブ後も勇敢が有効になります。
難点としてはGユニットなのでそのタイミングで使うのは主にバトル中にも発動するリアガードの自動能力や永続能力ということになることでしょうか?とはいえこちらはタイミングの関係でベレヌスとも併用しやすいのはいいですね。


新FVのアレクトスはバトルフェイズ開始時にCB1・ソウルインで使いきりになりますがターン中勇敢が常に発動した状態にできるとLB4解除のような能力。
フィデスなどの強力なアタック時スキルが手札調整をしなくても使えるって点はいいですね。
またこのスキルは各ターンのバトルフェイズ開始時に使えるので相手ターンでも使用可能。エスコートイーグルやスカウティングオウル、その他新規Gガーディアンなどと合わせることもできるってのが面白い。
しかも1ドローもあるからアド損しないしね。


残念ながらメインフェイズの起動能力の勇敢能力(クロテニウスとか)は対象外になってしまいますが、それ以外はだいぶ使いやすくなりました。
特にコスト回復の「そにっくがる」や「ダマスカスの支援術師」などが使いやすくなったのがいいですね。CBガッツリ使えるようになるってのはいいよね。
再録ないと思ったらまさかの同型再販か……。手に入りやすくなるのはいいことなんだけどね。 

続きを読む »
 | HOME |