かげねこTCG書庫

主に遊戯王とヴァンガードのカードゲームブログ。気まぐれ更新。

[VG] 既に情報が出ていたカードたち

2017.10.21 (Sat)
ぶっちゃけるとほとんどグレドーラしか書いていなかったり(^_^;)

◆「再誕の救世竜」と「混沌と救世の輪舞曲」
「メサイア」と「カオス」、加えて「根絶者」や「グレンディオス」などが大幅強化!

一応各テーマで気になったものを挙げておくと

メサイア
・創世竜 ハーモニクス・ネオ・メサイア
・オルターエゴ・ネオ・メサイア
・定常宇宙の祈り子

カオス
・滅星輝兵 カオスブレイカー・デリュージ
・星輝兵 ストレンジ・ドラゴン
・星輝兵 ペンローズゲート


この辺りかな。
まず「メサイア」だけど、新しい切り札のハーモニクス・ネオ・メサイア。今回はガード制限でしたね。
発動すると全ユニットを解呪してしまうのがある意味でメリットですが、似たようなカードのエクセリクスと比べて自己強化の数値も自身のユニットのパンプ値も上。

その他にも初回超越に使えるGユニットが他にも追加されたり、あとメインVも2種目のオルターエゴ・ネオ・メサイアが追加されましたね。
以前と違ってメサイアのGユニットが超越したとき限定ですが、手札から1枚まで出せたうえでお互いのリアガードを呪縛。コストがかからなくなったうえに自分側は何もない状態からでも使えるようになりました。
またGB2のスキルは以前は解呪されるたびにSB1で1ドローだったのが、自分のターン終了時限定でターン中に解呪していたらSB1で1ドローになりました。発動タイミングが限定されて複数回使用することができなくなりましたが、その分1度の発動でドローできる枚数が多くなり、また前述のハーモニクス・ネオ・メサイアなどのターン中にすべて解呪してしまうようなユニットとも相性が良くなっています。
メサイア縛りがどの程度影響するかが気になるところ。

最後に定常宇宙の祈り子。ドロップゾーンからバインドし、自身のリアガード2枚を呪縛することで1ドロー。
攻撃回数が減ってしまいますが、最近はバトル中の除去もあるからそういう意味では確実に呪縛カードの枚数を確保できるとも考えられるし、解呪できることも考えるとコストとは?って思いましたね(笑)



次にカオス。
まず切り札のデリュージ。GB3と発動が遅いうえにSB1などのコストもかかりますが、相手の手札2枚を呪縛カードとして出させたうえで相手のダメージが4以下なら呪縛カードのうち1枚をダメージに裏のまま置かせることが可能。
手札2枚減らしたうえでダメージ1ってのは終盤かなりきついでしょうね。加えてダメージに置かせるカードはこちらが選ぶので前列を呪縛状態のままにもできるだろうから仮に倒せなかったとしても相手としてはきついだろうね。

カオスブレイカーの2種目も出ていたし、当然のように「カオス」のサポートカードも収録。
特にストレンジ・ドラゴンは登場時したターン限定とはいえノーコストで呪縛スキルが使えて、そうでなくも自己強化で要求値が取れる。加えて条件を満たせばブースト要員にもなるとか。

もう1つはペンローズゲート。「星輝兵」専用シシルス。
あと超越コストで切られたらSB1でデッキトップ7枚から「カオス」をサーチ。普通に「星輝兵」縛りで良かった気もするけどなー



まぁ、この辺りにしておこうか。既に発売してるし、他の専門の人たちが考察してるだろうし。

そういえばSGR今回で最後なんですよねー。わりとSGRは当てていただけにちょっと残念。
逆に考えると今度のZRを引ける可能性……




◆「The AWAKENING ZOO」
タイトル通りというか収録カードで分かってたけどズーのクランのみを集めたパック。
当然ズーのゼロスドラゴンも入るとかで、ヴァンガード史上最高パワーだとか。
まぁ、そもそもまだ究極超越がどういうものかわかってないんですけどね(^_^;)



それで3種目のアーシャ(ラナンキュラス)が収録されることが決まったわけですが、同時に敵側のグレドーラのテキストが公開されました。


百害女王 ダークフェイス・グレドーラ
G3 メガコロニー - インセクト パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【ターン1回】:[【CB1】] このユニットが(V)に登場した時か、あなたのGユニットが【超越】した時、コストを払ってよい。払ったら、縦列を1つ選び、次のターン中、相手はその縦列の(R)にカードをコールできない。(スペリオルコールもできない)
【自】【(V)】【GB1】:[【SB1】] あなたのライドフェイズ開始時、コストを払ってよい。払ったら、相手は自分のダメージゾーンから表のカードを1枚選び、裏にし、あなたは【CC1】。



まさか「ダークフェイス」名称だったとは……
オプティランドスから追加されたいた新しいクラン特性のコール(スペリオルコール)させない超越ボーナスおよび登場時スキルを持つ。
またGB1スキルでライドフェイズ開始時にSB1でCC1しつつ相手のCBを1つ減らすスキルを持つ。

以前のダークフェイスと比べると既に出ているリアガードには干渉できないですが、その分呪縛並に盤面を使いづらくするコール封じを持ち、加えて不足しがちなCBもSB1で調達しつつしかも相手のCB使用を妨害できるスキルを持っています。
これまでは上書きで逃げることができたので今のヴァンガードだと上書きして連パンとかまであったので正直止まらなかったわけで。ダークフェイスのGB2のコール時のレストスキルもSB2と重めでそこまで連発できるものでもなかったですし。

んでコール封じなら上書きの連パンとかは封じることができますね。片側を封じることができるのでパンチ数はそれなりに抑えることができそう。


それで問題は何のGユニットと合わせるのかってところですけど、その辺りは新規に期待ですかね?


あと気になるのはアニメのOPでダークフェイスも出ているんですが色とか違うからもう1枚別で出てもおかしくないですね。
出てもジェネシスやスパイクみたいに超越ボーナス意外とかかもしれませんけどね。とはいえグレドーラと既存のダークフェイスがかなり別の効果なので別デッキにするのもありかもしれないですね。


続きを読む »

[VG] 「超極審判」開封!

2016.08.27 (Sat)
既に月読氏とかには公開してるし、さっさと書こうか。
そもそも一日遅れてるし、今回はGRチャレンジもないしねー


GR
・罪深き者 シャルハロート

RRR
・黄金竜 グロリアスレイニング・ドラゴン
・グレンツェント・ヴァンピーア

RR
・天蓋の戦巫女 ハナサツキ
・創世獣 デスティニー・ガーディアン
・愛満ちる幻道化 マーヤ
・秋景の花乙姫 ヴェルナ
・アルボロス・ドラゴン “創聖樹”


といいつつG4シャルハロート当ててる人(笑)
ただ月読氏も当ててたから友人とトレードやな。結果的に月読氏への負債の支払いにもなるし。
ちなみにグランブルー・ダクイレ使いの友人は爆死したそうだ
続きを読む »

[VG] 「超極審判」のカード考察 (8/19)

2016.08.20 (Sat)
前回の記事で言ってた通り
「超極審判」発売まで1週間切ってるので各クランの新カード考察。

基本的に影猫Sが使用するクランから書いていくつもり。


◆ゴールドパラディン - 結束(ユナイト) -


黄金竜 グロリアスレイニング・ドラゴン
Gユニット 〈4〉 ゴールドパラディン - コスモドラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】結束(このターン中、あなたが(R)か(G)に2枚以上コールしていれば有効):[【CB1】,Gゾーンから裏の「黄金竜 グロリアスレイニング・ドラゴン」を1枚選び、表にする,あなたのリアガードを2枚選び、山札の下に好きな順番で置く] このユニットがアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、山札の上から7枚見て、Gゾーンの表のカードと同じ枚数まで探し、別々の(R)にコールし、山札をシャッフルし、3枚以上コールしたら、【CC1】/【SC1】。



まずはゴルパラ。

というわけでグロリアスレイニングドラゴンなわけだけどバトル中のスペリオルコールというわけで、結束はともかくリアガード2枚ってコストは先にR2体でアタックした後に前列を戻しつつ再展開ってことでスキル自体わりと良さげ。加えてゴルパラとしては範囲が広めのデッキトップ7枚からのGゾーン表の枚数だけスペコできて、なおかつ3枚以上スペコで実質ノーコストどころかSC1できる。


デッキとの相性としては

グルグウィント軸はジェフリーやヘリーなどのアタック・ブースト後にソウルインして場を空けられるカードがあるのでグロリアスレイニングでの再展開は効率が良さそう。ヘリーでバトル中にコストを揃えることもできるし。
ただ難点としてはGゾーンを表に向けられるカードが少ないところかな。不確定なライジングシャインとスピアクロスしかないし。

エイゼルはミスリル、解放者にはホーリーフレイムがあるのでその点ではグルグウィント軸と比べて展開量を増やしやすい気がする。
特に解放者の青き炎軸は最近Gガーディアンが出たことでやや火力の低いガード制限(G1以上)では倒しきれないことが多く、攻撃回数を5回に増やせるので相手のG0札を切らせやすく、枚数次第ではコストも帳消しできるので相性は良さそう。ブルーノなどもあるし。



その他には
・神聖魔道士 ラヴィニア
・残陽の騎士 ヘンリネス
・秋光の騎士 レガン
・朝明の騎士 ホルサ
…など。

特に良さげなのは以前も書いた通りヘンリネス。GB1でCB1・SB1で誓いアグロヴァル効果に加え、Vがグルグウィントなら自身と出したユニットに+3000。3000ってのはなかなか大きいね。自身は単体12000だし、大抵のG1なら単体10000、ベリーモールとかだと14000アタッカーになるし。



◆ロイヤルパラディン - 勇敢(ブレイブ) -


光輝の剣 フィデス
Gユニット 〈4〉 ロイヤルパラディン - ヒューマン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】:[Gゾーンから裏のカードを1枚選び、表にする,手札から1枚選び、捨てる] 山札からグレード2のカードを1枚まで探し、(R)にコールし、山札をシャッフルし、そのユニットが勇敢能力を持つなら、1枚引く。そのターン中、このユニットは『【自】【(V)】【GB3】 勇敢:このユニットがアタックした時、あなたのGゾーンに表の「光輝の剣 フィデス」があるなら、相手のリアガードを1枚選び、退却させ、あなたのユニットを2枚まで選び、そのターン中、パワー+5000。』を得る。



綺馬家の家宝だっけ?
手札1枚とGゾーンのカードを1枚表に向けることでG2をスペリオルコール、それが勇敢持ちなら1ドロー。さらにGB3・勇敢でGゾーンに表のフィデスがあるなら攻撃時に相手リアガードを1体焼きつつ、ユニット2体をパンプ。

前半の部分だけならGB縛りがないうえに、フィデスを表に向けなくても使えて、なおかつCBもかからないのがポイント。手札コストも回収できるし。
アルトマイル軸で初回超越でこれに超越して飛天を表にしつつG2をスペリオルコールできる。初回に飛天に乗ってもGガーディアンとかがいなければ前列全てに+3000しかできないしね。
もちろんその後に天元超克に乗ってもCB1で前列+4000とバトル中にスペリオルコールできるだけだから、もしかすると2度目は飛天の方がいいかもしれないね。

フィデスのアタック時勇敢自体も実はそこまで難しくないしね。終盤に退却スキルを使いつつパンプってのも悪くないし。


アルトマイル軸以外だと宝石騎士でエヴァンジェリンを表にしつつそーどみーを呼ぶってのも悪くないみたいだね。手札1枚が返ってこないけど、そもそも1:1交換だしそこから展開できるってのは悪くないし。


その他だと
・鮮烈の聖杖 アンドラギウス
・飛揚の騎士 ダニウス
・熟達の騎士 グレヌス
・エスコート・イーグル

新規のGガーディアンのアンドラギウスがG2が2枚以上かつ永続スキルなのでかなり使いづらい。今はてっくがるも入らないし。

勇敢持ちも増えてきてるけどグレヌスは使いづらい。グレード変動スキルに勇敢がついてるし、加えて火力出るだけでどーんがるみたいにガードには回らないし。

エスコートイーグルが抵抗持ちかつガード値上昇スキル持ちでわりと良さげ。



◆ペイルムーン - 奇術(マギア) -

獣花の大奇術 プラーナ
Gユニット 〈4〉 ペイルムーン - ヒューマン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
奇術 - 【起】【(V)】【ターン1回】:[【CB1】,Gゾーンから裏のカードを1枚選び、表にする,手札から1枚選び、ソウルに置く] ソウルから奇術能力を持つカードをGゾーンの表のカードと同じ枚数まで選び、別々の(R)にコールする。そのターンの終了時、あなたのGゾーンの表の「獣花の大奇術 プラーナ」が1枚以下なら、この効果でコールされたユニットをソウルに置き、2枚以上なら、この効果でコールされたユニットを好きな枚数選び、ソウルに置く。


愛満ちる幻道化 マーヤ
Gユニット 〈4〉 ペイルムーン - エルフ パワーなし / シールド15000 / ☆なし
【Gガーディアン】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で、あなたのGゾーンの表のGガーディアンが3枚以下なら使える) - 相手ターンのガードステップ - [手札から【治】を1枚選び、捨てる] 裏のこのカードを(G)にコールする。
奇術 - 【自】:このユニットが(G)に登場した時、あなたの奇術能力を持つヴァンガードがいるなら、そのバトル中、このユニットのシールド+5000し、ソウルから1枚まで選び、(R)にコールし、そのターンの終了時、この効果でコールされたユニットをソウルに置く。あなたの奇術能力を持たないヴァンガードがいるなら、【SC3】してよい。



ラミラビブースターが年度末に確定して収録が決まったペイルムーン。

プラーナはCB1で手札からカードをソウルに送りつつGゾーンの枚数までスペリオルコール。ターン終了時にGゾーン表のプラーナが2枚以上ならこの効果で出たやつを場に残せるといった感じ。

プラーナ2枚って条件自体は発動コストにプラーナを選ぶことでターン終了時に2枚になるからそこまで難しくはないけどどうなんやろ?CB1・手札1枚でGゾーンの表の分だけってのはちょっと使ってみないとわからんかな^_^;
まだペイルムーン使いこなせてない人


GガーディアンのマーヤはVが奇術持ちならそれだけで20000ガード。加えて奇術で1体スペリオルコール。

G2を呼べば実質25000ガードになれるのはもちろんだけど、これ自体が奇術持ちだからメフィストの展開枚数増やせるってのが重要かもしれない。もう1枚のGガーディアンのファーニバルはソウルは増やせるけど終盤は過剰になりがちだから十分使い分けられそうやな。
続きを読む »

【LJ】 根絶者 vol.1.0

2014.09.20 (Sat)
影猫Sが伊吹に!?



いや、映画観てないから台詞とかわからん^_^;




そういえばトライアルデッキの方は発売延期でしたっけ?
とりまネオンメサイアに入ってるRRRの根絶者双闘のメイトがTD限定なんですが(^-^;

しかも発売日的になんかの東京大会には間に合わないとか。


そもそも10月発売って映画公開から1ヶ月ぐらいだし、いろいろとタイミング逃してるような……。もったいない。


初めから先行発売なんてしなければ


imgMTD1_威圧する根絶者ヲクシズ
◆デッキレシピ
FV
遊泳する根絶者 ニヱ
グレード3
4:威圧する根絶者 ヲクシズ
グレード2
4:貪り喰う根絶者 ジェヰル
4:並列する根絶者 ゲヰール
4:追撃する根絶者 ヱゴット
グレード1
3:有毒の根絶者 ヱッダ
4:速攻する根絶者 ガタリヲ
2:略奪する根絶者 ガノヱク
4:拒絶する根絶者 ヱビル
グレード0
4:享受する根絶者 ヰゴール
2:蹂躙する根絶者 ヲルグ
4:進撃する根絶者 メヰズ
2:謳歌する根絶者 マヱストル
4:搾取する根絶者 ヰド
4:責苛む根絶者 ゴヲト
グレード構成
G3:G2:G1:G0=4:12:13:21
トリガー構成
☆:引:醒:治=6:6:0:4

TD4つと守護者とかで構築。いや、結構強いよ、これ。
しかもTD4つ勝ってもFVが無駄にならないし。
続きを読む »
 | HOME |