かげねこTCG書庫

主に遊戯王とヴァンガードのカードゲームブログ。気まぐれ更新。

ブラスター(セイバー) vol.1.5

2017.06.28 (Wed)
地味に堅実に。


◆デッキレシピ
グレード3
4:ブラスター・ブレード・エクシード
2:新風のブラスター リュー
1:孤高の騎士 ガンスロッド
グレード2
4:ブラスター・ブレード
2:ブラスター・ブレード・スピリット
2→3:スターホープ・トランペッター
4→3:光と闇の愛弟子 リュー
グレード1
4:月桂の騎士 シシルス
1:光の剣士 ブラスター・レイピア ローラ
4:ブラスターフレンド ばーくがる
1:小さな軍師 マロン
4:聖泉の巫女 リアン
グレード0
1:ういんがる・ぶれいぶ (FV
4:フローラルパラディン ふろうがる
4:あろんがる
1:幸運の運び手 エポナ
1:新星の騎士 リュー
2:まぁるがる
4:ますくがる
Gゾーン
4:聖騎士王 アルフレッド・ホーリーセイバー
2:神聖騎士 ガンスロッド・ピースセイバー
1:神聖竜 ミリアド・ソウルセイバー
2:飛天の聖騎士 アルトマイル
1:集光の聖騎士 オルビウス・アヴァロン
1:エアーエレメント シブリーズ
1:大いなる閃光 イゾルデ
1:小さな大賢者 マロン
2:神聖獣 ディバイン・ますくがる
1:ライトエレメント アグリーム → ダークエレメント ディズメル
グレード構成
G3:G2:G1:G0=7:12:14:17
トリガー構成
☆:引:醒:治=10:2:0:4

続きを読む »

アルフレッド・アーリー軸 vol.2.2

2017.04.23 (Sun)
まだ今年2つ目のデッキレシピの記事。しかも前回もアーリー軸だったようで……
公開していない【勇敢・アルトマイル】とか書くのもアリですね。【結束・グルグウィント】や【奇術・ハリー】とかはまだ未完成ですし。


◆デッキレシピ
グレード3
3:アルフレッド・アーリー (メインV)
2:王佐の騎士 ガルハール
2:孤高の騎士 ガンスロッド
グレード2
4:ブラスター・ブレード
2:スターホープ・トランペッター
4:気鋭の騎士 ロムス
2:救国の賢者 べノン
グレード1
1:小さな軍師 マロン
2:光の剣士 ユーノス
4:尖鋭の騎士 パリス
1:烈風の騎士 フディブラス
2:秘められし賢者 ミロン (リシャールでも可)
4:天祐の運び手 エポナ (完ガG)
グレード0
1:道標の賢者 エルロン (FV
4:フローラルパラディン ふろうがる
4:サイオン・ライダー
1:サンダーエレメンタル ゴロロ
1:ぴろろ
2:まぁるがる
4:世界樹の巫女 エレイン
Gゾーン
2:光輝の剣 フィデス
2:聖騎士王 アルフレッド・ホーリーセイバー
1:神聖竜 レジットソード・ドラゴン
2:転生竜 ホーリースクワイヤ・ドラゴン
1:撞着の大賢者 ジーロン
2:飛天の聖騎士 アルトマイル
1:神聖竜 ミリアド・ソウルセイバー → スノーエレメント バランチャー
1:レインエレメント マデュー
1:大いなる閃光 イゾルデ
1:神聖竜 レーザーガード・ドラゴン
1:ライトエレメント アグリーム
1:ダークエレメント ディズメル (or 神聖獣 ディバイン・ますくがる
グレード構成
G3:G2:G1:G0=7:12:14:17
トリガー構成
☆:引:醒:治=10:2:0:4

続きを読む »

[遊戯王/VG] 今月発売したものと今後発売するものについて

2017.04.22 (Sat)
前半は遊戯王、後半はヴァンガード

◇「CODE OF DUELIST」とリンク召喚
先週リンク召喚導入後初の通常ブースターが出ましたね。

んで実際環境自体は【トリックスター】と【星杯】みたいな一部のテーマを除いてほぼルール導入後と変わらないという。
仕様変更直前に出た【真竜】とか【恐竜】みたいなエクストラデッキに依存しないものは規制されていないから当然といえば当然ですね。

加えて汎用リンク、特に下・左下・右下方向のものがあまり出ていないのも影響しているかと。
仕様変更で弱体化したデッキが地属性主体のデッキ(ミセス・レディエント)か、デコード・トーカーを最初に出しても展開できるようなものじゃないと辛いままですし。

なによりリンク導入のブースターにARC-V終盤で登場した「覇王眷竜」だとかの枠が多過ぎる気がしました。
5月にコレクターズパック、6月にデュエリストパックと続くにもかかわらずこのブースターでもわりと多めに収録。
まぁ、デュエリストパックは過去のテーマのリメイクっぽいですが(真紅眼とかフィッシャーマンとか)、そもそも1月のブースターに収録するってこともできたはずですし。
加えて一部新ルールであまり使えなくなってしまった効果も少なくないようで。原作再現といえばある意味そうなんですが、それをしづらくなった新ルールなわけで、それを新ルールになって最初のブースターに収録する理由がよくわからないです。

要するに新ルール推したいのかこれまでのルール推したいのかよくわからない収録内容だなということ。実際売り上げが落ちているのはこれも理由の一つではないのでしょうか?
せめて各属性のリンクモンスターぐらいはまとめて収録しても良かったかと。その後に種族縛りとか出していくとか…。


肝心のリンクモンスターなわけですが、
特に汎用系のファイアウォール・ドラゴンとトポロジック・ボマー・ドラゴンがどちらもターン制限ついていない効果を持っているので今後のこと考えるとかなり危ないかと。現時点でもループというかソリティアというかできるようですし。


まとめると全体的に不安要素が多い収録内容だなと感じました。
次の通常ブースターが7月でしょうし、それまでリンクモンスターがストラクが出る【サイバース族】以外はあまり出そうにないのも残念。



◇今後発売するものたち
RRファイナルフォートレスファルコンは1枚ぐらい入れてもいい気がした。アルティメットファルコンと比べてやや火力が高く連続攻撃できるので詰めの段階で使う感じでしょうか?
とりあえず【RR】は性質上「RR」縛りがついてリンクモンスターを入れづらいタイプのデッキなのでRUM型で行く予定。ちょっと前にRRレヴォリューションファルコン・エアレイドが出たのでどのRUMからでもランク3~5の「RR」エクシーズでランク6の「RR」を出せるようになったので以前よりは戦いやすいですし。
とはいえ1ターンでフォースストリクスを3枚とかはできなくなりましたけど。


【オッドアイズ】関連をどうするか未定。覇王白竜オッドアイズ・ウイング・ドラゴンが正直微妙な性能だったので「覇王眷竜」を使うかどうかといったところ。



やはり仕様変更でアニメ再現がしづらくなってしまった点がホントにつらいですね(-_-;)

続きを読む »

[VG] 「The Blaster “Aichi Sendou”」のカード考察と関連名称

2017.04.02 (Sun)
先導アイチ登場記念!

いつも通りレジェンドデッキなので過去の懐かしのユニットたちがリメイクされています。
そんなわけで各カード考察と、今回強化された名称の「ブラスター」と「アルフレッド」についてまとめてみたり。


・ブラスター・ブレード・エクシード
V/R登場時にCB1でG1以上を退却。場所指定もないので範囲も広く、これだけ見ても強化版ブラスターブレードといった印象。
もう1つのスキルは「セイバー」Gユニットに超越したときにCB1で「ブラスター・ブレード」名称のカードをサーチ。次の超越コストや、後述のアルフレッド・セイバーのサポートをしたりいろいろ応用はききそう。サーチなので次の超越コストにもできたり普通にリアガードとして使えたりで選択肢が増えるものの、反面スペリオルコールではないので超越時のレリジャス・ソウルセイバーのパンプ先に選べなかったり、ブラスターブレードスピリットの登場時スキルは使えないので相性が悪い。

全体的に正統進化といった感じ。
超越ボーナス持ちなのでメインVとしても使えて、「ブラスター」や「ブラスター・ブレード」サポートでサーチでき、Rでも使える登場時スキル持ちのサブVとしても使えるので汎用性は高い。
どちらのスキルもCB1がかかるのでメインVとして使うならCCできるカードがあった方がいいと思います。




・聖騎士王 アルフレッド・ホーリーセイバー
GB2でCB1・手札1枚がコストでハーツが「アルフレッド」か「ブラスター」ならリアガードの「ブラスター・ブレード」名称のカードを+3000してツインドライブ!!を付与。
G2でもツインドライブができ、なおかつそのユニットの最初のアタックなのでアタック順がV→Rでも発動できる。

まぁ、あのGユニットと比較されるんだろうけどね。
とはいえあちらはGB2さえ達成すればむらくものどのデッキでも使えるわけで…。なおかつデッキにカードを戻せるし、Vを選べば先に特定のユニットを用意しなくても使えるしー……


いずれにしても目玉のGユニットとしては十分な能力だと思います。
強化する「ブラスター・ブレード」名称のカードとしてはやはりG2の元祖ブラスター・ブレードが無難かと。フローラル・パラディンふろうがるなどのサポートカードも使えますし。
これ自体には対象とする「ブラスター・ブレード」名称をサーチ・スペリオルコールする能力を持っていないですが、前述のブラスター・ブレード・エクシードの超越ボーナス等を使えば持ってこれるのでロイパラでこの条件を満たすのはそれほど難しくないですね。


続きを読む »

アルフレッド(アーリー軸) vol.2.0

2017.01.07 (Sat)
「光の剣士」名称を使うならオースを使った方がいいわけで…

◆デッキレシピ
FV
再起の騎士 スティウス
(or らいんがる or 道標の賢者 エルロン)
グレード3
4:アルフレッド・アーリー
3:王佐の騎士 ガルハール
1:孤高の騎士 ガンスロッド
グレード2
4:ブラスター・ブレード
3:気鋭の騎士 ロムス
1:ナイト・オブ・ツインソード
3:救国の賢者 ベノン
グレード1
3:月桂の騎士 シシルス
4:尖鋭の騎士 パリス
2:秘められし賢者 ミロン (希望の剣 リシャールでも可)
1:烈風の騎士 フディブラス
3:ホーリーナイト・ガーディアン
1:希望の守り手
グレード0
2:サイオン・ライダー
4:フローラルパラディン ふろうがる
4:夢の運び手 ベレヌス
2:まぁるがる
4:世界樹の巫女 エレイン
Gゾーン
4:飛天の聖騎士 アルトマイル
2:光輝の剣 フィデス
1:神聖竜 レジットソード・ドラゴン
2:転生竜 ホーリースクワイヤ・ドラゴン
1:撞着の大賢者 ジーロン
1:レインエレメント マデュー
1:エアーエレメント シブリーズ
1:神聖竜 レーザーガード・ドラゴン
1:鮮烈の聖杖 アンドラギウス
1:ライトエレメント アグリーム
1:ダークエレメント ディズメル
グレード構成
G3:G2:G1:G0=8:11:14:17
トリガー構成
☆:引:醒:治=10:2:0:4

続きを読む »

アルフレッド アーリー速攻 vol.1.5

2016.01.31 (Sun)
使い納め?まだ1月だけど。

◆デッキレシピ
FV
道標の賢者 エルロン
グレード3
4:アルフレッド・アーリー
3:王佐の騎士 ガルハール
1:孤高の騎士 ガンスロッド
グレード2
4:ブラスター・ブレード
3:光の剣士 ブラスター・アックス ゲラール
1:旋動の賢者 ベルク
3:救国の賢者 ベノン
グレード1
2:月桂の騎士 シシルス
4:光の剣士 ユーノス
1:烈風の騎士 フディブラス
3:秘められし賢者 ミロン
4:ホーリーナイト・ガーディアン
グレード0
4:幸運の運び手 エポナ
4:夢の運び手 ベレヌス
1:ぴろろ
3:まぁるがる
4:世界樹の巫女 エレイン
Gゾーン
2:転生竜 ホーリースクワイヤ・ドラゴン
4:飛天の聖騎士 アルトマイル
1:撞着の大賢者 ジーロン
1:レインエレメント マデュー
グレード構成
G3:G2:G1:G0=8:11:14:17
トリガー構成
☆:引:醒:治=9:3:0:4


続きを読む »

【先導者と根絶者】アルフレッド軸 vol.1.0 レシピ・解説 [追記アリ]

2015.10.19 (Mon)
とりまAmebaとかTwitterで先に画像だけ出しておいた「アルフレッド」軸。
メインVがアーリーのやつね。



〈2015/10/31 追記〉
◆デッキレシピ
FV
道標の賢者 エルロン
グレード3
4:アルフレッド・アーリー
3:王佐の騎士 ガルハール
1:孤高の騎士 ガンスロッド (魔法カード)
グレード2
4:ブラスター・ブレード
1:光の剣士 アーメス (仮)
3:光の剣士 ブラスター・アックス ゲラール
3:救国の賢者 ベノン
グレード1
2:月桂の騎士 シシルス
4:光の剣士 ユーノス
1:烈風の騎士 フディブラス
3:秘められし賢者 ミロン
4:ホーリーナイト・ガーディアン
グレード0
4:幸運の運び手 エポナ
4:夢の運び手 ベレヌス
1:ぴろろ
3:まぁるがる
4:世界樹の巫女 エレイン
Gゾーン
2:転生竜 ホーリースクワイヤ・ドラゴン
4:飛天の聖騎士 アルトマイル
1:朧の聖騎士 ガブレード or 撞着の大賢者 ジーロン
1:レインエレメント マデュー
グレード構成
G3:G2:G1:G0=8:11:14:17
トリガー構成
☆:引:醒:治=9:3:0:4

:「先導者と根絶者」収録カード
:G-1弾以降のブースターに収録がないもの(トリガーは省略・国旗マークのあるGレギュレーションに対応したものがないもの)


ただ…
デッキレシピ(各カードの配分とか)自体はカットでお願いします。

デッキレシピが気になる人は「速攻アーリー軸」で検索!
もちろん多少はいじってはあるけど、9割がた一緒で根本的には変わらないし^_^;

んじゃ、何やるの?ってなるんだけど
影猫Sなりに分析はしたし、あえてアーリーを使うメリットとかについて語ればいいんじゃないかなって思ったわけ。



◆「アルフレッド・アーリー」であるメリット
imgPR_アルフレッド・アーリー
・素のパワーが10000なのでエクシヴと違って双闘しなくてもマデューが使える
・(G2でブラブレに乗れていれば)ライド時にノーコストでアタッカーが出せる

エクシヴに関しては探索者名称全然入ってないしね。というか余ってないし^_^;

前者は初期の騎士王でも該当するけどそれは後者で差別化。


加えてアルフレッドのサポートカードに

光の剣士 ユーノス
G1 ロイヤルパラディン - ヒューマン パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】【ターン1回】:あなたのカードの効果で、他のあなたのユニットが(R)に登場した時、あなたのカード名に「アルフレッド」を含むヴァンガードがいるなら、そのターン中、このユニットのパワー+5000。


他のユニットがスペリオルコールされると要求値が上がるゲラールとユーノスがあるわけで、できれば毎ターンスペリオルコールを行いたいわけ。

しかもこれ地味にデッキからとか書かれてないからアルフレッドアーリーのソウルからスペリオルコールでも対応するんだよね。

アルフレッドのサポートカードはここ最近のテーマと比べてやや弱めだけど、速攻で使うならわりと悪くないので、CBが少ない序盤でもスペリオルコールを毎ターンする…って考えると3枚のアルフレッドの中でアーリーが適任なわけ。ブラブレに乗るって条件はあるけどノーコストなので。

ノーコストのスペリオルコールというと最近だと飛天アルトマイルだけど、枠の都合でシシルスも2枚しか入ってなくて、なおかつ2度の超越が必要。となるとマデューで確実に次の超越に備えられるってのも重要なわけ。


ちなみに……
ガルハールにライド CB2でスキル発動 → アルフレッドアーリーにスペリオルライド ライド時スキル → ブラスターブレードをスペリオルコール

…で前列全て埋めたりとか


エルロンのスキル発動 → ベノンをスペリオルコール → ミロンをスペリオルコール

…でアド取ったりとかわりといろいろできます。



◆追加したカード
○光の剣士 アーメス
imgGCMB01_光の剣士 アーメス
G2 ロイヤルパラディン - ヒューマン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】:このユニットがアタックした時、あなたのカード名に「アルフレッド」を含むヴァンガードがいるなら、そのバトル中、このユニットのパワー+2000。
【自】【(R)】:[【CB1】] このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、あなたのカード名に「アルフレッド」を含むヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札からカード名に「ブラスター・ブレード」を含むカードを1枚まで探し、このユニットのいる(R)にコールし、その山札をシャッフルし、そのユニットの【自】を1つ選び、そのターン中、次にその能力のコストを払うまで、そのコストを[(0)]にする。((0)は支払いを宣言することでコストを払える)



さっき貼った画像にも写ってるけどアーメスをピンで採用。

単純に飛天アルトマイルとホーリースクワイヤと相性がいいのと、4積みしてあるブラブレにもう1つ仕事ができるから。
普通に使っても11000アタッカーだしね。


ただガンスロッドとは相性悪いんだけどね。まぁ、ガンスロッドには今は超越コストって仕事があるし…
ガンスロッド「それってますます魔法カードになってるんじゃ…」


○烈風の騎士 フディブラス
G1 ロイヤルパラディン - ヒューマン パワー6000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】:[あなたの手札から1枚選び、捨てる] あなたのカード名に「アルフレッド」を含むヴァンガードがアタックされたバトルのガードステップ開始時、コストを払ってよい。払ったら、このユニットを(G)に【レスト】で移動し、そのバトル中、このユニットのシールド+10000。


要するに場に出してもガーディアンに回せるブースター。切るカード次第ではむしろガード値上がるね。
速攻デッキなので割と出せるユニットなら出したいときあるし。
位置としてはエルロンがスキル使って空いたV裏とか、あるいはベノンで呼ぶかといったところ。


ちなみにこのデッキでは関係ないけど
双闘しててもエゼルには使えないので注意。あくまでアタックされてるのはエゼルだからって解釈でいいと思う。
続きを読む »

ブラスターブレード探索者の天敵はかつての自分自身?対“双闘(レギオン)”用デッキ(笑)

2014.03.11 (Tue)
imgTD14_ブラスターブレード探索者imgTD14_探索者セイクリッドういんがる
探索者となったブラブレの天敵はかつての自分?

どうも影猫Sです(^・x・^)
今回はいきなりレシピ↓

◆デッキレシピ
FV
ういんがる・ぶれいぶ
グレード3
1:マジェスティ・ロードブラスター
1:ソウルセイバー・ドラゴン
2:孤高の騎士 ガンスロッド
グレード2
4:ブラスター・ブレード
3:ブラスター・ダーク
1:ブラスター・ブレード・スピリット
グレード1
4:小さな賢者 マロン
4:ぽーんがる
3:友誼の騎士 ケイ
2:魂を導くエルフ(●)
1:ナイトスクワイヤ アレン(●)
3:哀悼の宝石騎士 ウリエン (●)
グレード0
2:アラバスター・オウル(○)
4:幸運の運び手 エポナ(○)
3:宝石騎士 ノーブル・スティンガー(○)
3:炎玉の宝石騎士 ラシェル(○)
2:まぁるがる
2:世界樹の巫女 エレイン
グレード構成
G3:G2:G1:G0=4:8:21:17
トリガー構成
☆:引:醒:治=12:2:0:2
http://cf-vanguard.jp/deck168180.html


要するにG1速攻。
○・●は合計枚数さえ同じであればどれが何枚でもOK。
まぁ正直☆16でもやれないことはないと思います。


やることは単純。
序盤から展開しまくって相手がブレイクライドとかできないぐらいの速さで押し切るww


ぶっちゃけアニメの第2話みたいに
imgVGa_2話ブラスターブレード
Vのブラスタ―ブレードがフィニッシャーになることも少なくなかったり(笑)

ブラスターブレードにライドすることも多いから
imgVGa_孤高の騎士ガンスロッド
ガンスロッドがフィニッシャーになることもww


ちなみになぜ双闘対策かっていったら…

双闘
【起】【(V)】:【双闘】(20000)[(指定カード)](相手ヴァンガードがグレード3以上なら、
このユニットは1度だけドロップゾーンから4枚山札に戻し、山札から指定カードを探し、双闘できる)

G1はちょっと厳しいけど、G2のままでも戦えないことないから双闘能力発動させずにファイトできる…かもww
双闘ギミックで戦うデッキは能力発動できずに決着ってこともあるのでは?


天敵は無敗怪人アベェクトロゼウス。
ライド時のG1全退却とかくらったら間違いなく詰みます。
そうじゃなくともインターセプトも少ないのでメガコロとは相性悪いです。


というネタデッキでした(^・x・^)
いちおうシャドパラは8枚だからこのままでも大会出れるんだったっけ?ロイパラなら10枚までシャドパラ入れれた気がするし。

【掲載内容】当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。 (C)bushiroad All Rights Reserved.

ブラスターサンクチュアリ vol.1.5

2014.01.03 (Fri)
ロイパラは影猫Sの代名詞!
…嘘です。去年はゴルパラばかり使ってましたww

まぁ、それはさておき2014年最初のヴァンガードの記事は
影猫Sがヴァンガードで最初に作ったクラン、ロイヤルパラディンデッキを紹介します。

imgFC_ブラスターブレードSP
◆デッキレシピ
FV
ういんがる・ぶれいぶ
グレード3
4:サンクチュアリガード・ドラゴン
2:騎士王 アルフレッド
1:マジェスティ・ロードブラスター
1:爆炎の剣士 バロミデス
グレード2
4:ブラスター・ブレード
4:ブラスター・ブレード・スピリット
3:スターコール・トランペッター
グレード1
4:小さな賢者 マロン
3:湖の巫女 リアン
3:希望の剣 リシャール
4:閃光の盾 イゾルデ
グレード0
2:アラバスター・オウル
4:幸運の運び手 エポナ
3:炎玉の宝石騎士 ラシェル
3:まぁるがる
4:世界樹の巫女 エレイン
グレード構成
G3:G2:G1:G0=8:11:14:17
トリガー構成
☆:引:醒:治=9:3:0:4
トリガー等別名同能力カードでも可
続きを読む »

【ロイパラ】エクスカルペイトブラスター軸

2013.08.08 (Thu)
サンクチュアリガードにリシャール×2が入れられるようになったけど
正直微妙(-_-;)

騎士王以外に有用なサブVがいないのが問題なんでしょうけど、いないものはどうしようもないですし。



◆デッキレシピ

FV
ういんがる・ぶれいぶ
グレード3
2 エクスカルペイト・ザ・ブラスター
1 マジェスティ・ロードブラスター
4 白竜の騎士 ペンドラゴン
2 サンクチュアリガード・ドラゴン
2 孤高の騎士 ガンスロッド
グレード2
4 ブラスター・ブレード
グレード1
4 小さな賢者 マロン
4 湖の巫女 リアン
2 みるびる
2 閃光の盾 イゾルデ
2 閃光の宝石騎士 イゾルデ
グレード0
4 ばーくがる
4 未来の騎士 リュー
3 幸運の運び手 エポナ
3 まぁるがる
2 ふろうがる
4 世界樹の巫女 エレイン
グレード構成
G3:G2:G1:G0=11:4:14:21
トリガー構成
☆:引:醒:治=7:3:2:4
トリガー等別名同能力カードでも可
続きを読む »
 | HOME |  Next »