かげねこTCG書庫 新館

主に遊戯王とヴァンガードのカードゲームブログ。気まぐれ更新。

[VG] 天舞竜神 カード考察(未考察分)

2016.11.15 (Tue)
タイトル通り。スリーブの話とかもあるけどその前に部屋の片づけが終わらないと自室で撮影できないから週末ぐらいまでには……
その関係で前回の画像もいつもと違うところで撮ってたり


◆なるかみ
○雷激
・征天覇竜 ドラゴニック・ヴァンキッシャー“VMAX”
当てたのにまだ考察してなかった(笑)
Gゾーン表の「ヴァンキッシャー」の数だけ相手リアガードにも同時アタック。加えてアタック後に雷激5・相手のリアガードがいなければ相手にダメージ1!

ヴァンキッシャー軸の弱点でもあった抵抗持ちに対する回答のバトルでの退却スキルでもあるし、雷激でのバーンスキルは条件が厳しい分ダメージの枚数に関係なく使用できる。
加えてGゾーン表の「ヴァンキッシャー」の枚数が関係するだけで同時攻撃のスキル自体は追加でコストかからないので、Gゾーンの枠は使うが初回ゾラスの代わりにVOLTAGEに乗れば次の超越からリアガード2体にも同時攻撃の選択肢が取れるわけやな。
雷激5に関しては専用デッキじゃないと正直満たしづらいのでそれ抜きにして汎用的に使えなくもないね。
正直専用デッキでも相手依存のバインドが多くてわりと厳しい

また雷激5のバーンスキルはわりと最近増えているガード時にスペリオルコールするカードで対策されてしまうので不発になることも少なくなかったり。


・トレイニーモンク・ドラゴン
雷激で9000アタッカーになり、ソウルインすることでVのヴァンキッシャーのアタック対象を増やすことができる。
実質1:1交換だけど、ソウルは増えるしVMAXの条件を満たすために使うかもしれない。


・ドラゴンダンサー ファティン
雷激2の縛りがついたかわりに、SB1・パワー6000になったライフェニ。
ヴァンキッシャー軸だとソウルを溜める手段がそこまでないうえにわりとソウルを使うので1枚でも消費が少ないのは助かる。
また雷激2なら初回超越で超越スキル+FVのスキル辺りで満たせるのでそこまで難しくない。



雷激縛りが多いわりに肝心のバインドゾーンを増やせる札が相手依存(ヒット時など)が多いので確定でバインドさせられるカードが増えればもう少し使いやすくなると思うんだよなー
専用のヴァンキッシャー軸でさえこれだから多少かじる程度の他の軸ではなかなか満たせそうにないね(^_^;)



○ディセンダント
・抹消者 ストライクスラッシャー・ドラゴン
「ディセンダント」専用カード。
ブーストしたアタックヒットでCC1。Vの「ディセンダント」のアタックがヒットしていなかったらSC1。
似ているようで微妙に違うヒット時関連のスキル。特に両方をコストにする「Z」には重要かもしれない。



ディセンダントのサポートカードは主軸にするにはまだ辛い気がするんですよね(・_・;)

続きを読む »

[VG] ここ最近公開された新カード (天舞竜神など)

2016.10.22 (Sat)
ほぼ2週間ぶり?
こちらも更新再開します。

◆竜魔導の儀式
・「覚醒を待つ竜 ルアード」
新しいシャドウパラディンの超越ボーナスユニットですね。
超越時のスキルはCB1・リアガードを1体退却してデッキからG1以下を2体コール。
もう1つのスキルは新スキル「儀式(リチュアル)3」でドロップゾーンのノーマルユニット2体をデッキに戻すことで超越できるスキル。手札を切らずに超越できるってことですね。ライドフェイズ開始時のスキルだから再ライドでルアードにライドしてからは発動できないって感じでしょうか?

ほぼ公開直前でアニメでも使っていたのであまり語ることはないかもしれないですが、
超越時のスキルでドロップゾーンにG1を送りつつ、儀式3でその後の超越をしやすくするといった感じでしょうか。

「儀式」についてはG期に各クランに配られているキーワード能力にありがちな条件達成型でしたね。
達成のしやすさに関してはまあまあといったところ?G期のシャドウパラディンはスペリオルコールはG1が中心ですし、初期からある自身のリアガードを退却するスキルもあるので呼んできたG1を退却させて条件達成するってのは動きとしてはきれいだし。

TDと天舞竜神までは儀式3までが中心(というよりも基本?)らしいですが、今後3よりも大きい数字のときに得られるスキルが気になるところですね。

返しのターンにどんな手札でもほぼ超越できるってのはいいよね



◆天舞竜神
○シャドウパラディン
・「天空を舞う竜 ルアード」
今回のパッケージのカード。RRRでしたね(G期で前例ありましたっけ?)

登場時・儀式3・SB1でGゾーンのカードを表にしつつGゾーンの表の同名カード1まいにつき1体デッキからG1をスペリオルコール。さらに呼びだされたユニットをドロップゾーンのカード1枚につきパワー+1000。

スキル自体は複数のユニットを同時コールできるスキルなので各種退却スキルで退却させた分を補充できたりするから弱くはないと思うのですが、既存のシャドパラのGユニットとの兼ね合いが大変そう。
スキル的に3~4枚入れたいタイプのユニットで、シャドパラのGユニットはオーラガイザーやDiabloなどGペルソナ系が多いのでGゾーンが16枚に拡張したとはいえ枠が厳しそう。
また初めの超越の段階で安定して儀式3を達成できるのかも怪しい。かといって2回目以降の超越で2体以上コールするためにこれを表に向けられるGユニットもシャドパラだとスペクトラルブラスターしかいなかった気がするし。

あと「ルアード」指定のサポートカードにどのようなものが来るかも気になりますね。Diablo同様デッキ内でグレードを下げるスキルを持つG2・G3がありそうな気もします。


・「アビサル・オウル」
「覚醒を待つ竜 ルアード」が超越コストをなくすスキルを持っているので、通常のシシルス互換ではなく別のスキルできましたね。今後はこういうのも増えるんですかね?
「クロノファング」指定でこういうのってありましたっけ?

登場時デッキトップ7枚から「ルアード」をサーチ、手札に加えた場合はグレードが3以上になるように手札を捨てる。
シシルス互換やカロンなどと違い確定サーチができないかわりにG3がなくても使用できるといって感じでしょうか。

加えて儀式3で「ルアード」のスキルで退却時にCC1。今のところG3の「ルアード」のスキルかあるいは「ルアード」から超越したGユニットで発動するといったところ。(G4ルアードに退却スキルがないので)
とはいえ新カードにCB・SBどちらもあるのでサーチスキル持ちが他にも役割があるってのは悪くない。


ボチヤミサンタイ


○なるかみ
・「護天覇竜 ブルワーク・ドラゴン」
雷激3で25000、バトル終了時に相手のバインドゾーン4枚につき1体前列のレスト状態のユニットを退却されるGガーディアン。

控えめに言っても使いづらいですね(^_^;)
というのも雷激3は雷激軸(具体的にはヴァンキッシャー)かあるいはヴィシュヌが使えるノーブル軸以外だと、ヒット時効果のゾラスやVOLTAGEやチャトゥラ、もしくはツインソード互換のボルテージホーン辺りの相手依存もしくは少ない枚数のバインドスキルしかないので満たしづらい。特に比較的名称縛りがきつい抹消者辺りはなおさら。

加えてバトル後の退却スキルは実質雷激4以降のスキルで、それでいてバトル終了時、そのうえ対象が前列かつレスト状態なのが厳しい。
バトル中のディナイアルはさすがに強すぎたからしょうがないとしても、退却対象がタイミングの関係で最近少なくないバトル醜状時にスタンドしたり、他のユニットと入れ替わるユニットたちのスキルにタイミングの関係(同時にスキルが発動する場合ターンプレーヤーから解決するルール)で干渉できないってのも厳しい。

一応G3ヴァンキッシャーだとGB2スキルでパンプできるんやな。

とまぁ、まとめると雷撃軸ならそれなりに安定して25000ガードになってついでに1体ぐらいは焼そうだけど、ヴリトラ以上に汎用性はなさそう。今後確実にバインドできるGユニット・Gガーディアンが出れば評価変わるかもしれないけど。


●抹消者(ディセンダント)
前回は名称枠は抹消者の中でも「ガントレッドバスター」がメイン(あと喧嘩屋)の強化だったけど、今回は満を持して「ディセンダント」の強化!
「抹消者 ドラゴニック・ディセンダント」もRRRで特別再録されるね。


・「真・抹消者 ドラゴニック・ディセンダント “Z”」
コストにSB2が追加されて手札コストに名称縛りがなくなりクリティカル値も上がらないが、トリプルドライブ→ツインドライブになったGユニット版の「ディセンダント」。
ダイカイザーとかと同じようなタイプのGユニットやな。

初回超越からでも使えるのでワンチャン3ノーからでも決められる可能性もある。(もちろんトリガー頼りになるけど)
単純に1度目のアタックをノーガードしてきたらトリプルドライブで止めをさせる可能性は高くなってるね。両方とも止めるにしてもGユニットだから要求値は大きくなるし。

難点はSB2がコストに追加されたことでなるかみのアド取り要員の「ライジング・フェニックス」が使いづらくなったこと。
手札コストに抹消者縛りがなくなったからそういう意味でも残念かな。


んでサポートカードもそれなりに追加。

・「抹消者 ドラゴニック・デスサイズ」
抹消者でリメイクされたデスサイズ……、といいたいけどわりと別物だね。
どちらのスキルも「ディセンダント」名称が関わっていて、Vがディセのときに登場時CB1で相手が選んでの退却と、元々のカード名に「ディセンダント」を含むユニットがVに登場したときにリアガードからソウルインすることで前列退却。

旧デスサイズと違ってCBは軽くなったけどG2ライドターンではスペリオルライドギミックを使わない限り使用できないが、そのタイミングで焼きたいならFVをリンチュウにするって選択もあるからそこまで気にならないか。ただ指定して焼けなくなったのは残念。
ソウルインして1:1交換の退却スキルも発動タイミングは遅いがG4ディセンダントのSB2のコストになれるのはあって困るスキルではないし、なによりスキルを使用してある意味では用済みのこのユニットを1:1交換で退けられる可能性があるってのは悪くないと思う。


・「抹消者 ライトニング・フェニックス」
・「怨毒の抹消者 セイオウボ」
どちらも「ディセンダント」名称のヴァンガードがアタックしたときにCB1で自身と他のユニットをパワー+4000するスキル持ち。なるかみではわりとよくあるパンプスキル。
ディセンダントのVスタンドスキルが発動すれば自身が+8000と+4000を2回ふれる可能性はあるが、ややCB効率がよくないかもしれない。CCできるユニットが他に追加されるかによりそう。




○ギアクロニクル
●十二支刻獣
・超刻獣 スプリット・ペガサス
初のGゾーンで表になっているだけでスキルが発動するユニット。
もう1つのスキルもCB1・Gゾーンを表にしつつ、リアガード1体をデッキに戻して、そのユニットのグレードー1の十二支刻獣をデッキから2体スペリオルコール。時翔ではないので単純に1枚が2枚になるわけだね。
いろいろと他のクラン特性が混ざってきているのような……

その他ギアクロの十二支刻獣とかエンフェの守護天使とかも追加きてるけどあまり詳しくないのでパスで。

続きを読む »
 | HOME |