かげねこTCG書庫

主に遊戯王とヴァンガードのカードゲームブログ。気まぐれ更新。

ブラスター(セイバー) vol.1.5

2017.06.28 (Wed)
地味に堅実に。


◆デッキレシピ
グレード3
4:ブラスター・ブレード・エクシード
2:新風のブラスター リュー
1:孤高の騎士 ガンスロッド
グレード2
4:ブラスター・ブレード
2:ブラスター・ブレード・スピリット
2→3:スターホープ・トランペッター
4→3:光と闇の愛弟子 リュー
グレード1
4:月桂の騎士 シシルス
1:光の剣士 ブラスター・レイピア ローラ
4:ブラスターフレンド ばーくがる
1:小さな軍師 マロン
4:聖泉の巫女 リアン
グレード0
1:ういんがる・ぶれいぶ (FV
4:フローラルパラディン ふろうがる
4:あろんがる
1:幸運の運び手 エポナ
1:新星の騎士 リュー
2:まぁるがる
4:ますくがる
Gゾーン
4:聖騎士王 アルフレッド・ホーリーセイバー
2:神聖騎士 ガンスロッド・ピースセイバー
1:神聖竜 ミリアド・ソウルセイバー
2:飛天の聖騎士 アルトマイル
1:集光の聖騎士 オルビウス・アヴァロン
1:エアーエレメント シブリーズ
1:大いなる閃光 イゾルデ
1:小さな大賢者 マロン
2:神聖獣 ディバイン・ますくがる
1:ライトエレメント アグリーム → ダークエレメント ディズメル
グレード構成
G3:G2:G1:G0=7:12:14:17
トリガー構成
☆:引:醒:治=10:2:0:4

続きを読む »

[VG] 「The Blaster “Aichi Sendou”」のカード考察と関連名称

2017.04.02 (Sun)
先導アイチ登場記念!

いつも通りレジェンドデッキなので過去の懐かしのユニットたちがリメイクされています。
そんなわけで各カード考察と、今回強化された名称の「ブラスター」と「アルフレッド」についてまとめてみたり。


・ブラスター・ブレード・エクシード
V/R登場時にCB1でG1以上を退却。場所指定もないので範囲も広く、これだけ見ても強化版ブラスターブレードといった印象。
もう1つのスキルは「セイバー」Gユニットに超越したときにCB1で「ブラスター・ブレード」名称のカードをサーチ。次の超越コストや、後述のアルフレッド・セイバーのサポートをしたりいろいろ応用はききそう。サーチなので次の超越コストにもできたり普通にリアガードとして使えたりで選択肢が増えるものの、反面スペリオルコールではないので超越時のレリジャス・ソウルセイバーのパンプ先に選べなかったり、ブラスターブレードスピリットの登場時スキルは使えないので相性が悪い。

全体的に正統進化といった感じ。
超越ボーナス持ちなのでメインVとしても使えて、「ブラスター」や「ブラスター・ブレード」サポートでサーチでき、Rでも使える登場時スキル持ちのサブVとしても使えるので汎用性は高い。
どちらのスキルもCB1がかかるのでメインVとして使うならCCできるカードがあった方がいいと思います。




・聖騎士王 アルフレッド・ホーリーセイバー
GB2でCB1・手札1枚がコストでハーツが「アルフレッド」か「ブラスター」ならリアガードの「ブラスター・ブレード」名称のカードを+3000してツインドライブ!!を付与。
G2でもツインドライブができ、なおかつそのユニットの最初のアタックなのでアタック順がV→Rでも発動できる。

まぁ、あのGユニットと比較されるんだろうけどね。
とはいえあちらはGB2さえ達成すればむらくものどのデッキでも使えるわけで…。なおかつデッキにカードを戻せるし、Vを選べば先に特定のユニットを用意しなくても使えるしー……


いずれにしても目玉のGユニットとしては十分な能力だと思います。
強化する「ブラスター・ブレード」名称のカードとしてはやはりG2の元祖ブラスター・ブレードが無難かと。フローラル・パラディンふろうがるなどのサポートカードも使えますし。
これ自体には対象とする「ブラスター・ブレード」名称をサーチ・スペリオルコールする能力を持っていないですが、前述のブラスター・ブレード・エクシードの超越ボーナス等を使えば持ってこれるのでロイパラでこの条件を満たすのはそれほど難しくないですね。


続きを読む »
 | HOME |