かげねこTCG書庫

主に遊戯王とヴァンガードのカードゲームブログ。気まぐれ更新。

[遊戯王/VG] 所持デッキと今後作るデッキ

2017.06.24 (Sat)
業務連絡っぽいものもあったりして

■現在の所持デッキ
○遊戯王
リンク召喚が導入されてから約3か月。まだ調整できていないデッキはありますね。
今回のリミットレギュレーションでレスキューキャットがもう1枚積めるようになったのでまずはローレベル獣のデッキを調整したいところ。ミセスが地属性・獣族なのが素晴らしい。

あとは開闢が無制限なのでカオスソルジャーとか、カオス系のデッキに入れるかどうかってところ。
カオスソルジャーはキーカードの混沌の場がテラフォが準制限でややサーチしづらくなったのでその辺りの調整が必要かもしれないですね。


んでとりあえずジャンドとガガガ辺りの主人公系統のデッキをそろそろ使えるようにしたいところ。

ジャンドはボウテンコウからの展開方法があるんですが、覚えきれていないのと、わりと最近ボウテンコウをはじめとした竜星カードが大会でも活躍していたりするので次の規制が怖いところ。
まぁ、そうなったらそうなったで白黒ジャンドとかの構築もあるんですけど。

ガガガも横にエクシーズモンスターを並べづらくなったのでリベンジでの火力UPがやや狙いづらくなってるけど、こっちはこっちで構築パターンが多いし案外なんとかなりそう。

それとブラマジ。魔法族の里で制圧する型だったけど、7月のブースターに召喚条件的に出しやすいリンクモンスターの「アカシック・マジシャン」が収録。同種族2体で魔法使い族なのでデッキの方針変えたほうがいいかもしれないですね^_^;
バテルが欲しいんだよなー


ハーピィとかもどうするか未定。


ちなみに水晶機巧とかはエクストラモンスターゾーンの導入でアクセルシンクロとかはしづらくなったけど、逆にやれることが増えた模様。具体的にはチューナーが2体並んでるときとか、今までだと処理に困ってたジェネクス・コントローラーがリンク・スパイダーで使いやすくなったし。
そもそもなんだかんだでリンク召喚なしでも主力のシンクロモンスターとかは出せるし。

ただ気になるのは星杯との混合型。正確には星杯にジェネクスの一部が入って、それに一緒に水晶機巧からローズニクスが派遣されてるのでそれをさらに水晶機巧とかシンクロに寄せる型とか考えても面白そうだなーとか思ったり。

とはいえその構築試すのはもう少し後かな。星杯のカードも持ってないし、なにより「普通の星杯で良くね」って言われる可能性もあるし。
ただウンディーネとローズニクスとリンクスパイダーの組み合わせは使えそう。



○ヴァンガード
一部のデッキがやっとまとまってきた感じ。
そろそろデッキレシピを書いていきたいところ。

あとはちょっと前のことだけどなるかみに除去能力持ちのGガーディアンが入ったからそれを含めたプレイングとかも究めていきたいところ。


続きを読む »

[遊戯王] サイバースストラク発売!

2017.06.17 (Sat)
いつも通りリミットレギュレーション触れようと思ったけど、パス。
というのも書くのが遅れたのと、あまり今期触れてなかったからありふれたことしか書けないし。そうだったら記事としてもつまらないかなーみたいな感じで。

しいていうなら「天地開闢」で確定で開闢の使者サーチできるようになったのが気になるかなーってところ。
そうでなくても開闢が無制限で、ブラックホールが準制限ってなかなか恐ろしい時代だなーとか。

あとは所持デッキのいくつかで使ってる・使えるカードが緩和されたのがどうかなーってところ。

◆サイバースの新規が大量に収録!
というわけで早速買ってきました。

「ストラクチャーデッキ-サイバース・リンク-」3箱。


今回はデッキ名からもわかる通りサイバース族関連のストラクで、新規のカードも

・デジトロン
・ドットスケーパー
・クラインアント
・バックリンカー
・バランサーロード
・ROMクラウディア
・ブート・スタッガード
・デュアル・アセンブルム
・サイバネット・バックドア
・リコーデッド・アライブ
・エンコード・トーカー
・トライゲート・ウィザード
・バイナル・ソーサレス

とわりと多め。



一部は過去にも触れていて被る内容もあるけど、あらためて書くと…


エンコード・トーカー
リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/下/右下】
サイバース族モンスター2体以上
(1):1ターンに1度、このカードのリンク先の自分のモンスターが、そのモンスターより攻撃力が高い相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。
その自分のモンスターはその戦闘では破壊されず、その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
そのダメージ計算後、このカードまたはこのカードのリンク先の自分のモンスター1体を選び、その攻撃力をターン終了時まで、その戦闘を行った相手モンスターの攻撃力分アップする。



今回の目玉カードの1つ。CMでもCGで描かれていますね。
効果としては少々まわりくどいですが、まずリンク先のモンスターが自身よりも攻撃力が高い場合に戦闘破壊耐性を付与しつつダメージも0に。その後戦闘した相手モンスターの攻撃力を自身かリンク先のモンスターに付与するというもの。よくある戦闘サポートとオネストが合わさったような効果。
リンク先であれば最初に攻撃するモンスターは攻撃力が相手より低ければなんでもいいのでトークンなどで攻撃するのが良さそうですね。サイバースはわりとトークン生成する効果持ちが多いですし。

またこのカードはデコード・トーカーと違ってサイバース・ガジェットからリンクモンスター1体経由で召喚可能。
デコード・トーカーは効果モンスター2体以上なのでトークンが使えずなにかしらリンクモンスターを経由する必要がある


難点としてはやはり単体では機能しないこととそれなりに妨害を受けやすいこととか。
そもそもデコード・トーカーがわりと完成したカードって感じですし
効果自体はアニメでやったら映えそうな効果だと思うのですが、アニメで出たりするんですかね?一応デコード・トーカーと対になっているわけだし、出そうな気もするんですが……。
ARC-V期のストラクだと最初の魔術師やオッドアイズ関連はスルーで、次のDDはわりと使われて、最後の魔術師のストラクはアストログラフだけだったりで正直読めない




トライゲート・ウィザード
リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/サイバース族/攻2200
【リンクマーカー:左/上/右】
トークン以外のモンスター2体以上
(1):このカードと相互リンクしているモンスターの数によって以下の効果を得る。
●1体以上:このカードと相互リンクしているモンスターが相手モンスターと戦闘を行う場合、そのモンスターが相手に与える戦闘ダメージは倍になる。
●2体以上:1ターンに1度、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
●3体:1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし除外する。



もう1つの目玉カード。
ファイアウォール・ドラゴン同様相互リンクを条件とするリンクモンスターで今回はその数が特に重要なるモンスター。
効果自体は1体でリンク先にオッPの効果、2体で1ターンに1度のフィールドのカードを除外、3体で効果の発動を無効にしつつ除外するといったもの。
使うのであれば最低でも2体は満たしたいところ。
1体の戦闘補助の効果はぜひ前述のエンコード・トーカーと合わせて使いたいところ。
3体のときの効果無効は最終的に除外するので、ここ最近増えまくっている破壊時や墓地から除外することで発動するような効果も防ぐことができますね。ただ現状サイバース族単体でこれを満たすのはわりと苦しい気がします。

縛りもトークン以外なら問題ないということでファイアウォールドラゴン同様その他のデッキでもかなり使われそうな気がしますね。





その他だと待望のサーチカードも追加。


サイバネット・バックドア
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドのサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外し、そのモンスターの元々の攻撃力より低い攻撃力を持つサイバース族モンスター1体をデッキから手札に加える。
この効果で除外したモンスターは次の自分スタンバイフェイズにフィールドに戻り、そのターン直接攻撃できる。



サイバース族のモンスター1枚を除外する必要があり、またサーチできるのもその時に除外したモンスターよりも攻撃力が低くなければいけませんが、速攻魔法なので相手の除去カードを回避したりするのにも使えます。また帰還したモンスターは直接攻撃も可能。
それ以外にも一度除外し帰還させるのでエクストラモンスターゾーンのリンクモンスターをメインモンスターゾーンに移動させることもできたり、除外されたときに効果が発動するモンスターを活かしたりとかにも使えますね。

なんにせよ今後サイバース族が追加されても生き残りそうなカードな気がします。




バランサーロード
効果モンスター
星4/光属性/サイバース族/攻1700/守1200
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、1000LPを払って発動できる。
このターン自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにサイバース族モンスター1体を召喚できる。
(2):このカードが除外された場合に発動できる。
手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。



1000ライフと引き換えにサイバース族モンスター限定の召喚権追加と、除外されたときに手札から下級モンスターを特殊召喚。
サイバース族には現状わりと召喚時の効果持ちが多いので、それらを多く採用している場合にこれを維持すると1ターンに複数枚発動とかも狙えますね。このカードを何らかのカードで特殊召喚したり、あるいはバックドアで一時的に逃がしたり。
特にバックドアと合わせた場合は除外された場合の効果も使えるのがいいですね。




ROMクラウディア
効果モンスター
星4/闇属性/サイバース族/攻1800/守 0
(1):このカードが召喚に成功した時、「ROMクラウディア」以外の自分の墓地のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「ROMクラウディア」以外のレベル4以下のサイバース族モンスター1体を特殊召喚する。



召喚時にサイバースをサルベージして、戦闘・効果破壊時には自身以外のカードをリクルート可能。
攻撃力もわりと高めなのでなかなか優秀。




ドットスケーパー
効果モンスター
星1/地属性/サイバース族/攻 0/守2100
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、
いずれか1つしか使用できず、それぞれデュエル中に1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが除外された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。



どちらもデュエル中に1度ですが、墓地に送られるか除外された場合に特殊召喚できるモンスター。
おろかな埋葬や黄金櫃で特殊召喚できるといった感じですね。




リコーデッド・アライブ
通常罠
(1):自分のフィールド・墓地のリンク3のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外し、EXデッキから「コード・トーカー」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):EXモンスターゾーンに自分のモンスターが存在しない場合、墓地のこのカードを除外し、除外されている自分の「コード・トーカー」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。



「コード・トーカー」サポート!
場か墓地のリンク3・サイバースを除外することで「コード・トーカー」を特殊召喚することができ、墓地にあって自分のEXモンスターゾーンが空いていればこのカードを除外することで除外されている「コード・トーカー」を特殊召喚できる。

バトル中に追撃したり、既にリンク素材にしたリンク3・サイバース族をコストに盤面整えたりといったところ。
ただ今のところ「コード・トーカー」モンスターはメインモンスターゾーンだと使いづらいリンクマーカー持ちしかいないので後半の効果はやや使いづらいか。また前半の効果で「コード・トーカー」以外を除外した場合に後半の効果で出すモンスターを用意しづらいのがやや難点ではあったり。

わりと影猫Sがメインで使おうと思っているカードだったりして。
単純にデコード・トーカーが好きなだけです(笑)

続きを読む »

[遊戯王] サイバース族について

2017.05.22 (Mon)
アニメも始まってるのでそろそろVRAINS期にメインで使おうと思ってる「サイバース族」について触れようかと

◇これまでに登場しているもの
現時点でもおかしいのはリンクモンスターの「ファイアウォール・ドラゴン」と「トポロジック・ボマー・ドラゴン」の2枚。
理由としてはどちらも名称ターン1の制限がついていない効果があって、それらがループに使われてる感じですね。
まぁ、ファイアウォール3枚が普通に並ぶ今の遊戯王ってのもアレなんですが……

まぁ、この辺りはエラッタでもしてターン1回でも追加すればいいんじゃないですかね?主人公カードですし、再録のタイミングで新テキストのやつを出すとかで。
このまま放置すると常にループへのルート構築されてある意味十二獣とかよりもひどいことになると思うし



それ以外のサイバースに関してはリンクモンスターはともかくメインデッキに入るモンスターは全体的に控えめな査定。カテゴリに属さないってのも影響しているんでしょうけど。

あと現時点ではまだサポートの魔法・罠カードが出ていないですね。サーチとかサルベージとか。


リンクモンスターに関してはリンク・スパイダーやデコード・トーカーは汎用性高め。
リンク・スパイダーはトークンを地属性・効果モンスターに変換できて、なおかつ他に通常モンスターがいたらさらに展開できる。
デコード・トーカーもある程度効果モンスターを展開できるデッキなら出せる上にマーカーでエクストラモンスターを出せる数増やせますし、自身の効果自体もわりと強め。
とはいえ過去のジャンドのようにライブラリアンから入るようなデッキにはやや辛いのは変わらないですが……





◇SD32 サイバース・リンクのサイバース族
3種の新規のリンクモンスターが判明しました。
1つはデコード・トーカーに似たリンクモンスターのエンコード・トーカー。単体では機能しないが、リンク先のモンスターの攻撃も合わせることで自身よりも高い攻撃力のモンスターも破壊することが可能。
また召喚条件がサイバース2体以上なので他のリンクモンスターを経由することでサイバース・ガジェット1枚で召喚可能。


その他の2枚は相互リンクが重要になる。相互リンクの数で使える効果が増えて、どちらも左右リンクと左右+上方向のリンクモンスターなので相互リンクはしやすい。

トライゲート・ウィザードは相互リンク先のモンスターとの戦闘時のダメージ増加・フィールドのカードを1枚除外の除去・(相手ターンも使用可能な)カード効果の無効の3つの効果。
自身がトークン以外のモンスターが必要なLINK3とはいえ、トークンをリンクモンスターに変換することは可能なので3体は無理でも2体ぐらいまでは普通に狙えそう。

バイナリ・ソーサレスは相互リンク先の与えた戦闘ダメージ分のライフ回復・自分フィールドのモンスター2体を選択し片方の攻撃力を半分にしてその分をもう片方に与える2つの効果を持つ。
2つ目の効果はトライゲートの戦闘ダメージ増加と相性がいい。また相手ターンでも使えるフリーチェーンなので半分にするモンスターで先に攻撃してからだと無駄がなく、相手ターンの守りにも使える。リンクこそ繋がらないがエンコード・トーカーの効果を発動するために最初に攻撃するモンスターを対象にすると無駄がない。
加えて1つ目の効果で回復できるダメージを増やすことも可能。



その他にもメインデッキに入るサイバース族が大量に追加。
加えてやや癖はありますがサーチカードも追加されるみたいですね。

ドットスケーパーやバランサーロードは新しい展開補助カード。それぞれ自己蘇生とライフをコストに通常召喚権を増やす効果があります。

バックリンカー辺りはメタカードとして使える可能性ありますね。
その他に除外する効果を絡めることで使えるものもいくつかあるようで、モンスターカード自体はわりと判明したのでその他の魔法・罠カードになにが追加されるか楽しみですね。
続きを読む »

今後の予定的なもの(所持デッキと購入スケジュール)

2017.03.24 (Fri)
いよいよ明日遊戯王が大きく変わる「リンク召喚」ができるストラクが発売ということで
フラゲした人もいるんですかね?

ちょうど機会なので来期の予定でもまとめてみようかと……


◇遊戯王
一応リンク召喚関連は【サイバース族】で組む予定。のんびりとね。
ちなみにVジャンプ付属のサイバース・ガジェットも3枚確保しました。


問題は明日のストラクの新規と、6月のサイバース族ストラクが被ってるカードがあるのかどうかですね。
今回のスターターは例年に比べて汎用札がかなり強力なものが再録されています。ただどれもそれなりに持っているのが難点。
そういえば地味にライコウがエラッタされているとか。しかも強い方に。

まぁ、一応3箱ですかね。あるいはとりあえずの2箱。



それ以外のデッキは地属性のリンクモンスターが新弾で収録、しかも獣族みたいなので久々に【ローレベル獣】を組み直すかも。魔獣の懐柔があるからリンク召喚もしやすいですし。

その他のデッキは未定。特にシンクロとエクシーズのやつ。
ARC-V関連は5月のコレクターズパックで少し構築変えるかもしれないですがそこまで買うものもないかなーと思っていたり。


ジャンドをどうするか……




◆ヴァンガード
クラン毎にまとめると

○ロイヤルパラディン
継続で使用。
アルトマイルとかはもちろんだけどやはり4月の先導アイチのレジェンドデッキで大幅強化できるデッキがありそう。
ブラスター・ブレード・エクシードのスキル次第だけどブラスターシングとかも強化できそうだし、デッキとしてはレジェンドデッキの改造版(エクシードと新G3リュー(仮))で1つ作って、ブラスター軸とアルフレッド軸で強化するって感じで。

あとサンクチュアリガードも一応構築考える予定。☆16のオーソドックスな方になるだろうから記事にはしないけど。

ただ宝石騎士はパスするかも……。ほとんど使ってないのとトレードに使えるかもしれないし。




○ゴールドパラディン
当然継続。
ちなみにグルグウィント関連のパーツが2セットになってたりして(さすがに黄金グルグは1セットですが…)。【グルグエイゼル】辺りで1つ組む予定。


それでまぁ、【結束・グルグウィント】軸がまだ記事になってないわけですが……

正直まだ構築がまとまっていなかったり(^_^;)

とかなんとか言っている間にFC2017で追加カードがあるのでそれ以降になるかもしれないですね。


あとは結局ガルモール組むのかペリノア組むのかも未定。




○なるかみ
当然継続。
FC2017のGガーディアンが今のところキーワード能力を持っていないのでなるかみについに雷激に依存しないGガーディアンが出そうと少し楽しみにしていたり
それで微妙なの配られてがっかりする可能性あるからあくまで"少し"ですね。全体的に控えめなものが多いですし


続きを読む »

[遊戯王] リミットレギュレーションとリンク召喚と新カード

2017.03.21 (Tue)
定例行事ではあるけど一応触れておくと……(とはいえいつも通り具体的なリストは他のサイト参照ということで)


「十二獣」とはなんだったのか……


いや、規制前提で出すってことはいつものことかもしれないけど
1度に2枚、モルモラットの効果的に実質3枚をまとめて一気に禁止送りってのはカードデザインの時点で大失敗でしょ(^_^;)

まぁ、ただこれでも「十二獣」は戦えるらしいけどね。ただ派遣は減りそう?




んでそれ以外に関してはまあまあ良さげ?

タイラントネプチューンに関してはいずれ強力な耐性持ちが出たらどのみち規制されてそうだったし
十二獣を直接規制しなかった関係で規制されていた天キも準制限に戻ってるし
リンク召喚がトークンも使用可になった関係でヤバくなりそうなゴウフウも制限になってるし
壊獣の中でもかなりのパワーカードの妨げられた壊獣の眠りも制限になってるし
あれこれ制限緩和されてるし……


ぶっちゃけ今回はルール変更で大半のデッキを規制しているようなものだから当然かもしれないけど(笑)
続きを読む »
 | HOME |