かげねこTCG書庫

主に遊戯王とヴァンガードのカードゲームブログ。気まぐれ更新。

2018年1~3月 購入予定メモ

2018.01.05 (Fri)
購入メモついでに現時点で公開されているカードで関係するものがあれば考察していく方向で。

■1月
◇FLAMES OF DESTRUCTION
アニメの展開的にも12月のリンクヴレインズパックで強化された(?)4テーマの強化が目立ちますね。
いや、サイバース族は珍しく少なめか。ナンバー的にリンクモンスターの枠がスペース・インシュレイターだけだし。

新テーマは「エレメントセイバー」。あと過去テーマのリンクモンスターが通常ブースター収録ってのも初めてな気もします。

それでまあ「サイバース族」に関しては……サポートの魔法・罠がもう少しサーチとかドロー系統が出ればって感じがするわけだけど、単なる手札交換だしなー

あとは汎用カードはわりと良さげなものはありますね。
手札誘発でモンスター効果をターン中無効にできる罠とか、新しい「落とし穴」とか。



◆The GALAXY STAR GATE
スターゲートパック。
影猫Sが欲しいのはノヴァグラップラーのサブで強化される「ブラウ」。


今現在公開されているのは
・ノイモーント・ブラウクリューガー(G3)
・レギア・ブラウランツェ(G2)

レギア・ブラウランツェに関してはマルス・ブラウクリューガーと違いVがG3以上でかつコストにSB1もかかり、上昇値が低いもののヒット時ではなくVのアタック時なので確実に使えるのがメリット。あとはコスト確保の問題ぐらいか。今回追加されるGガーディアンもSB1かかりますし。
とはいえマルスはG2の段階で使えるのが割と大きい気がするなー。

ノイモーント・ブラウクリューガーはブレイクライドのモーントのリメイクですかね。
専用超越ボーナスでノーコストで「ブラウ」1枚をパワー+5000でき、「ブラウ」にライドされたときにCB1でリアガードを4枚スタンドさせパワー+5000するスキルを持つ。
ライドされた時の効果がパワー+5000もされるのでライドフェイズ時のノーマルライドでも問題はないもののスタンドさせるスキルもあるのでやはりバトル中にスペリオルライドしたいところ。具体的にはゾンネ・ブラウクリューガーとか。

あとは新規のG4「ブラウ」のスキルが気になるところですねー



その他のクランだと使わないにしろ気になるのはリンクジョーカーですかね。「メサイア」と「カオス」、それに「根絶者」。
疑似解呪とかも出ていますがそれでも呪縛やデリートは刺さるクラン多いですし、今回もなかなか厄介なカード出ているようですし。

あとはゼロスドラゴンのスタークはどんな効果になるんでしょうか?今週末のアニメでたぶん登場するので気になりますね。



◎その他
それ以外にもVジャンプ付属のHEROとかは気になりますね。




■2月
◇RARITY COLLECTION -20th ANNIVERSARY EDITION-
またカードショップのシングルが……
今のところ気になるものはまだ公開されていないですが、手札誘発系が再録されるかどうかが気になるところ。



◆竜神烈伝
収録枠で影猫Sが関係あるのが
まずはロイヤルパラディン。「アルトマイル」の強化が確定していますね。
今のロイパラというと「ブラスター」ですが、勇敢軸も環境入りしますかね?

ちなみに「ブラスター」は同弾収録のダストで守護者のリアンを封じられてしまうのがかなり辛い。


終焉のゼロスドラゴン ダスト
Gユニット 〈4〉 ダークゾーン - ゼロスドラゴン パワー25000+ / シールドなし / ☆1
【究極超越】(あなたの表のGゾーン3枚以上で解放!Gゾーンに戻る際、Gゾーンを除外!) - ストライドステップ - [あなたのヴァンガードと同名のカードを手札から1枚選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】:[【CB2】] このユニットが(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、そのターン中、相手の、ヴァンガードとリアガードすべては能力すべてを失い、グレードとパワーを1になるまで増減させる。相手のダメージゾーンが4枚以下なら、相手のヴァンガードを1枚選び、1ダメージ。(ダメージチェックを行う。トリガーも発動する)


ピースセイバー値下がりしないかなー

テキスト修正されたとはいえ盤面効果無効かつグレードもパワーも1になるから、インターセプトも(たぶんスキル扱いで無効だから)ダメで、グレードの関係でGガーディアンも使えないからわりと連パンとかガード制限持ちがいるダークゾーンのクランにこれが出たのはヤバいかなーと。高くなりそう。

ちなみに「ブラスター」がつらいって言ったのはグレード3にしか使えない守護者だからですね。ダストの影響下でまともに使える守護者が使えないのはかなり厳しい。ダークゾーンのクラン相手にかなり辛くなりますね。


あとはここ最近何度も言っていますがギアクロニクルの十二支刻獣も組みます。
というのもこの弾の通常再録でシシルス互換のリボルバー・ドラコキッドと効果つき醒トリガーのヒュプノシス・シープが入るからですね。
それ以外だと他の超越ボーナスが3種目が収録されているので3枚目の「クロノジェット」が入るのではないですかね?


他にもギーゼパックというシークレットパックも入っているみたいなのでそういう意味でも1箱だけですが購入です。



◎その他
デッキビルドパックはスルーで。
あとはヴァリアブルブックは何が入るんでしょうね?

続きを読む »

新年の挨拶と雑談(20180102)

2018.01.02 (Tue)
あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします!

■今年の予定的なもの
おそらく今年こそはデッキをそこまで増やさないかなーと。
遊戯王は主人公デッキの【サイバース族】とか(まだ書けてないけど)、まさかのテーマ化の【魔導獣】とかでデッキ数としてはそこまでなんですが
新マスタールールになったことでリンクモンスター買い揃えたりしたのでわりと消費しましたし。

遊戯王は【サイバース族】を中心に、その他の主人公デッキとか、あるいは汎用リンクモンスターを中心に集めることになるとは思います。



それ以上にヴァンガードが昨年は組みすぎましたね。
バミューダ△はもちろんのこと【ブラスター】や【スイコマ】、【ダークフェイス】関連がわりと高額だったのと、サブで組んでたクランだと【シラユキ】とか【ガイア】とかまで
とにかくいろいろと触れすぎましたね。ハリーのPR&サプライセットとかもありましたし。

といいつつまだ【ブラウ】や【十二支刻獣】組もうとしてますけどね。特に後者は主人公デッキなのでそれなりに高額……かと思ってたのですが思っていたよりは安め感じになるかもしれない……。ちょうどいいタイミングで2月の再録枠があれですし。
1月と2月がそれだとして、3月にはバミューダ△の強化もありますし、出費はそれなりにヤバそう。

ヴァンガードに関しては詳細はまだわからないですがGシリーズが終わるので、おそらくは新システムですかね?
仮に新システムが導入されるとしてそうなった場合はおそらくメインで使うクラン数を絞りますね。その際既存テーマがどうなるかはわからないですが、メインで使うクランでない場合は主軸がズレないのであれば採用するし、そうでなく根本から変える必要性があるならあえてスルーするかもしれないですね。例としては3種目の超越ボーナスとかサポートカードは採用するけど、新システムで全てのカード取り換えの場合はスルーって感じで。
どのクランをキープするかとかは未定ですが、それでも確定なのはゴルパラとなるかみですね。優先するのは昔から組んでいてパーツが揃っているクランでしょうね。



ブログに関してはあまり決めていないですが、考察記事は気になったものは書くとして
デッキレシピはそれぞれ月に数回は書きたいですね。昨年はリアルの都合もあり、最終的に年末に特に解説なしにまとめ投稿してしまいましたし。それらのデッキも更新するか、中身変わったアップデート版とか書きたいですね。
続きを読む »

2017年総括

2017.12.31 (Sun)
いくつか新カードの情報も公開されましたが、まあ来年で(笑)

◆ヴァンガード
・レジェンドデッキ 先導アイチ
・支配
・GB8
・ゼロスドラゴン

この辺り?
あと今年度のブースター(鬼神降臨以降)は一部を除いてまた1ランク上の査定でカードがデザインされているようにも見えますね。



それで今年作成・編集したデッキが
・ロイパラ …… ブラスター,アルトマイル
・なるかみ …… 抹消者全般,ヴァンキッシャー
・ゴルパラ …… ほぼ全般
・メガコロ …… 同上
・ペイル …… 同上
・たちかぜ …… ガイア,レックス
・ネオネク …… 銃士(NEW
・バミューダ …… Chouchou,シズク,Duo(全てNEW


未完成なのが
・ジェネシス …… 白魔女
・むらくも …… ヒャッキ,シラユキ


良くも悪くも最近はカードパワーが高いので大半のデッキが強化されてますね。
またバミューダ△についに触れ始めたなーって感じです。



んで今後作るのが
・ノヴァ …… ブラウ(復活!)
・ギアクロ …… 十二支刻獣



というわけでギアクロ組みます。理由はTwitter見ればわかるしカットで。




◇遊戯王
・ARC-V 最終クール
・VRAINS開始
・新マスタールール


今年ARC-V終わったのかーって思えるぐらい前のことに思えますね。
とにかく今年は新ルールで既存のエクストラデッキからの特殊召喚方法が制限される新マスタールールが一番大きな話題かと。


OCGに関しては一応リンクヴレインズパック辺りからまた再開している人がいるようですが、それを半年前にできていたらなーとは思いますね。

アニメに関してはARC-Vが酷かったのはもちろんですが、VRAINSはわりと面白いからいいとは思ってるんですけどね。




まぁ、他のブログで語りつくされていることだと思うので影猫Sのまとめはこのぐらいで。
来年もよろしくお願いします!

[遊戯王] 新「水晶機巧」と新「コード・トーカー」カード

2017.10.17 (Tue)
「LINK VRAINS PACK」と「STRUCTURE DECK -パワーコード・リンク-」のカード考察 part……
みたいなタイトルにするとpart2もやらないととか思えてしまうからもっと直球な感じで(笑)


◇LINK VRAINS PACK
いくつか収録されるテーマは判明していたわけだけど、実際にカードが公開されて確定したのが
・剣闘獣
・ライトロード
・聖刻 New
・クリフォート
・彼岸
・水晶機巧(クリストロン) New


んで影猫Sがこの中で使っているのは「水晶機巧(クリストロン)」ですね。公開されたカードというのが……


水晶機巧-ハリファイバー
リンク・効果モンスター
リンク2/水属性/機械族/攻1500
【リンクマーカー:左下/右下】
チューナー1体以上を含むモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。
(2):相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィ―ルドのこのカードを除外して発動できる。
EXデッキからSモンスターのチューナー1体をS召喚扱いで特殊召喚する。



「水晶機巧」縛りかと思いきやチューナー1体以上を含むモンスターということで召喚する方法としてはS召喚と同じ条件あるいはチューナー同士でってことになりますね。それどころかレベルを持たないモンスターも使えますね。

1の効果で手札・デッキから☆3以下のチューナーを特殊召喚できるので、非チューナーさえ用意できればこのカードのリンク先にシンクロモンスターを展開することができますね。

また2の効果は相手ターンのメインフェイズかバトルフェイズに自身を除外することでシンクロ・チューナーをS召喚扱いで特殊召喚。いくつかのシンクロ・チューナーは相手ターンでもシンクロできるものがあるのでそこからさらにS召喚することも可能ですね。
S召喚扱いなので蘇生制限も問題ないですし、S召喚時の効果(フォーミュラ・シンクロンとか)も使えますね(使うタイミングを間違えなければ)。
あと、気を付けないといけないのは「水晶機巧」以外のシンクロ・チューナーはだいたいがメインフェイズにしかシンクロ召喚できる効果が対応していないことでしょうか?

他にも遊戯王Wikiに既に書かれていますが新しいシンクロ召喚のルートも既に見つかっているようで、これはS召喚主軸のデッキには絶対に入れたいカードになりそうですね。



ちなみに「水晶機巧」デッキではどうかというと、2の効果で自身が除外されるのでクリストロン・インパクトで再利用可能ですね。リンクマーカーの向き的に再度出したとしてもリンクモンスターとしての役割は果たせないですが、自身の効果を各「水晶機巧」チューナーにチェーンして発動することで新ルールならではの動きができると思うのでこれはいろいろ研究してみたいところ。(詳しくはWikiのエクストラモンスターゾーンのルールを参照)

あと単純にハリファイバーの効果でチューナーを出せるので、そちらの効果でアメトリクスとかの☆5のSモンスター出して、ハリファイバーの効果でクオンダムを出し、その効果で新ルールでやや出しづらくなってしまったフェニキシオンを出せるってのはいいですね。




それにしてもリンク召喚の条件が普通にシンクロ召喚するときに近く、実質レベル指定なしでチューナー同士やレベルをもたないモンスターとかも使用できるシンクロモンスターみたいな感じですかね。
そのうえでアドが取れるってのがいいですね。実質シンクロ・チューナーですし。そのうえで左下・右下ですし。


シンクロ救済の良いカード……で終わろうと思っていたんですが

正直これボウテンコウ並にヤバい気がします(^_^;)

召喚条件的にレベル指定のないシンクロ召喚のようなもの、しかもチューナー同士やレベルをもたないエクシーズやリンクモンスターまでも使えて、
それでいて自身のリンク召喚時に(そのターン効果を使えないとはいえ)チューナーを特殊召喚できるのでさらにS召喚を狙え、自身のリンクマーカーも左下・右下と後続も出しやすく、
それに加えて自身は相手ターン限定とはいえシンクロ・チューナーと入れ替わることができる(しかもS召喚扱い)。

相手ターン経由するとはいえ簡単にコズミック・ブレイザーとかも出せるわけですし、当然既に元々できていたデッキはそれ以上のこともできるわけで……
S召喚扱いだからフォーミュラ・シンクロンとか武力の軍奏とかの効果も使えるんですよね(^_^;)


難点としては他にリンクモンスターを出していなければシンクロ・チューナーはエクストラモンスターゾーンに出ることになるので、たいていその後に出る高レベルシンクロモンスターもエクストラモンスターゾーンを埋めてしまうので返しのターンに後続を展開しにくいことでしょうか?
あくまで他にリンクモンスターを出していないうえに、コズミックブレイザーなどは自身の効果でそれも解決できますけどね。

あと壊獣には耐性ないですね。コズミックブレイザーでも防げませんし。

まとめると性能としては第2のボウテンコウといった感じ。下手するとそれ以上。
とにかく出すための条件が軽すぎて、よくよく考えるとそのままリンク3のモンスターを出すことも可能ですからね。
しかも今の遊戯王は手札誘発ガン積みしないといけない環境で、うららやうさぎとかチューナーでもありますからね。ほぼどんなデッキにでも入れられるカードってことになるのでは?

となるとまぁ言いたくないですが「ぶっ壊れ」ですね。発売前エラッタかからんかな……。
どんなデッキでも高レベルシンクロモンスターを難なく出せるってのはどうなんでしょう?
このまま出たとたら影猫Sはジャンドと水晶機巧辺りでしか使わないかもなー




だいぶハリファイバーだけでいろいろと書いてしまいましたが
それ以外のテーマのリンクモンスターもそのテーマでしか使えないものもあれば、種族縛りやレベルでの制限での左下・右下リンク2とか出ていて、地・水・炎属性以外が主軸のデッキや、あるいはそれらの属性リンクを活用しづらかったデッキでも新ルールに対応できるかもしれませんね。


そういえばこのパック、強化されるテーマが20種で、再録込みで合計100種類ということでリンクモンスター以外の新規はあるんですかね?
あるのであれば「水晶機巧」であればまだ出ていないプラシレータ(玄武)のSモンスターとか、サーチはできるのに1枚も出ていない「水晶機巧」魔法カードとかも出てほしいですね。「水晶機巧」に関しては再録しないといけないカードもほぼないと思いますし。


案外1箱買うのもありかもしれない……

続きを読む »

「EXTREME FORCE」開封!

2017.10.16 (Mon)

遊戯王の通常弾の開封はズァークの時以来なわけだけど、正直このパックあまり魅力なかったりするんですよね(^_^;)
いや、影猫Sはサイバース族関連と「魔導獣」欲しかったから買ったけど、汎用札もそこまでいいのがなかった気がしますし

サイバース関連もメインデッキに入るカードは控えめどころか「何期のカード?」って性能のものがあったり、それでいて収録されているリンクモンスターの多くがサイバース族縛りがついていたり……と、将来的にリンクモンスターの方は出番があるものもあるかもしれませんがあからさまに枠の無駄遣いなメインデッキのカードはどうなんでしょうね?
「EM」もたしかに種類が多くて使わなくなったカードもありましたけど、ジャンク・シンクロンとかガガガマジシャンとか最後まで使われるというかこのキャラならこれってカードが遊作の場合はどうなるんでしょうね?




んで1ボックス+6パックの開封結果としては↓

並び替えた方が良かったかも(^-^;

・ウルトラレア
魔導獣 マスターケルベロス (アルティメット)
スリーバーストショット・ドラゴン
星痕の機界騎士
鎖龍蛇-スカルデット

・スーパーレア
蒼穹の機界騎士
魔導獣 キングジャッカル
ベクター・スケア・デーモン ×2
オルターガイスト・ヘクスティア
局所的ハリケーン
センサー万別

・シークレット
局所的ハリケーン



当たりの少ない今弾の中でも高レートの局所的ハリケーンが2枚当たったのはアドかな。まぁ、シークレットはさすがに売却することになりそうですけど。

汎用リンクモンスターのアンダークロックテイカーと、表紙絵のエクスコード・トーカーが当たらなかったのですがぶっちゃけどちらもそこまで高くないので問題ないですね。前者はやはり今度のVジャンプ付属のセキュリティ・ドラゴンの影響でしょうか?

魔導獣はレア以上のものが足りていないのでトレードの後追加購入ですね。個人的にマスターケルベロスのレリーフはイマイチだったりして(^_^;)
某王国の開封動画でエクスコード・トーカーのレリーフが良いって言ってたのでそちらが気になります
続きを読む »

[VG/遊戯王] 新ハリーと調整中とか

2017.10.03 (Tue)
わりと久しぶりの更新!ということで雑談ですね(笑)

◆仮面の奇術王 ハリー
アタック時にCB1・Gペルソナ、さらに他のサークルのカードを2枚ソウルに置くことで奇術、ソウルから3枚まで別々のRにコールし、それらはターンの終わりにソウルに戻る。
また永続効果でGゾーン表の「ハリー」1枚につき奇術能力持ちのリアガードをパワー+3000。


初回超越からでも使えるのはいいですね。
サークル指定ってことは呪縛されているものはもちろんのこと、他のサークルってのは相手の盤面も可ってこと?(生放送見てないのでわからん)
そうでなくてもアタックなのでメインで展開したカード、具体的にはキューティ・パラトルーパーとかをソウルに入れて再度ソウルから出してスキル発動してアタック。ターンの終わりにはソウルに戻るので次のターンからは超越ボーナスなどでスキル発動が狙えるといったことが可能。
となるとわりとプラーナの仕事が……

というかこのスキルだとますますスタンドトリガーとの相性は悪く……。
わりとランダムなソウルチャージだから鏡の国のいたずらっ娘使っていたんですが抜くか枚数減らさないといけないですね。


ナイトローゼもなかなかヤバそうですね。
んでこれらが付属されるサプライセットが事前通販でECショップで販売されていたんですが、昨日の15時からの販売だったのにもかかわらず、21時頃にPRカードのテキストが公開された頃には売り切れで難民続出という(^_^;)
CINDERさんとかも買い逃したみたいですし、友人もどうなったのやら……

ちなみに影猫Sは1つ確保。元々ストレージとかも欲しかったですし。




◆その他サプライとか新弾の情報とか
大ヴァンガ祭とかの商品以外にも11月の新弾「究極超越」や12月の「The AWAKENING ZOO」とかの情報も公開!
グレドールは「ダークフェイス」でもあるのが気になるところ。今まで「ダークフェイス」のユニット設定とかなかったですし、これはわりと期待できそうですね。
やはりZRはズーのゼロスドラゴンでしたし。

ところで新グルグウィントのスリーブは……

続きを読む »

[遊戯王/VG] 所持デッキと今後作るデッキ

2017.06.24 (Sat)
業務連絡っぽいものもあったりして

■現在の所持デッキ
○遊戯王
リンク召喚が導入されてから約3か月。まだ調整できていないデッキはありますね。
今回のリミットレギュレーションでレスキューキャットがもう1枚積めるようになったのでまずはローレベル獣のデッキを調整したいところ。ミセスが地属性・獣族なのが素晴らしい。

あとは開闢が無制限なのでカオスソルジャーとか、カオス系のデッキに入れるかどうかってところ。
カオスソルジャーはキーカードの混沌の場がテラフォが準制限でややサーチしづらくなったのでその辺りの調整が必要かもしれないですね。


んでとりあえずジャンドとガガガ辺りの主人公系統のデッキをそろそろ使えるようにしたいところ。

ジャンドはボウテンコウからの展開方法があるんですが、覚えきれていないのと、わりと最近ボウテンコウをはじめとした竜星カードが大会でも活躍していたりするので次の規制が怖いところ。
まぁ、そうなったらそうなったで白黒ジャンドとかの構築もあるんですけど。

ガガガも横にエクシーズモンスターを並べづらくなったのでリベンジでの火力UPがやや狙いづらくなってるけど、こっちはこっちで構築パターンが多いし案外なんとかなりそう。

それとブラマジ。魔法族の里で制圧する型だったけど、7月のブースターに召喚条件的に出しやすいリンクモンスターの「アカシック・マジシャン」が収録。同種族2体で魔法使い族なのでデッキの方針変えたほうがいいかもしれないですね^_^;
バテルが欲しいんだよなー


ハーピィとかもどうするか未定。


ちなみに水晶機巧とかはエクストラモンスターゾーンの導入でアクセルシンクロとかはしづらくなったけど、逆にやれることが増えた模様。具体的にはチューナーが2体並んでるときとか、今までだと処理に困ってたジェネクス・コントローラーがリンク・スパイダーで使いやすくなったし。
そもそもなんだかんだでリンク召喚なしでも主力のシンクロモンスターとかは出せるし。

ただ気になるのは星杯との混合型。正確には星杯にジェネクスの一部が入って、それに一緒に水晶機巧からローズニクスが派遣されてるのでそれをさらに水晶機巧とかシンクロに寄せる型とか考えても面白そうだなーとか思ったり。

とはいえその構築試すのはもう少し後かな。星杯のカードも持ってないし、なにより「普通の星杯で良くね」って言われる可能性もあるし。
ただウンディーネとローズニクスとリンクスパイダーの組み合わせは使えそう。



○ヴァンガード
一部のデッキがやっとまとまってきた感じ。
そろそろデッキレシピを書いていきたいところ。

あとはちょっと前のことだけどなるかみに除去能力持ちのGガーディアンが入ったからそれを含めたプレイングとかも究めていきたいところ。


続きを読む »

[遊戯王] サイバースストラク発売!

2017.06.17 (Sat)
いつも通りリミットレギュレーション触れようと思ったけど、パス。
というのも書くのが遅れたのと、あまり今期触れてなかったからありふれたことしか書けないし。そうだったら記事としてもつまらないかなーみたいな感じで。

しいていうなら「天地開闢」で確定で開闢の使者サーチできるようになったのが気になるかなーってところ。
そうでなくても開闢が無制限で、ブラックホールが準制限ってなかなか恐ろしい時代だなーとか。

あとは所持デッキのいくつかで使ってる・使えるカードが緩和されたのがどうかなーってところ。

◆サイバースの新規が大量に収録!
というわけで早速買ってきました。

「ストラクチャーデッキ-サイバース・リンク-」3箱。


今回はデッキ名からもわかる通りサイバース族関連のストラクで、新規のカードも

・デジトロン
・ドットスケーパー
・クラインアント
・バックリンカー
・バランサーロード
・ROMクラウディア
・ブート・スタッガード
・デュアル・アセンブルム
・サイバネット・バックドア
・リコーデッド・アライブ
・エンコード・トーカー
・トライゲート・ウィザード
・バイナル・ソーサレス

とわりと多め。



一部は過去にも触れていて被る内容もあるけど、あらためて書くと…


エンコード・トーカー
リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/下/右下】
サイバース族モンスター2体以上
(1):1ターンに1度、このカードのリンク先の自分のモンスターが、そのモンスターより攻撃力が高い相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。
その自分のモンスターはその戦闘では破壊されず、その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
そのダメージ計算後、このカードまたはこのカードのリンク先の自分のモンスター1体を選び、その攻撃力をターン終了時まで、その戦闘を行った相手モンスターの攻撃力分アップする。



今回の目玉カードの1つ。CMでもCGで描かれていますね。
効果としては少々まわりくどいですが、まずリンク先のモンスターが自身よりも攻撃力が高い場合に戦闘破壊耐性を付与しつつダメージも0に。その後戦闘した相手モンスターの攻撃力を自身かリンク先のモンスターに付与するというもの。よくある戦闘サポートとオネストが合わさったような効果。
リンク先であれば最初に攻撃するモンスターは攻撃力が相手より低ければなんでもいいのでトークンなどで攻撃するのが良さそうですね。サイバースはわりとトークン生成する効果持ちが多いですし。

またこのカードはデコード・トーカーと違ってサイバース・ガジェットからリンクモンスター1体経由で召喚可能。
デコード・トーカーは効果モンスター2体以上なのでトークンが使えずなにかしらリンクモンスターを経由する必要がある


難点としてはやはり単体では機能しないこととそれなりに妨害を受けやすいこととか。
そもそもデコード・トーカーがわりと完成したカードって感じですし
効果自体はアニメでやったら映えそうな効果だと思うのですが、アニメで出たりするんですかね?一応デコード・トーカーと対になっているわけだし、出そうな気もするんですが……。
ARC-V期のストラクだと最初の魔術師やオッドアイズ関連はスルーで、次のDDはわりと使われて、最後の魔術師のストラクはアストログラフだけだったりで正直読めない




トライゲート・ウィザード
リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/サイバース族/攻2200
【リンクマーカー:左/上/右】
トークン以外のモンスター2体以上
(1):このカードと相互リンクしているモンスターの数によって以下の効果を得る。
●1体以上:このカードと相互リンクしているモンスターが相手モンスターと戦闘を行う場合、そのモンスターが相手に与える戦闘ダメージは倍になる。
●2体以上:1ターンに1度、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
●3体:1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし除外する。



もう1つの目玉カード。
ファイアウォール・ドラゴン同様相互リンクを条件とするリンクモンスターで今回はその数が特に重要なるモンスター。
効果自体は1体でリンク先にオッPの効果、2体で1ターンに1度のフィールドのカードを除外、3体で効果の発動を無効にしつつ除外するといったもの。
使うのであれば最低でも2体は満たしたいところ。
1体の戦闘補助の効果はぜひ前述のエンコード・トーカーと合わせて使いたいところ。
3体のときの効果無効は最終的に除外するので、ここ最近増えまくっている破壊時や墓地から除外することで発動するような効果も防ぐことができますね。ただ現状サイバース族単体でこれを満たすのはわりと苦しい気がします。

縛りもトークン以外なら問題ないということでファイアウォールドラゴン同様その他のデッキでもかなり使われそうな気がしますね。





その他だと待望のサーチカードも追加。


サイバネット・バックドア
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドのサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外し、そのモンスターの元々の攻撃力より低い攻撃力を持つサイバース族モンスター1体をデッキから手札に加える。
この効果で除外したモンスターは次の自分スタンバイフェイズにフィールドに戻り、そのターン直接攻撃できる。



サイバース族のモンスター1枚を除外する必要があり、またサーチできるのもその時に除外したモンスターよりも攻撃力が低くなければいけませんが、速攻魔法なので相手の除去カードを回避したりするのにも使えます。また帰還したモンスターは直接攻撃も可能。
それ以外にも一度除外し帰還させるのでエクストラモンスターゾーンのリンクモンスターをメインモンスターゾーンに移動させることもできたり、除外されたときに効果が発動するモンスターを活かしたりとかにも使えますね。

なんにせよ今後サイバース族が追加されても生き残りそうなカードな気がします。




バランサーロード
効果モンスター
星4/光属性/サイバース族/攻1700/守1200
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、1000LPを払って発動できる。
このターン自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにサイバース族モンスター1体を召喚できる。
(2):このカードが除外された場合に発動できる。
手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。



1000ライフと引き換えにサイバース族モンスター限定の召喚権追加と、除外されたときに手札から下級モンスターを特殊召喚。
サイバース族には現状わりと召喚時の効果持ちが多いので、それらを多く採用している場合にこれを維持すると1ターンに複数枚発動とかも狙えますね。このカードを何らかのカードで特殊召喚したり、あるいはバックドアで一時的に逃がしたり。
特にバックドアと合わせた場合は除外された場合の効果も使えるのがいいですね。




ROMクラウディア
効果モンスター
星4/闇属性/サイバース族/攻1800/守 0
(1):このカードが召喚に成功した時、「ROMクラウディア」以外の自分の墓地のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「ROMクラウディア」以外のレベル4以下のサイバース族モンスター1体を特殊召喚する。



召喚時にサイバースをサルベージして、戦闘・効果破壊時には自身以外のカードをリクルート可能。
攻撃力もわりと高めなのでなかなか優秀。




ドットスケーパー
効果モンスター
星1/地属性/サイバース族/攻 0/守2100
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、
いずれか1つしか使用できず、それぞれデュエル中に1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが除外された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。



どちらもデュエル中に1度ですが、墓地に送られるか除外された場合に特殊召喚できるモンスター。
おろかな埋葬や黄金櫃で特殊召喚できるといった感じですね。




リコーデッド・アライブ
通常罠
(1):自分のフィールド・墓地のリンク3のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外し、EXデッキから「コード・トーカー」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):EXモンスターゾーンに自分のモンスターが存在しない場合、墓地のこのカードを除外し、除外されている自分の「コード・トーカー」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。



「コード・トーカー」サポート!
場か墓地のリンク3・サイバースを除外することで「コード・トーカー」を特殊召喚することができ、墓地にあって自分のEXモンスターゾーンが空いていればこのカードを除外することで除外されている「コード・トーカー」を特殊召喚できる。

バトル中に追撃したり、既にリンク素材にしたリンク3・サイバース族をコストに盤面整えたりといったところ。
ただ今のところ「コード・トーカー」モンスターはメインモンスターゾーンだと使いづらいリンクマーカー持ちしかいないので後半の効果はやや使いづらいか。また前半の効果で「コード・トーカー」以外を除外した場合に後半の効果で出すモンスターを用意しづらいのがやや難点ではあったり。

わりと影猫Sがメインで使おうと思っているカードだったりして。
単純にデコード・トーカーが好きなだけです(笑)

続きを読む »

[遊戯王] サイバース族について

2017.05.22 (Mon)
アニメも始まってるのでそろそろVRAINS期にメインで使おうと思ってる「サイバース族」について触れようかと

◇これまでに登場しているもの
現時点でもおかしいのはリンクモンスターの「ファイアウォール・ドラゴン」と「トポロジック・ボマー・ドラゴン」の2枚。
理由としてはどちらも名称ターン1の制限がついていない効果があって、それらがループに使われてる感じですね。
まぁ、ファイアウォール3枚が普通に並ぶ今の遊戯王ってのもアレなんですが……

まぁ、この辺りはエラッタでもしてターン1回でも追加すればいいんじゃないですかね?主人公カードですし、再録のタイミングで新テキストのやつを出すとかで。
このまま放置すると常にループへのルート構築されてある意味十二獣とかよりもひどいことになると思うし



それ以外のサイバースに関してはリンクモンスターはともかくメインデッキに入るモンスターは全体的に控えめな査定。カテゴリに属さないってのも影響しているんでしょうけど。

あと現時点ではまだサポートの魔法・罠カードが出ていないですね。サーチとかサルベージとか。


リンクモンスターに関してはリンク・スパイダーやデコード・トーカーは汎用性高め。
リンク・スパイダーはトークンを地属性・効果モンスターに変換できて、なおかつ他に通常モンスターがいたらさらに展開できる。
デコード・トーカーもある程度効果モンスターを展開できるデッキなら出せる上にマーカーでエクストラモンスターを出せる数増やせますし、自身の効果自体もわりと強め。
とはいえ過去のジャンドのようにライブラリアンから入るようなデッキにはやや辛いのは変わらないですが……





◇SD32 サイバース・リンクのサイバース族
3種の新規のリンクモンスターが判明しました。
1つはデコード・トーカーに似たリンクモンスターのエンコード・トーカー。単体では機能しないが、リンク先のモンスターの攻撃も合わせることで自身よりも高い攻撃力のモンスターも破壊することが可能。
また召喚条件がサイバース2体以上なので他のリンクモンスターを経由することでサイバース・ガジェット1枚で召喚可能。


その他の2枚は相互リンクが重要になる。相互リンクの数で使える効果が増えて、どちらも左右リンクと左右+上方向のリンクモンスターなので相互リンクはしやすい。

トライゲート・ウィザードは相互リンク先のモンスターとの戦闘時のダメージ増加・フィールドのカードを1枚除外の除去・(相手ターンも使用可能な)カード効果の無効の3つの効果。
自身がトークン以外のモンスターが必要なLINK3とはいえ、トークンをリンクモンスターに変換することは可能なので3体は無理でも2体ぐらいまでは普通に狙えそう。

バイナリ・ソーサレスは相互リンク先の与えた戦闘ダメージ分のライフ回復・自分フィールドのモンスター2体を選択し片方の攻撃力を半分にしてその分をもう片方に与える2つの効果を持つ。
2つ目の効果はトライゲートの戦闘ダメージ増加と相性がいい。また相手ターンでも使えるフリーチェーンなので半分にするモンスターで先に攻撃してからだと無駄がなく、相手ターンの守りにも使える。リンクこそ繋がらないがエンコード・トーカーの効果を発動するために最初に攻撃するモンスターを対象にすると無駄がない。
加えて1つ目の効果で回復できるダメージを増やすことも可能。



その他にもメインデッキに入るサイバース族が大量に追加。
加えてやや癖はありますがサーチカードも追加されるみたいですね。

ドットスケーパーやバランサーロードは新しい展開補助カード。それぞれ自己蘇生とライフをコストに通常召喚権を増やす効果があります。

バックリンカー辺りはメタカードとして使える可能性ありますね。
その他に除外する効果を絡めることで使えるものもいくつかあるようで、モンスターカード自体はわりと判明したのでその他の魔法・罠カードになにが追加されるか楽しみですね。
続きを読む »

今後の予定的なもの(所持デッキと購入スケジュール)

2017.03.24 (Fri)
いよいよ明日遊戯王が大きく変わる「リンク召喚」ができるストラクが発売ということで
フラゲした人もいるんですかね?

ちょうど機会なので来期の予定でもまとめてみようかと……


◇遊戯王
一応リンク召喚関連は【サイバース族】で組む予定。のんびりとね。
ちなみにVジャンプ付属のサイバース・ガジェットも3枚確保しました。


問題は明日のストラクの新規と、6月のサイバース族ストラクが被ってるカードがあるのかどうかですね。
今回のスターターは例年に比べて汎用札がかなり強力なものが再録されています。ただどれもそれなりに持っているのが難点。
そういえば地味にライコウがエラッタされているとか。しかも強い方に。

まぁ、一応3箱ですかね。あるいはとりあえずの2箱。



それ以外のデッキは地属性のリンクモンスターが新弾で収録、しかも獣族みたいなので久々に【ローレベル獣】を組み直すかも。魔獣の懐柔があるからリンク召喚もしやすいですし。

その他のデッキは未定。特にシンクロとエクシーズのやつ。
ARC-V関連は5月のコレクターズパックで少し構築変えるかもしれないですがそこまで買うものもないかなーと思っていたり。


ジャンドをどうするか……




◆ヴァンガード
クラン毎にまとめると

○ロイヤルパラディン
継続で使用。
アルトマイルとかはもちろんだけどやはり4月の先導アイチのレジェンドデッキで大幅強化できるデッキがありそう。
ブラスター・ブレード・エクシードのスキル次第だけどブラスターシングとかも強化できそうだし、デッキとしてはレジェンドデッキの改造版(エクシードと新G3リュー(仮))で1つ作って、ブラスター軸とアルフレッド軸で強化するって感じで。

あとサンクチュアリガードも一応構築考える予定。☆16のオーソドックスな方になるだろうから記事にはしないけど。

ただ宝石騎士はパスするかも……。ほとんど使ってないのとトレードに使えるかもしれないし。




○ゴールドパラディン
当然継続。
ちなみにグルグウィント関連のパーツが2セットになってたりして(さすがに黄金グルグは1セットですが…)。【グルグエイゼル】辺りで1つ組む予定。


それでまぁ、【結束・グルグウィント】軸がまだ記事になってないわけですが……

正直まだ構築がまとまっていなかったり(^_^;)

とかなんとか言っている間にFC2017で追加カードがあるのでそれ以降になるかもしれないですね。


あとは結局ガルモール組むのかペリノア組むのかも未定。




○なるかみ
当然継続。
FC2017のGガーディアンが今のところキーワード能力を持っていないのでなるかみについに雷激に依存しないGガーディアンが出そうと少し楽しみにしていたり
それで微妙なの配られてがっかりする可能性あるからあくまで"少し"ですね。全体的に控えめなものが多いですし


続きを読む »
 | HOME |  Next »