かげねこTCG書庫

主に遊戯王とヴァンガードのカードゲームブログ。気まぐれ更新。

[VG] 十二支刻獣と勇敢関連で触れていなかったものとか(竜神烈伝)

2018.01.31 (Wed)
タイトル通り、前回の続き。

◆十二支刻獣関連
○クロノ・ドラン・Z
新しいクロノ・ドラン!
G2以上の十二支刻獣がVに登場したときに自身をバインドすることでデッキトップ5枚からG3かG1を1枚サーチ。
もう1つはGB1でバインドゾーンにあるときに手札1枚を捨てることで自身を回収できる効果。

さてさてクロノジェット・ドラゴン・Zが時翔スキルを持たないのでバインドできず初期のクロノドランが使いづらくなっていたわけですが、今回は全く別のタイプできました。これまでと違ってGB縛りのないスキルもあり、しかもそれが範囲は狭いですがサーチ効果なので安定性もあげることができます。
バインドから回収できる効果は……どう使うんでしょう?(勉強不足)




○刻獣守護 イリシュ
十二支刻獣のGガーディアン。
バインドゾーンが1枚以上あるときにSB1でシールド+5000。さらにバインドゾーン5枚以上でさらにシールド+15000。
銃士のアンテロ同様条件を満たせば単体でシールド35000になるGガーディアンです。

まずスキルについてですが時翔で戻ってこなかった場合や、各種バインドをコストや効果で行うものがギアクロにはいくつかあり、またおそらく同時に収録されるであろう効果つき治トリガーを先に処理すれば実質3枚で満たせます。
十二支刻獣・クロノジェットならクロノジェット・ドラゴン・Zやスチームテイマーアルカ辺りでしょうか?
ただコストのSB1はなんだかんだで被るものが多いので注意ですね。

それでこのカード自身が十二支刻獣なので先日公開されたクロノバイザー・ヘリテージのコストにできるんですよね。

とはいえそれでもヘリテージを2度目の超越で使うとしたら
・Gガーディアンを使ったうえでクロノドラゴン・GGに超越し、GB2のスキルを空撃ちしてGB3でさらに1枚表にして+5000する
・治トリガー2枚握ってイリシュを2度使用する

この2つになるわけですが、さすがに前者はこれをやるなら他の動きをした方が強い気がします。
後者もクルージング・ドラゴンなどを使用しすぎるとアタックできる回数が減ってしまい、ヘリテージに超越しても決めきれない可能性も。

結局のところ3回目の超越で使った方が強いんじゃないかなーと思っていたり。
しいていうならこのカードのおかげでスプリット・ペガサスを裏に向けずに済むのはメリットな気がしますね。




◆勇敢関連
○神聖竜 ディフェンドホールド・ドラゴン
相手のヴァンガードのアタック時限定のGガーディアン。
勇敢能力で勇敢能力持ちをヒットさせなくする。要するに完全ガード能力ですね。

このカード自体が勇敢能力もちなので残りの手札は3枚なのでそれで守れるかというと……。
アレクトスを使えばフリーになりますが、そもそも除去される可能性がありますし(^_^;)

1枚入れておいて使えるチャンスがあればってところでしょうね。
続きを読む »

[VG] 新たなクロノドラゴン!(竜神烈伝)

2018.01.27 (Sat)
竜神烈伝のGR1枚目が公開されましたね。
あと1か月切ってるとはいえ高レアリティの公開が今回はわりと早めなイメージ。とはいえまだギーゼもありますし


クロノバイザー・ヘリテージ
Gユニット 〈4〉 ギアクロニクル - クロノドラゴン/十二支刻獣 パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】:[あなたのGゾーンから他の表の〈十二支刻獣〉を4枚選び、裏にする] このユニットが(V)からGゾーンに置かれた時、コストを払ってよい。払ったら、あなたは追加1ターンを得る。その追加ターンのライドフェイズを飛ばし、メインフェイズの開始時にこのカードを(V)に【超越】する。



GR1枚目はギアクロニクル。ほぼ間違いなくGZでのクロノの最後の切り札でしょうね。
このカードがGゾーンに戻った時にコストとしてGゾーン表の他の十二支刻獣を裏にすることでエクストラターンを得たうえでこのカードにノーコスト超越と最後の切り札らしい豪快なスキル!

完全なエクストラターンということでいくつかメリット・デメリットがあるわけですが、条件とかを先に見ていくと



・(コスト)Gゾーン表の十二支刻獣が4枚を裏にする
今のところGユニットの十二支刻獣には1度に3枚以上表に向けられるGユニットが存在せず、またGガーディアンにも十二支刻獣が存在しないので最低でも2度の超越が必要。
要するにヘリテージを使えるのは今のところ3度目の超越からってことになります。スターゲートパックのGRメサイアと似たような感じで3回目の超越時のフィニッシャーって感じですね(あちらは初回からでももう1つのスキルは使えますけど)
一応8枚表になっていれば2度のエクストラターンは得られますが、言うまでもなく準備に4度の超越が必要で5度目の超越からってことになるので、あくまで理論上できるって感じですね。
またGゾーンの表のカードが裏になってしまうのでスプリットペガサスのパンプスキルもなくなってしまう点は注意ですね。

それ以外にはCB・SB・手札コストなど一切かからないのが強いですね。



・エクストラターンはライドフェイズを飛ばしてメインフェイズ開始時にこのカードに超越
利点としてはノーコストで再度超越できて、超越ボーナスを使用可能。追加ターンなので通常ドローとVのトリプルドライブもあり、手札はかなり増やせるわけですね。
クロノジェット・ドラゴン・Zの場合は再度デッキボトム送り&スペリオルコールが行えるので、刻獣使いマニシュなどで盤面をあえて空けるのとか面白そう。
逆にこのカードは他にスキルを持っていないので、コストがなければパワー26000のVってことになりますね。



・トリガーなどのスキルを引き継ぐことができない
ビヨンドとかと違ってターンを完全に跨ぐのでトリガー高価などは引き継がないですね。あくまで1ターンとして見るとトリプルドライブということになります。
ただこれに関しては逆に相手のダメージトリガーや各種スキルなどのパンプなどもリセット可能とも見ることができます。スキルでのパンプだと最近だとGガーディアンなどを使用することも少なくないでしょうし、2ターン続けて使うことが難しい場合もあるでしょう。



・一度ターンを終えるのでエンド時の処理がされる
具体的には呪縛関連やコール封じとかですね。それらを解除することが可能です。
今のところギアクロニクルにはそれらを行うことのできるカードがなかったと思うのでわり重要?



・ハーツ指定などがない
具体的にはクロノファングとかギアコロッサスとかでもGゾーンの構成次第では使えます。
クロノファングのGユニットは十二支刻獣だったはずなのでフィニッシャー候補になりそう。



・種族:クロノドラゴン
ギアドラゴンではなくクロノドラゴン。クロノドラゴンではなくクロノバイザーになったら種族がクロノドラゴンになっていたんですね。
またその関係でクロノドラゴン・GGではコピーできなくなっていますね。




こんなところ?
とりあえずスキル的に1枚で機能するタイプのGRってのが性能的にもレアリティ的にもいいなーと思ったり。
イラストもいいですよね~

続きを読む »

[VG] 新クロノジェットとルアード (竜神烈伝)

2018.01.23 (Tue)
今回の全国決勝と世界大会はなかなか盛り上がりましたね。
日本の侍って表現もなかなか……

そんな中、2月の新弾「竜神烈伝」収録のRRRが2枚公開されましたね。アニメでも重要になりそうな2枚でしたね。


クロノジェット・ドラゴン・Z
G3 ギアクロニクル - ギアドラゴン/十二支刻獣 パワー11000 / シールドなし / ☆1
【永】【(V)】:あなたは【超越】のコストを『あなたのドロップゾーンからグレード3の〈十二支刻獣〉を1枚選び、表でバインドする』でも払える。
【自】【(V)】:[【SB1】] あなたのGユニットが【超越】した時、コストを払ってよい。払ったら、いずれかのリアガードを1枚まで選び、山札の下に置く。1枚置いたら、あなたの山札から、この効果で山札に置かれたカードのグレード+1の〈十二支刻獣〉を1枚まで探し、(R)にコールし、山札をシャッフルする。



まずは3種目の「クロノジェット」。
超越ボーナスは今までの「クロノジェット」のスキルを合わせたような感じで、SB1で自分・相手問わずリアガード1枚をデッキボトムに送り、そのグレード+1の十二支刻獣をスペリオルコール。十二支刻獣専用になり、時翔ではないもののそれに近いようなスキルで、相手のリアガードも選べるので単純にSB1で2アドというのがいい。

もう1つも永続能力の超越コスト踏み倒し系のスキルで、超越コストを払う代わりにドロップゾーンの十二支刻獣のG3をバインドすることで払うことができる。
ライドフェイズ開始時ではなく永続能力なのでライドしたターンとかにも使用可能。刻獣リボルバー・ドラコキッドのサーチ効果でG3を落としておくことで初回超越からも使えます。


強力な超越ボーナスに加え、それを狙うための超越コスト踏み倒しスキルとなかなか強力ですね。
ちなみに「クロノジェット」としては初のパック収録みたいですね。これまではトライアルデッキに入っていましたし。


既存のカードとの相性ですが
まず時翔ではないのでクロノ・ドランのスキルを誘発させることができません。なので【十二支クロノジェット】でよくある動きのクロノジェットGのストライドスキルからG1と「クロノジェット」を展開し、スプリットペガサスで先ほどのG3「クロノジェット」を戻してG2の十二支刻獣2枚を展開という動きができないです。

他にはGユニットだと「クロノジェット」専用のGユニットのクロノドラゴン・ネクステージがあるわけですが、既存の2枚と違ってVでバトル関連のスキルを持っていないのでそちらとの相性もイマイチ。逆にクロノジェットドラゴンGは種族指定があったので採用しづらかった時空獣メタリカ・フェニックス辺りは使えるのでそちらはわりとアリ?
ストライドスキルに種族指定がないのはシブリーズ使ったときにも誘発するってのはいいですね。コストもSB1なので被ってないですし、相手のユニットを除去した場合は2アド取れるわけですし。
あとはギアネクストなら普通にVスタンドなのでどのみちG3のバトル時のスキルは使えないので問題ないですね。コストがSB1で被っていますがわりとソウルを溜めるカードはあるのでそこまで気にならないかなーと。



んで……

さっそくクロノジェットドラゴンGが余りそう(笑)

まぁ、トライアルデッキ自体を半額で仕入れて、RRR加工も安く手に入ったのでそこまで気にならないですけどねー
いやこちらはこちらで時翔軸とか組めるみたいなのでそのうちにそちらで組むってのはありかもしれないですね。
そうしてまたデッキが増えるんですね、わかります





闇に縛られし竜 ルアード
G3 シャドウパラディン - エルフ パワー11000 / シールドなし / ☆1
【永】【(V)】儀式X:あなたは【超越】と【究極超越】のコストを『【CB4】,あなたのドロップゾーンからノーマルユニットを1枚選び、山札の下に置く,このコストはあなたのドロップゾーンのグレード1のカード1枚につき、【CB1】減る』でも払える。
【自】【(V)】:[【CB1】] あなたのGユニットが【超越】した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札からグレード1以下のカードを1枚まで探し、(R)にコールし、山札をシャッフルする。そのユニットが儀式能力を持つなら、そのユニットと同じ縦列にいる相手のリアガードを1枚選び、退却させる。



もう1枚はルアード。
ストライドボーナスはデッキからG1以下をコールし、それが儀式能力持ちなら同じ縦列の相手リアガードを退却。
以前のはたしかコストで1枚退却して2枚コールだったので、盤面になにもない状況で使えるのはもちろん、儀式能力持ちなら追加で相手リアガードまで焼ける。クロノジェットドラゴンZもそうですがまた査定上がってませんかね?

もう1つは以前も持っていた超越コスト踏み倒しスキルがちょっと条件がついた代わりに、満たしていればドロップから戻す枚数が減り、さらに究極超越にまで対応しました。
こちらも同じく永続能力。最近だと根絶者のデリートに対して再ライドで対応したとしても使えるって感じですね。

あとはギーゼや新G4ルアードのスキル次第といったところですかね。

続きを読む »

[VG] トライスリーNEXT 開封! & トレードリスト

2016.12.09 (Fri)



RRR
・胸焦がすラナンキュラス アーシャ
・督励の騎士 アルビオン

RR
・神聖竜 レジットソード・ドラゴン
・スロットルキャリバー・ドラゴン
・リニアフィード・ドラゴン
・白詰草の銃士 ミア・リータ


SGR・GR・SPはないけど爆アドやな!
夢アーシャSP当てたSsに開封させて正解だった(笑)
続きを読む »

[VG/遊戯王] ギアクロTDとクランブースターとリミットレギュレーション更新

2016.09.30 (Fri)
ギアクロニクルのTD「真生の十二支刻獣」とクランブースター「運命の歯車」が出ましたね。


んで早速だけど…


GRのデミウルゴス安いね(^_^;) (21時現在)

まぁ、アニメで公開された時点で微妙だったうえに、同ブースターのクロノジェット専用Gガーディアンでデッキシャッフルされるってのがなんとも……

十二支刻獣は今後も収録あるみたいだし一応将来性はあるみたいだけど、さすがにこのスキルでGRってのはイマイチなんだろうね。


んで他のカードに関しては……

クロノドラゴン・GG
Gユニット 〈4〉 ギアクロニクル - ギアドラゴン/十二支刻獣 パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】【GB2】:[Gゾーンから裏の「クロノドラゴン・GG」を1枚選び、表にする] あなたの「クロノジェット」を含むハーツカードがあるなら、Gゾーンの表の〈ギアドラゴン〉2枚から【自】能力をそれぞれ1つずつ選び、そのターン中、このユニットは選んだ能力すべてを得る。
【起】【(V)】【ターン1回】【GB3】:[【SB1】,Gゾーンから裏のカードを1枚選び、表にする] そのターン中、このユニットのパワー+5000。


クロノタイガー・リベリオン
Gユニット 〈4〉 ギアクロニクル - ギアビースト/十二支刻獣 パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【永】【(V)】:バインドゾーンのカード2枚につき、このユニットのパワー+5000。
【自】【(V)】【GB2】:[【SB1】,Gゾーンから裏の「クロノタイガー・リベリオン」を1枚選び、表にする,あなたのリアガードと手札から1枚ずつ選び、表でバインドする] このユニットがアタックした時、あなたの「クロノファング」を含むハーツカードがあるなら、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットのクリティカル+1/ドライブ+1。



この2枚がかなり高くなってるね。

ギアグルービーはアニメ終盤で出てたけどGゾーン表のギアドラゴンGユニットの自動能力をコピーできるうえに自力でGゾーンのカードを表に向けることも可能。Gゾーン表に向ける能力は自身のスキルもだけど、ネクステの擬似Vスタンドコピーしたうえでクロノジェット・ドラゴン・Gで超火力ってこともできるわけやな―

そもそも指定が主要種族のギアドラゴンだからこっちも将来性あるね。


リベリオンはG3クロノファングの自身の超越コスト軽減スキルとも相性良いし、実際かなりの火力出るだろうね。



んで他にもギアコロッサスとかクロノスコマンドとかも強化入ってるね。
十二支刻獣をからめるかどうかでも変わってくるし、わりと今回のクランブースターでいろいろデッキ組めそうやなー
まぁ、さすがに買わないんだけど

続きを読む »

[遊戯王/VG] 水晶機巧とか新規クロノジェットとか /月読氏のトレード品とか

2016.09.05 (Mon)
ちょっとずつ遊戯王の新弾の情報が出てるね。
エクストラパックの海外テーマは他でも考察されてるからカットで。
海外新規で「忍法」が出てるけど収録弾的に来年なんだよなー

ギアクロも組みはしないけどわりと今後に関わりそうなものがあるから多少触れてみたり。


◇水晶機巧(クリストロン)

水晶機巧-リオン
チューナー・効果モンスター
星3/水属性/機械族/攻 500/守 500
「水晶機巧-リオン」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに、
チューナー以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚し、
そのモンスターとこのカードのみを素材として機械族Sモンスター1体をS召喚する。
その時のS素材モンスターは墓地へは行かず持ち主のデッキに戻る。


水晶機巧-サルファフナー
効果モンスター
星5/水属性/機械族/攻2000/守1500
「水晶機巧-サルファフナー」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在する場合、「水晶機巧-サルファフナー」以外の「クリストロン」カード1枚を手札から捨てて発動できる。
このカードを守備表示で特殊召喚する。
その後、自分フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
(2):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「クリストロン」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。


水晶機巧の新規キター

☆3チューナーのリオンは除外された非チューナーとシンクロ、その後素材はデッキに戻る。
墓地・除外がなくても手札からシンクロできる☆1のクオン、墓地に落ちている非チューナーとシンクロし素材が除外される☆2のシトリィに続き3枚目。
基本的にはシトリィや非チューナー水晶機巧自身の除外効果を使った後に使う感じだろうね。シンクロしたらすぐにデッキに戻るから再度非チューナー水晶機巧の効果で呼び出しやすいし2枚程度積むのがいいかな?


新規の非チューナーのサルファルナーが結構テクニカルな気がする。
特殊召喚効果に「水晶機巧」カードをコストにするからモンスターもだけど墓地効果もあるエントリーやインパクトを使うのもアリやな。
特殊召喚の後に自分のフィールドのカードを破壊するわけだけど、今まで通り「異次元海溝」とかを破壊してさらにモンスターを特殊召喚するのもアリだし、サルファルナー自身を選んでも2の効果でデッキから「水晶機巧」モンスターをリクルートできるってのが面白い。

加えて唯一の☆5非チューナー水晶機巧なので高レベル帯のシンクロ召喚も狙いやすそうやな。


あとは新規の「水晶機巧」シンクロモンスターとか「水晶機巧」魔法とかに期待したいところ。



◇WW(ウィンド・ウィッチ)

WW-アイス・ベル
効果モンスター
星3/風属性/魔法使い族/攻1000/守1000
「WW-アイス・ベル」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、デッキから「WW」モンスター1体を特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターはリリースできず、この効果を発動するターン、自分はレベル5以上の風属性モンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手に500ダメージを与える。


WW-スノウ・ベル
チューナー・効果モンスター
星1/風属性/魔法使い族/攻 100/守 100
(1):自分フィールドに風属性モンスターが2体以上存在し、風属性以外のモンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードをS素材として風属性SモンスターをS召喚した場合、そのSモンスターは相手の効果では破壊されない。


WW-ウィンター・ベル
シンクロ・効果モンスター
星7/風属性/魔法使い族/攻2400/守2000
チューナー+チューナー以外の風属性モンスター1体以上
「WW-ウィンター・ベル」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地の「WW」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベル×200ダメージを相手に与える。
(2):自分・相手のバトルフェイズに自分フィールドの「WW」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベル以下のレベルを持つモンスター1体を手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。



WW(ウィンド・ウィッチ)は風属性でシンクロ関連のテーマってことで「SR(スピードロイド)」と組み合わせるってのもアリみたいやな。

非チューナーのアイスベルは手札から特殊召喚できるうえに「WW」モンスターをデッキから特殊召喚できる。ただ召喚制限とかがつくからエクシーズとかは× ただ☆5以上の風属性シンクロはできるから「SR」と組むならそんなに気にならないね。元々風属性縛りがつくデッキだし。

☆1チューナーのスノウベルも特殊召喚効果を持っていてしかも風属性シンクロモンスターに効果破壊耐性を付与できるからクリスタルウイングとかクリアウイングとかにこの耐性を付与するとなかなかヤバそう。

シンクロモンスターのウィンターベルも実質☆7以下の蘇生効果持ち。各種シンクロ素材はもちろんだけど、SRと組む場合あっちも☆7以下シンクロの方が出しやすいから組み合わせやすい。

「SRWW」デッキ組むかなー。



どこかの情報で出てた通り「霊獣」に強化来たし、「カオス・ソルジャー」も強化来るのかなー



続きを読む »
 | HOME |